WordPress ひとつのデータベースに複数インストール

Filed under WordPress
Pocket

『さくらインターネット』のスタンダードプランように、レンタルサーバによってはデータベースをひとつしか使用出来ません。
ひとつのデータベースにひとつのWordPressというのが基本だから、その場合はひとつのWordPressしかインストール出来ないということになります。
「サーバに負荷がかかる」というお話は別として。
ひとつのデータベースに複数のWordPressをインストールするというメモ書きを。

WordPressをインストールする際に、「wp-config-sample.php 」を開いてデータベースの接続情報 (データベース名、ユーザー名、パスワード、およびホスト名) を記入します。
その時に、その中に有るテーブル接頭辞「$table_prefix = ‘wp_’;」の「wp_」を違うものにすれば複数インストールが可能。

例えば現在ひとつのWordPressを使用していて、新たにFTPソフトでもうひとつのWordPressをインストールする場合、最初のWordPressをインストールしたディレクトリ(フォルダ)が「blog」という名前でテーブル接頭辞が「wp_blog」だったとしたら、新しく「blog2」というディレクトリを作成し、その中にひとつめと違うテーブル接頭辞を書いた(wp_blog2のような)WordPressをインストールすればOK。

【まとめ - 二つめのWordPressをインストールする場合】
・FTPソフトで、一つめと違う名前のディレクトリを作成。
・WordPressフォルダの中の「wp-config-sample.php」を開き、データベースの接続情報 (データベース名、ユーザー名、パスワード、およびホスト名) を記入する際に、テーブル接頭辞「$table_prefix = ‘wp_’;」の「wp_」を一つめと違うものに書き換える。
wp-config-sample.phpの名前を wp-config.php として保存し、全てのデータを新規作成したディレクトリにアップする。
・/wp-admin/install.php をブラウザで開き、手順に従う。

うまくいけば、あっという間にインストールは終了します。

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL