ろばた焼弥生で鯛のアラ

2010年6月14日

今日は一日中仕事。
あまりにも疲れて夕食を作るのが億劫になり、『ろばた焼弥生』へ行く事にした。

カウンターが2席空いていて「どうぞ~」と言われたんだけど、毎回常連さんの席を取ってはいけないので、この日はテーブル席にした。

スズキ刺
ろばた焼弥生 - スズキ刺

この大きさだと、もうフッコくらいかな?
身が締まり具合が丁度良い感じで美味しい。

イサキ刺
ろばた焼弥生 - イサキ刺

包丁の入れ方がいいなぁ。
今にも動き出しそう。
旬のうちに何度か食べておきたい。

ろばた焼弥生 - こにく
ろばた焼弥生 - こにく

今日は前回より焼加減が強め。
これもまた表面がパリッとして好きです。

ろばた焼弥生には数年前からお手伝いのお姉さんが居て、この人がストレートで面白い。
お客さんのどんな話にも付き合ってくれる。
マスターご夫婦だけの静かな弥生も好きだけど、お姉さんが居る賑やかな弥生も好きだなぁ。

嫁と焼酎を1本以上飲み、この日はお開き。
結局この日はカウンターに座る常連さんが9時過ぎまで来なかった(帰る頃には満席)。
カウンターに座れば良かったかな。

飲み過ぎて勉強にならないので、明日早く起きて勉強しよう。

≫ろばた焼弥生のデータ

「カマ焼」を注文したら、早い時間から飲んでいた予約のお客さんで終わってしまったらしいので、その代わりに前回も頂いたこちらを。

ろばた焼弥生 - 鯛のアラ焼
ろばた焼弥生 - 鯛のアラ焼

こういう部位が、何も言わなくても出てくるのが嬉しいなぁ。
鯛のアラはモーレツに美味しい。
腹の部分も脂がノッて美味しいし、中骨に付いている薄い肉も香ばしい。

ろばた焼弥生 - 鯛のアラ焼
ここんトコが特に好き

食べ終えてお皿が戻ると「こんなにキレイに食べてくれて、嬉しいなぁ~」とマスター。
嫁はカニを食べると黙ってしまうけど、私は魚を食べ出すと黙る。
こういうトコを出してもらうと、嬉しくてニコニコしちゃう。
ニコニコしながら、「どこから食べようかな~」と考える瞬間が幸せです(笑)