駒寿司で昼飲み

Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 昼飲み, 松戸市
Pocket

この日は午前中の仕事が午後まで掛かってしまい、昼食を取らない状態で2時。
お腹ペコペコ。
そして、汗だく。
仕事が終わったことだし、喉がカラカラなので一杯飲るか。
どうにしても言い訳を付けて飲みたがるのが呑兵衛の性であって、呑兵衛の神様には逆らわずに1杯飲ろうかと駒寿司へ。

目的は駒寿司のランチ握り600円。
お寿司屋さんの握りが600円で食べられるのはお得です(近所の金太楼鮨も同額)。
それをお願いして生をキュ~っと飲ろうかという計画。
こういう計画をしている時が一番楽しい(笑)

駒寿司 - 生ビール

駒寿司 - 生ビール

キュ~っといかせて頂きました。
その後、自分でも信じられない注文をすることに…

「ヒカリモノを、おまかせでお願いします」

ランチ握りで生じゃ~なかったのか?> 自分
どうも駒寿司のマスターの顔を見たら、刺身で一杯飲りたくなってしまった。
はい、これも言い訳です。

駒寿司 - 光り物

駒寿司 - 光り物をおまかせで

アジ・イワシ・サンマ。
今年は不漁だと言われていたサンマが出て来たのは驚いた。
「もしかして、このおまかせはメッチャ高いんじゃないのかな?」と思ったが、そうでないのが駒寿司。
安心して頂くと、脂がのっていて美味しい(^^)

イワシは普通の切り身と梅肉のせの2種類。
どちらも特製ポン酢を付けて頂くが、実に旨い。
アジも歯応えが有り、鮮度が良かった。
生を追加。

と、ここで考えた。
ランチ握りをお願いして昼食を終えようか、他の選択にしようか。
入り口が開き、ランチのお客さんが1名入店。
ランチ握りを美味しそうに頬張っているお客さんを見て思った。
あのお客さんがランチ握りを食べているから、私は穴子をお願いしよう(笑)

駒寿司 - 穴子と酒

駒寿司 - 穴子と酒

箸で持つと崩れてしまうほど繊細な穴子に、山葵をのせて頂く。
穴子と煮詰め、そして山葵が口中に行き渡った所で日本酒をグビッと1口。
幸せだ。

勢いが付いて、他に行きたくなってしまった。
もうすぐ駒寿司も中休みに入る頃だろう。
どこか無いだろうか。
そこでこの界隈に詳しい昼飲みの先輩『laylaさん』にメール。

「駒の近くで昼飲み出来るお店、ご存じですか?」
「同系列になりますが、扇寿司ですか。或いは大福元ですかね」
「あれ?laylaさんも既にお呑みになっているとか?」
「今日は手始めに『たきおか』、その後日暮里の蕎麦屋『川むら』で日本酒を飲りました」
「さすが大先輩だぁ~。私も今は日本酒です。こいつをやっつけたら大人しく帰りたいと思います。有難うございました!」

穴子を速攻で食べ終えてしまった為、laylaさんの好きな蛸の吸盤を。

駒寿司 - 蛸の吸盤

駒寿司 - 蛸の吸盤

このコリコリクニュクニュがたまりません。
日本酒が無くなったので、玉露ハイを追加。
laylaさんに「蛸の吸盤さいこぉ~」とメール(笑)
よし、これを頂いたら帰ろう。

≫駒寿司のデータ

穴子を食べ終えた頃に、カウンターへ移動しました。
この店のカウンターは初めて。
まだまだ私にはお寿司屋さんのカウンターは似合わないと思うからです。
しかしここはマスター1人で切り盛りしている為、こちらに移動した方が上げ下げが楽なんじゃないかと思い、まだその器ではないと知りつつ移動しました。

カウンターへ移動しても話はしません。
金太楼鮨のマスターのように話し掛けられれば応えるけれど、こちらから話し掛けることはない。
これはラーメン店でも同じで、仕事の邪魔になってはいけないからです。
この日も黙々と飲み、蛸の吸盤を半分ほど頂いて、これをやっつけながら玉露ハイで終了しようと考えていた丁度その時、お店の入り口がガラガラっと鳴りました。

「あれ?laylaさん?!」

一瞬目を疑ったけれど、何度見直してもlaylaさん。
「都内にいらしたんですよね?」
「いや、蛸の吸盤の話をされたんじゃ~来ないわけにはいきませんから」
こういうタイミングで先輩とご一緒出来るとは思いませんでした。
思わずニコニコしちゃいましたもの(o^_^o)

laylaさんも蛸の吸盤を注文し、お酒はぬる燗。
ここが、私のような若輩者とひと味もふた味も違う所。
ぬる燗。
実に粋ではありませんか。
カウンターに座っている姿が素晴らしく似合う。
シューテンさん・laylaさんのお2人は、私にとって目標とする先輩なのです。

玉露ハイを飲み終える頃、今度はlaylaさんの奥様登場。
奥様がまた素晴らしく飲める方で、いくら飲んでも顔色ひとつ変わりません。
laylaさんが粋ならば、奥様は「華麗な飲み方」とでも言いましょうか。
癒し系の代表と言える奥様です。
いや~、豪華メンバーだぁ~(≧∀≦*)

私もぬる燗に移行し、laylaさんに注がれるままに飲む。
当然のように酔っ払う。
酔っ払っているのは私だけ。
laylaさんご夫婦は全く変わりません。
人の肝臓の能力って、こんなに違うものなのでしょうか
laylaさん、朝から飲んでいたんですよね?
何故そんなにふつーなんでしょ(^^;

私だけスッカリ酔わせて頂き、「次回は扇寿司で」とお約束をしてお開き。
駒寿司のマスターとも初めてお話をしましたし、モーレツに楽しい時間でございました。
laylaさん、そして奥様、有難うございましたm(__)m

帰宅して家族に皿うどんを作り、気付いた時には布団の中でした(;^_^A

関連した記事を読む:

Pocket

6 Comments

  1. kirik
    Posted 2010年9月13日 at 10:44 PM | Permalink

    たいちょさん、もう少し涼し~くなったら、駒寿司行きましょう!出来れば昼酒が・・と言っても昼は無理ですね~ ^_^;

  2. Posted 2010年9月13日 at 11:49 PM | Permalink

    生を頼んだはずが、画像には冷酒が写っていて、あれ?(笑)。

  3. Posted 2010年9月14日 at 7:53 AM | Permalink

    KIRIKさん>
    > もう少し涼し~くなったら、駒寿司行きましょう!

    KIRIKさんと駒寿司!
    いいですねぇ~(^^)

    でんじろうも行きたいっす~♪

    しらなみさん>
    > 生を頼んだはずが、画像には冷酒が写っていて、あれ?(笑)。

    あ、生は光り物でやっつけて、穴子と同時に日本酒をお願いしました~(*^-^)b

  4. layla
    Posted 2010年9月14日 at 6:52 PM | Permalink

    「駒」では嫁共々お世話になりました。
    初めは「温」が段々本数が増す毎に「熱」になってましたよね(笑)
    「粋」などには程遠く、結局酔えれば何でも良いんです。
    次回は「談」と「扇」楽しみですね!

  5. kirik
    Posted 2010年9月14日 at 8:45 PM | Permalink

    >でんじろうも行きたいっす~♪

    いいですねぇ~、でんじろうにも行きましょう!
    でも、もしかすると、でんじろうは今月中に突撃するかもしれません(^^)v
    チレが美味しそうじゃぁありませんか!!

  6. Posted 2010年9月15日 at 7:59 AM | Permalink

    laylaさん>
    > 初めは「温」が段々本数が増す毎に「熱」になってましたよね(笑)

    そうでした、そうでした(^^;
    そういうトコも、駒寿司の気楽さだと思います~
    何本飲んだか考えると気が遠くなりそうですが(笑)

    > 「粋」などには程遠く、結局酔えれば何でも良いんです。

    いえいえ、とんでもございません。
    やはりあれですね、お酒に飲まれないというのが原則のようですね。
    私のようにヘベレケになってはいけないのだと解りました。

    次回も宜しくお願い致します(^^)

    KIRIKさん>
    > いいですねぇ~、でんじろうにも行きましょう!

    最近ですね、あのお店に行きたくて行きたくて、早く決算終わらないかとソワソワしております。

    > チレが美味しそうじゃぁありませんか!!

    そうです!
    あのチレ、モーレツに美味しかったんです~(^^)
    あぁ… 今すぐ食べたひ…

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL