煮っ転がしでお里が知れる

Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

先日、南田洋子さんがお亡くなりになった時、某テレ朝の現地レポーターが「ご主人の津川雅彦さんが…」と10回以上(おそらく)間違えていて、最初は「あ、間違えてるな」くらいに思っていたのが、5回を過ぎた辺りから何故かイライラして来て、最後にゃ「いい加減にしろ~~!」とデカい声を出してしまった人は居ませんか(´ー`*)

周りの人も、途中で気付いてあげましょうよ ┐(‘~`;)┌

最近『BONES』を観ております。
24が11/6にならないと出ないので、繋ぎと言っては失礼ですが、繋ぎ(笑)
そして今夜はカキフライ(関係ないけど)。

カキフライ

カキフライ

ドラマが早く観たいから、タルタルソースは無し(^^;

他に「ポテトサラダ」と里芋の煮転がしを作成(芋ばっかりだ)。

里芋の煮転がし

里芋の煮転がし

私は「煮っ転がし」という呼び方をするんですが、「煮っ転がし」じゃなくて「煮っ転ばし」という言い方も有るようで、高知県の郷土料理には単に「ころばし」というものも有るらしく、信州では「煮っ転がし」のことを「しょっころばし」とも言うらしい。

何れにしても、「煮」と「転」の間に「っ」が入ることで、私のお里が知れるようで何となく恥ずかしい。

そうか。
お里が知れるから里芋なのか(違)

関連した記事を読む:

Pocket

4 Comments

  1. モツ村
    Posted 2009年11月1日 at 9:32 PM | Permalink

    <お里が知れるから、里芋・・・> 上手い!座布団3枚!!

    円楽さんに合掌。南無・・・・・。

    恐れながら・・・生カキをケチャップ+和からしをだ~いた~い3:1あたりに混ぜたカクテルソース(と私は呼んでいます)でいただくのが、小生の代表的B食であります。はまると、1人前はぺロッといっちゃいます。 TRY IT!!

  2. Posted 2009年11月2日 at 7:02 AM | Permalink

    モツ村さん>
    > 円楽さんに合掌。

    キレイな落語を楽しませてくれる方でしたね。
    今後は楽太郎氏に頑張って頂いて♪

    > 生カキをケチャップ+和からしをだ~いた~い3:1あたりに混ぜたカクテルソース(と私は呼んでいます)でいただくのが、小生の代表的B食であります。

    牡蠣とケチャップは合いますよね~。
    私も「牡蠣の玉子焼き」をケチャップで食べます。

    カクテルソース、今度やってみますね~(*^-^)b

  3. Posted 2009年11月2日 at 12:34 PM | Permalink

    >お里が知れるから里芋なのか(違)
    いやいや、それでこそ郷土料理、と言うかそういうのが「B食」でしょう。
    みんなが昔から食べてる物に後から出てきて勝手に名前付けて、勝手にルール決めて、みんなの食べ方を偽者だと決め付けるなんて言うのは、地元見てませんよね。

    ちなみに、最近の私は主食が米じゃ無くて芋でもいい感じです。とは言え、ジャガ芋や里芋だとやっぱり柔らかすぎるので薩摩芋がベスト。
    …やっぱり千葉県民w)

  4. Posted 2009年11月5日 at 5:36 AM | Permalink

    trvさん>
    > みんなが昔から食べてる物に後から出てきて勝手に名前付けて…

    地域の皆さんと共にするなら良いのかも知れませんが、部外者がしゃしゃり出てしまう場合も有りますね。
    まぁ大体は個人の金儲けだったりするわけですが。
    商売は利益追求しないとやっていけないわけですけれど、あまりそこばかり前に出されるとゲンナリします。

    地方の名物をウリにしているお店で、全然違うものを出されて「(>_< )」ということも有りますよね。 そこを考えると、販売規定を厳しくしたいという地元の考え方も解らなくはないです。 > ちなみに、最近の私は主食が米じゃ無くて芋でもいい感じです。

    薩摩芋ですか~(^^;
    美味しいんですけどね、芋を食べ過ぎると胸焼けしちゃって(悲)

    あ、食べ過ぎなきゃいいのか(;^_^A

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL