一見の美女

2010年3月19日

『精肉問屋 渡辺商店』にて塩おっぱいを頂いた後は、新松戸に戻って『一源』へ。
あれ? 気仙沼ちゃん?!
いらっしゃったんですね~(^^)
以前のスタッフは全員居なくなってしまったのかと思っていました。
(気仙沼ちゃんというのは勝手に付けたニックネームです)。

早速気仙沼ちゃんに白ホッピーを注文。

一源新松戸店 - 白ホッピーとお通し
一源新松戸店 - 白ホッピーとお通し

たまにメンマを使ったお通しが出て来ます。
これは業務用として販売されているものかも知れませんが、メンマの臭みが残っていてパス。
チャージとして315円かかっているので、出来ましたら他のものをお願いします(^^;

餃子と唐揚げを注文して、暫し待つ。
しかし1人飲みというものは暇だ。
先日購入した心理学の本を鞄からゴソゴソと出して読み始める。
(別に勉強しているんじゃなくって、ただそういう本が好きなだけです)

一源新松戸店 - 餃子
一源新松戸店 - 餃子

なるほど。
複数の異性と付き合う人というのは、お互いのライバル意識を利用して楽しんでいるわけか。
女性の場合、男性よりも嫉妬心に関して何枚も上だから、無意識にやっているケースも多いわけなんだねぇ。
ま、疑り深い私には無関係だなぁ。

一源新松戸店 - 唐揚
一源新松戸店 - 唐揚

学生時代、モテる男はメッチャモテるけど、そうでない男はサッパリだったなぁ。
そうか、「私だって」という嫉妬心を恋愛感情と勘違いしてしまうわけか。
付和雷同型の恋愛感情ということねぇ。
ふむふむ。
ま、モテない私には無関係だな、一生。

こう考えると、モテないっていうことは面倒臭くなくてイイわけだな。
いや、これはイイわけでなく、言い訳だな(笑)

男の嫉妬というのはどうしようもないと昔から思って来たけれど、なるほどここにも書いてある。
女性の嫉妬が可愛いと思えるのはストレートだからで、男の場合は周囲を気にするから屈折しちゃうわけだ(そうでない人も居るだろうけど)。
内面が成長していない人間ほど、こういう感情が強く出てしまうわけか。
ま、正しく成長している大人と付き合っていれば間違いないってことなんだろうなぁ。

(-_-)zzz

おっと、久しぶりに頭を使ったら寝てしまった。
あれ? 隣に誰か居る。
チラッとお顔を拝見すると、絶世の美女!

どうして?
何故酔っぱらい居眠りジジイの所にこんな美女が??
「美女」って、今は言わないのかな。
そんなことはどうでもいいとして、その美女がここに居る理由が解らない。

パニック!

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

何故か「あ、すみません」なんて謝ってしまう自分。
何に「すみません」なんだ?
居眠りしたから?
こんなに飲んじゃっているから?

オロオロしている私に美女は言いました。

「タスポ持っていませんか?」

だろうな( ̄ー ̄)フッ
そんな事でも無きゃ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが私の隣に来るはずがないんだ。

NAOさんに言われました。
「そこでスーっとPASMOを差し出せば友達になれたのに」

くっそー、居眠りコイていて、ギャグまで考え付かなかったぜっ!
よし! 次回は絶対PASMOを出すぞっ!

こんなことが何度も有るわけがなかろう… > 自分

≫一源新松戸店のデータ