父の日は塩ワンタンメン

2010年6月22日

今日は、じっとしている時間が朝しか無いという、忙しい日でした。

ももちちさんを「桃乳さん」だと思っている人。
正解です(嘘)

夜は両親を呼んでワンタンメンを作成しました。

父の日の塩ワンタンメン
父の日の塩ワンタンメン

手抜きですがそこそこ旨いので、料理がちょっとでも出来る人なら同じ物が作れちゃいます。

スープに使っている肉類は、鶏皮だけ(1パック)。
まず鶏皮で鶏油を作り、そこから鶏皮だけを取り出してスープを作ります(鍋に水と鶏皮を入れて弱火で煮出す)。
鶏油だけ作って捨ててしまっては勿体ない(笑)
ある程度鶏の香りが出て来たら、長ネギ(青い所で充分)、生姜・ニンニクを投入。
とにかく塩ラーメンを作ればいいわけですから、お店のようにスープとかえし(塩ダレ)は分けません。
鶏皮の入った鍋に、塩2種類・白しょうゆ(無ければ醤油)を入れちゃいます(塩スープに醤油を入れると深みが出ます。隠し味程度)。
もういいかな?という所で節系素材を入れて、火を止める。
材料を取り出して冷めたら、1日冷蔵庫で寝かせる。

ワンタンの皮は市販品。
挽肉はオイスターソースをメインの味付けにして、各種調味料をプラス。
玉子も入れてコネコネ。
その挽肉を「これ以上入れたら破けます」というくらい皮で包む。
挽肉の味付けは適当で良し(どうやってもそこそこ美味しい)。

トッピングの蒸し鶏は、今まで何度も書いている中華蒸し鶏です。
鶏に軽く塩・コショウし、お皿に入れ、上に長ネギの青いトコ・生姜をのせ、お酒をシュッシュして蒸します。
冷やしてから切らないと、バラバラになりますから注意。

寝かせたスープを弱火で温め、丼に鶏油・ネギ・コショウ少々を入れてスープを注ぐ。
ラーメン・ワンタンを茹でて入れる。
蒸し鶏をトッピングし、最後に鶏油をもう1度かけ回す。

さー、どうだっ!

ま、ふつーに美味しいです(笑)

私の夕食は、娘が買ってくれたロールケーキ。

ミカワヤのロールケーキ
ミカワヤのロールケーキ

勿論「じゅんさん食い」です(切らずにそのままかぶりつく)。
美味しい(o^_^o)
ミカワヤのケーキは、「色々なお店で買ってみたけど、やっぱりここだねぇ」という味です。
安心感が有る。
甘さもデザートとしては丁度良い。
そして、充分な大きさ。

好きです、ミカワヤ(*^-^)b

「今夜は何を食べようか…」と悩んだ時、おつまみワンタンはいかがでしょうか。
作り方は簡単だし、これを食べながら一杯飲ると、食事まで完了するという優れ物。
我が家は20年以上こうやって食べています。
手軽で安い、そして美味しい♪

ワンタンを茹でてお皿に盛り、上に長ネギ(ミョウガやシソでも良い)をパラッとして、ポン酢・めんつゆ等好きなものをかけて食べる。
辛い系の醤も合います。
ニンニクをトッピングしてもGOOD!

おつまみワンタン
おつまみワンタン

醤油でも充分美味しいですよ~(*⌒▽⌒*)

【追記】
鶏油の作り方は人それぞれです。
家ラーですから、好きなように作って下さい。
フライパンに油と鶏皮を入れて揚げ煮しても良し。
鶏皮と水、又は酒で油を出しても良し。
どう作ったとしても、そこに長ネギの青い所や生姜、ニンニク等、香味野菜を入れると風味が増します。
間違ってもそこに、魚介系素材を一緒に入れないこと。
魚介の風味を出したければ、別の行程で使いましょう。