もつ焼きでんじろうで数量限定品2種

2010年9月20日

先日のお話。
仕事で遅くなるはずが、その日は何故かトントンと進みまして、普通に終了。
と同時に「もつ焼き行きませんか~?」のメールが来る。
急いで支度して出掛ける(笑)

目的地は駒込。
そう、前回行って感動した『もつ焼きでんじろう』です。
昼から飲っているシューテンさん・ももちちさん・三の字さん・しいの実さん達はまだ来ていないようなので、カウンターに1人で陣取ります。

もつ焼きでんじろう - 樽生ホッピー&レバ刺
もつ焼きでんじろう - 樽生ホッピー&レバ刺し

樽生ホッピー400円、レバ刺し350円。
安いなぁ~
そして、旨いなぁ~

しかし私は、何故こんなに方向音痴なんだろうか。
前回行って「よし、大丈夫」なんて思っても、次に行った時に必ず迷う。
今回もプチ迷い(>_<)

レバ刺しを6割り程度頂いた所で、皆さん到着。

もつ焼きでんじろう - あぶら(1本100円)
もつ焼きでんじろう - あぶら(1本100円)

チレは売り切れ、あぶらはラスト2本ということで、その2本のあぶらをゲット。
好みが別れるかも知れませんが、この巻き巻きしたあぶらもイイです。

もつ焼きでんじろう - カシラ&テッポウ(1本100円)
もつ焼きでんじろう - カシラ&テッポウ(1本100円)

「最初、逆方向に歩いてしまったんですよ」
「よく戻って来られましたねぇ」
「大通りに出ちゃったんで、違うって解りました(^^;」
そんな話をしているうちに、タレものが出て来ました。

凄いのは、私以外の人達は「白山 火風鼎(はくさんかふうてい)でラーメン→千成でもつ煮込み→でんじろう」という順番で来ておりまして、ももちちさんなんか昼にラーメン2杯食べているから、ラーメン3杯+もつ煮込み+アルコールが既に入った状態なんですね。
もうね、鬼の胃袋と言ってもおかしくありません(表現が解り辛い)。

生樽ホッピーを2杯頂いた後は、キンミヤのボトルを追加。

もつ焼きでんじろう - タン(1本100円)
もつ焼きでんじろう - タン(1本100円)

なんでしょうか、この軟らかさは!
一度でも自分でタン串を作った事が有る人ならばお解りの通り、このヴィジュアルですと結構な噛み応えが有ると想像出来るわけですが、実はとても軟らかい。
美味しひ…(T∇T)

このお店の実力は、こんなものではありません。
ここからがまた凄い!

もつ焼きでんじろう - 国産牛腹シビレの網焼き(塩)400円
もつ焼きでんじろう - 国産牛腹シビレの網焼き(塩)400円

なんでしょうか、このジューシーさは。
暫く目が点になってしまいました。
これが400円なんて信じられません。
数量限定ですから、見付けましたらお早めに♪

もつ焼きでんじろう - 白刺し(ボイルガツ・テッポウ)400円
もつ焼きでんじろう - 白刺し(ボイルガツ・テッポウ)400円

なに、これ。

これね、ヤバイって。
これが400円ですって?
小躍りしちゃうほど美味しい!
今まで他で食べたモノはいったい何だったんです?と言いたくなるほど旨い。

こんなに美味しいものを、こんなに安い値段で出しちゃうの?
有り得ないんですけど…(;^_^A

この店、ヤバイって!!

「旨い!」「美味しい!」しか言葉が出て来ません。

暫くの間、このお店だけで満足しそうですm(__)m

≫もつ焼きでんじろうのデータ