呑兵衛の法則そのいち

Filed under いろいろな法則
Pocket

飲み会にわざわざ理由を付ける。

「21日さぁ、○○○君に呼ばれちゃってさぁ」と、本当は行きたくないフリをする。

会社の懇親会・送別会等、有りもしない会をでっち上げたりする。
間違えて2度同じ会をでっち上げて、女房に「それはこの前やったんじゃないの?」と突っ込まれる。
そういう経験の有る呑兵衛は、1度使った会は手帳にメモしてある。

「明日の歓迎会は7時からだけど、私は残業だから10時に合流かな」と女房には言うが、本当は始まる前から店に到着して一杯飲っている。

オールをした時の言い訳は「お店で寝ちゃった」である。

休みの日の夕食は、「いただきま~す」をする前に、既に2杯は飲んでいる。

女房が台所に行った瞬間、慌ててコップに焼酎だけ注ぐ。
よって、自分の下に置いてある焼酎の瓶は、常にフタが取ってある。
女房が1度も席を立たないと「ママ、醤油もらおうかな」と、要らない醤油を取りに行かせる。

「今日の夕食は私が作ろう!」というお父さんは、料理を作りながら飲みたいからである。
その時の料理には必ずワイン等のアルコールが使われるが、料理には少ししか使わない。
でも料理が出来上がる頃には、ワインはスッカラカンである。

サイドボードに飾ってあるウイスキーの中で、最低1本は中身が水に変わっている。

酒の出て来ない家には、たとえ親戚でも足が遠のく。

仕事が忙しかった日の1杯は「生き返った!」と感じるが、そんなに忙しく無かった日でも同じだ。

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL