呑兵衛のしょうしいこと

Filed under ふつーの日記
Pocket

先日laylaさんとご一緒させて頂いて、その時に面白かったのが、laylaさんのブログにも書いてあります「人前で食べるのが恥ずかしい(しょうしい)」というお話。
laylaさんは飲んだらあまり食べません。
最初にご一緒した時に、「なんて口のキレイな人なんだろう」と思いました。
だから以前「laylaさんは粋な呑兵衛だ」と書いたのです。

今回お話を聞いて、その真相が解りました。
本当は食べるのが大好きでバクバク食べたいんだけど、人前で食べるのは○○○○を見られているようで恥ずかしいと(笑)
だからあまりつままない。
で、帰宅してからカップラーメンにご飯を入れてバクバク食べちゃう。
解るなぁ~、その気持ち(^^;

蛸の吸盤

laylaさんのお気に入り

お気に入りの飲み屋に行って、お気に入りの料理が出て来る。
モーレツに美味しそう。
でも恥ずかしいから、ちょっとずつ箸を付ける。
レバ刺の端っこのちっちゃな一切れをつまんで口に入れる。
本当は3切れくらいドカッと口に入れたい。
でもそれが出来ない。

「要するに我々はカッコ付けなんですね」というオチャラケた結末にして、2人で笑いました。

これが本当はどういった心理から来るかなんてことは、どうでもいいんです。
酒の席に難しい話なんか要らない。
楽しく飲めればそれが一番いい。

帰宅してからお互い何を食べたのかなんてことも、どうでもいいことです(笑)

関連した記事を読む:

Pocket

4 Comments

  1. layla
    Posted 2010年3月4日 at 9:37 AM | Permalink

    東北人特有の感覚なのか、人前で何かを食べるのが何故か「こっぱずかすい(小恥かしい)」ですよね。飲むのは全然平気なのですが。(笑)
    宴会などで一人遅れて参加した時など、本当は腹がぺこぺこなのに「ちょっと食べて来ましたから」な~んて言っちゃう自分がイヤです。(笑)

  2. Posted 2010年3月4日 at 10:31 AM | Permalink

    laylaさん>
    > 飲むのは全然平気なのですが。

    そこ。
    どうしてなんでしょうね。
    同じ「口に入れる作業」なんですけどねぇ。

    > 宴会などで一人遅れて参加した時など、本当は腹がぺこぺこなのに「ちょっと食べて来ましたから」な~んて言っちゃう自分がイヤです。

    あっ、それ解るなぁ~。
    遅れて行くと、予想以上に周りから勧められますでしょ。
    嬉しいんだけど恥ずかしい。
    あまり言われると、逆に「放っといてくれ」なんて思っちゃう(笑)

    エレカシさんとのオキマリの会話。
    「ほら、これたいちょの分だから食べないと」
    「大丈夫、少しずつ頂きますから」
    「早く食べないと冷めて硬くなっちゃうでしょうよ」
    「いや、自分のペースで…」
    「ほらほら、こっちも残ってるよっ」
    「きっ、きさまぁ~ ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」

    その他「そんなに食いたきゃ~お前が食え!」というのも有ります(笑)

  3. とりがみの兄貴
    Posted 2010年3月5日 at 6:57 AM | Permalink

    食事、トイレ、子作り。

    これらの人間が生きていく上で必要不可欠な行為は、基本的に人前ではやりません。必要不可欠な行為をする時は、それに集中するから、無防備になってしまう。その瞬間を襲われたら、抵抗出来ない。なので、本能的に羞恥心が働いて、人前でなく、隠れて行為をする。

    人前での食事が恥ずかしく感じるという事は、とても人間らしい、という事です。

  4. Posted 2010年3月5日 at 8:13 AM | Permalink

    とりがみの兄貴さん>
    > 食事、トイレ、子作り。

    食事は別としても、他を人前でやったらマニアになっちゃいますもんね(^^;

    > 人前での食事が恥ずかしく感じるという事は、とても人間らしい、という事です。

    安心しました(^^)
    周囲が気になるということは、本能だったんですねぇ。

    ということは、私は襲われにくい…
    いや、酔っ払っちゃってるからダメですかね(爆)

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL