牛串はUshi Kushiと読みます

「ちょっと遠いんですけどね、是非1度行ってもらいたいお店が有るんです」
「そこのマネージャーがまた可愛くて良い人なんですよ~」
と、シューテンさんが言う「可愛い娘」は、いつも奥さんに似ていて解りやすい(笑)

麻布十番ですよ、皆さん。
ほとんど千葉から、いや、松戸・柏・流山近辺から出た事がない私が、ちゃんと麻布十番まで行く事が出来るのでしょうか。
「ふぐすまさから~なじょいしていぐんだべか」
(福島からどうやって行くのでしょうか)
とりあえずネットの乗り換え案内で検索し、そして印刷。
「麻布十番さいぐには~、メトロさ乗っかっていぐんだつけんな」
(麻布十番に行くにはメトロに乗るそうですね)

何とか待ち合わせ時間までに到着。
そして入店。
店内が、おされ~(o^_^o)
着席し、スタッフのお姉さんにご挨拶。
「ふぐすまさからきますた」(福島から来ました)
「・・・・・」
お姉さん、無言はないだろ(爆)

まずは三の字さん・シューテンさんと生ビールで乾杯。

牛串 - 牛もつ煮込み550円
牛串 - 牛もつ煮込み550円

この店のメニューを見ると若干高い印象ですが、1人前がボリューミーなんです。

牛串 - おさしみ5種盛合せ1430円
牛串 - おさしみ5種盛合せ1430円

何だ、このハラミの大きさ&厚さはっ!( ̄▽ ̄;)
ハツも旨いが、このホワイトセンマイもいいねぇ~。

ここでサトパパさんとエレカシさんが到着。
やべっ、エレカシさんの隣になっちゃった(>_<)

牛串 - あぶりレバーたたき800円
牛串 - あぶりレバーたたき800円

「どうぞ、やかたのレバと比べてみて下さい」とシューテンさん。
「では、有り難く…」と箸をのばすと、エレカシさんが一緒に箸を出す。
「ひとつの料理に、同時に箸を出すんじゃねぇって言ってんだろーがっ!」
はい、いつもの漫才の始まりです(^^;

牛串 - 芋焼酎『明るい農村』
牛串 - 焼酎『明るい農村』

生ビールを飲み干し、シューテンさんが前回キープしていた『明るい農村』という焼酎を出して頂きました。
初めて飲みましたが、甘味が有って美味しい焼酎でした(^^)

牛串 - コブクロ
牛串 - コブクロ

え? これってコブクロ??
食べた感じは豚足です。
ニュルニュルで美味し~ぃ(≧∀≦*)
これって、1本200円ですよね?
メチャ安っ!( ̄▽ ̄;)

牛串 - マルチョウ200円
牛串 - マルチョウ200円

これも200円?!
プリップリで旨い!!

ちょっと待って下さいよ。
ここって麻布十番ですよね?
私の田舎、福島県伊達郡じゃないですよね??

牛串 - シマチョウ200円
牛串 - シマチョウ200円

タレがまた、旨いんでゲスよ。
サトパパさんが「このタレだけで4合飯が食える」と言っていたほど旨い。

この店、おかしいでしょ。
どー考えてもおかしい。
食事終わって表に出たら、うちの本家の目の前だったという事はないでしょ?(笑)

他にも200円の串ものがたくさん有りましてね。
1人前がボリューミーですから、私は3串くらい有れば満足。
ということは…
いつもシューテンさんと飲む時はこんなに大量に注文しないから、満足するほど飲んだとしても4千円くらい…いや、もしかしたらそんなに行かないかもしれません。

途中でサトパパさんと、B食隊で一番大食いのエレカシさんが来たので、この料理は倍に追加しました。
さて、最終的なお値段はいくらになるでしょうか。

あ、料理はもっと注文しています。
一度では紹介出来ませんので、次に続きま~すm(__)m

≫牛串-Ushi Kushi-麻布十番のデータ