夏は小麦色でお願いします

2010年7月17日

夏本番でございますね。
夏といえば日焼け。
小麦色の肌というのは実に良いものでございます。

おつまみワンタン
おつまみワンタン

太陽光線に含まれる紫外線は、適度な量でしたら骨の成長に必要なビタミンDを活性化させるわけですが、浴び過ぎてしまうと角膜障害や皮膚ガンなどの原因になったりします。
ワンタンし(私)は気にしませんけどね。

サンクス - ぷっかけ塩蕎麦400円
サンクス - ぷっかけ塩蕎麦400円

細かい事を気にして「紫外線ぶっかけられまくり」の夏に青っちろい顔をしているよりも、日焼けしている方が輝いて見えるのは個人的趣味が大いに関係しております。
寒くなったら白くなればよろし。

ファミリーマート - こだわりカレー298円
ファミリーマート - こだわりカレー298円

こういうこだわりを持っている明菜大ファンのワタクシでも、小麦色といえばキョンキョンでしょうか。
その遙か上を行くのが石川秀美さん。
旦那の方は日焼けじゃなくて地黒ですが(笑)

日清 - MEAT KING ペッパーコク醤油味
日清 - MEAT KING ペッパーコク醤油味

お弁当なんかでも、色が薄いより「フタ開けた瞬間真っ茶色~~~~~!」っていうお弁当の方が美味しいじゃないですか。
カップ麺でも、「開けた瞬間茶色の肉だらけっ!」が、いいんです。

えぇ、ちょっと苦しくなって参りました(爆)

松崎しげるさん、いいですよねぇ。
モーレツに尊敬しております。
60歳にしてあの健康的な色。
「まつざきしげるいろ」まで有るんですから。
美しい人生、そして限りない喜びなんですよ。

ウニ
ウニ

ウニ… ですかぁ。
ここでウニを出すかね、しかし。

ウニだって、写真左側の一番でっかいウニのよウニ、小麦色の方が味が良いのですよ(本当か?)。

夏といえば、海ですねぇ。
パラソルの下にばかり居てはいけません。
思い切って飛び出そうじゃありませんか。

割り箸と紙コップを持って磯遊び。
カニや他の生き物と戯れていると、帰る時間なんか忘れてしまうほど楽しいです。
で、本当に時間を忘れてしまうとどうなるか。
その日はお風呂に入れなくなるほど背中が焼けてしまうんですねぇ(笑)

子供と一緒にお風呂に入り、痛い背中にわざとぶつかる。
「痛いでしょウニっ!」なんて言われると、もっとやりたくなってくる。
あまりしつこいと、仕舞いには子供に背中を手のひらで叩かれ、キレイに手の痕が付いたりする。
「わかった、パパが悪かったから、なっ」
と言いながら、また子供の肩をポンポンッと叩く。
そしてまた反撃される。
こういう悪ふざけは、実に楽しいものです。

私が思ウニ、やはり夏は日焼けがステキなのでございます。