金太楼鮨で穴子

先日しいの実さんから写メを頂いた。
そこにはとても美味しそうな穴子の写真が貼り付けられていて、もうその時点で「穴子が食べたひ…」という全開モードに突入。
しいの実さん家は、毎週ご主人が美味しい魚を釣って来てくれるという誠に羨ましいお家で、前に頂いたイサキの写真も実に美味しそうでした。
写真が送られて来ると、その都度「食べたひ…」と思う私なのです(笑)

穴子が手っ取り早く食べられるお店といえば、お寿司屋さん。
朝から「今日は駒寿司か金太楼鮨!」と決めていました。
どちらにしようか直前まで悩んだ末、ちょっと前に金太楼鮨のマスターからカマ焼をサービスして頂いた事を思い出し、この日は金太楼鮨に決定。

カウンターに「どうぞ」と言われ、恐縮しながら着席。
寿司屋のカウンターは、私の身分ではまだまだだと思うのです。
じゃあどの位の身分が相応かと言われると困るけど、とにかくまだまだ(笑)

焼酎を1本入れて頂き、今日は玉露割りに。

金太楼鮨小金原店 - お通し
金太楼鮨小金原店 - お通し

単にマヨネーズで和えただけでなく、若干スパイシーさも兼ね備えたお通し。
こういう素晴らしいお通しを出されると、「やられた」と思い、その時点でノックダウン。
お通しだけで玉露割りを1杯半頂きました(≧∀≦*)

さて、お目当ての穴子を。

金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ
金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ

「穴子つまみ」と黒板に書かれていたので、そのまんま書きます。
白焼も気になったけれど、今日は煮詰めで。
幾分表面がカリッとしていて、中はトロトロフカフカ。
下に敷いてあるキュウリと煮詰めが非常に良く合い、それがまたつまみになる。
旨い!

金太楼鮨小金原店 - ウニつまみ
金太楼鮨小金原店 - ウニつまみ

このウニも絶品でした。
粒がシッカリしていて、口に入れるとウニの甘さと潮の香りがフワ~っと広がります。
実に旨い!

マスターが海鮮サラダを作るのを拝見すると、「え?まだのっけるんですか?」というほど生ものがのっけられていました。
エビ・カニどっさりの『ろばた焼弥生』の海鮮サラダも有り得ないけれど、こちらの海鮮サラダも有り得ない。

「マスター、のせすぎじゃないです?」
「いや~作ってるとね、どんどんのっけたくなっちゃうんですよ」
「贅沢な海鮮サラダですねぇ」
「これ、700円」
「ななひゃくえん~~~~??( ̄▽ ̄;)」

我々は穴子とウニでお腹一杯になってしまったので注文しませんでしたが、3~4人で来ることが有れば、是非お願いしてみようと思います。
あれが700円って…

ちなみに金太楼鮨小金原店の夏休みは、8/23~8/27まで。
マスターは沖縄に行かれるようです(^^)

≫金太楼鮨小金原店のデータ

一応私は「B食隊たいちょ」という事になっていますが、Kさんのおっかけでもあり、「Kさん後援会かいちょ」という事にもなっています(勝手に作りました)。
Kさんは地元で商売をされている方で、この界隈の飲食店(特に飲み屋さん)を完全制覇されている。
小金原の呑兵衛でKさんを知らない人は居ないと言って良いほどです。

そのKさん、方々に顔を出しているわけですが、その中でも当然お気に入りのお店というものが有りまして、それがあの店と、あの店と、この店。
たまにあの店(笑)
我が家はKさんに会いたいが為に、予想を立てるわけです。

「今日は月曜で弥生がお休みだから、あそこかあそこだな」
そうやって予想し、それが的中すると、我々はモーレツに幸せな気分になれるんです。
うちの嫁なんか、Kさんと飲んでいる夢を見てしまうほどですから(笑)
この日も見事に的中(*^-^)b

Kさんは、入るなりカウンターの我々とは離れた席に座りました。
「こんにちは~(^^)」
「あれ、今日もお会いしましたね(^^;」
そんな会話を聞いて「あ、知り合いなの?」と、金太楼鮨のマスター。
「えぇ、もう何十年も前から」

暫くしてお声を掛けさせて頂きました。
「Kさん、なんでそんな遠くに座るんですか~」
「そんな、ご夫婦でいらっしゃってるのにお邪魔は出来ませんよぉ」
「いえいえ、我々はKさんに会いにここに来たんですから」

「じゃ、奥さんだけこっちへ」

いや~初っぱなから笑わせて頂きましたヾ(≧▽≦)ノ

この後、Kさんの隣に移動させて頂き、カウンターの端に来ていた、北柏で両親がお寿司屋さんをやっているというお兄さんも交えて大爆笑の宴会に突入。
同時に、焼酎も2本目に突入(笑)

素晴らしく楽しい時間でございました。

ろばた焼弥生の夏休みは8/9~8/12までです。