てらっちょ~じゃん家

2010年9月25日

17日の昼食。
久しぶりにてらっちょに行きたくなり、松戸に車を走らせました。

この周辺にはお気に入りの『中華そばまるき』や『中華蕎麦とみ田』という両極端の素晴らしいラーメンが有り、個人的には「2店だけで満足」と思っているわけですが、その中間に位置する場所に『てらっちょ』が出来ました。
私はてらっちょを「チャレンジラーメン」と思っていて、この脂コッテリのラーメンを美味しく食べることが出来れば「よし、体調がいいぞ!私はまだ大丈夫だ!」という、一種の健康のバロメータになるお店として好きなのです。

我孫子店は何回か食べに行っていますが、松戸店は初めて。
さて、今日の体調はどうなの?

てらっちょ松戸店 - 醤油ラーメン650円
てらっちょ松戸店 - 醤油ラーメン650円

これだ。
このインパクトだ。
「下からよくかき回して食べて下さい」
どうやら、かえしが下に沈んでいるらしい。
我孫子店ではそんなことを言われた事が無かったのに、松戸店だけ?

濃い。
実に濃い。
麺もこの脂ギタギタのスープに合っている。
チャーシューも他のトッピングも合っている。
ヤバイ。
スープを半分も飲んでしまった。
まだ私はイケるかも知れない。
なんて事を思いながら、満足してお店を出ました。

≫濃厚ラーメンてらっちょ松戸店のデータ

てらっちょを出ると、近くに家系ラーメン店を発見。
「新しいお店を見付けたら、とりあえず入ってみる」というのがB食魂なのだが、何せ1店目が最強の濃度と言われているてらっちょだった。
どうしようか。
入るか。
いや、ここは体の事を考えて次回の宿題にしよう。

と思った脳内とは裏腹に、体はすっかりお店に入って食券を買っていました(爆)
なんとこのお店、ライスが無料?!
てらっちょの後だからライスは遠慮しましたが、580円というリーズナブルなラーメンにライスが無料とは…
なんて良心的なお店なんでしょ♪

横浜家系ラーメンじゃん家 - らーめん(醤油)580円
横浜家系ラーメンじゃん家 - らーめん(醤油)580円

家系にも色々有って、醤油がキリッと立っているのが吉村家直系の王道家なら、こちらはかえしが優しい系列。
色を見て頂ければ解る通り、塩ラーメンと間違えるほどの大人しい色合いで、実際の味もマイルドに仕上がっています。
家系で一番好きな『末広家』よりも、もっとマイルドなバランス。
これはこれで好きだなぁ。

麺は家系で使用している酒井製麺に似ているが、本当の所は不明。
短く若干平たいストレート麺で、表面がツルツルしていて食感はモチモチ。
こういう麺は好きですねぇ(o^_^o)
普通で注文すると少し軟らかい印象なので、コシが欲しい人は硬めで注文すると良いかも。

チャーシューの部位も違い、ほうれん草は非常に軟らかく、海苔もランク的には直系と違うけれど、コストダウンを考えていると思えば企業努力として無問題。
家系としてどうかではなく、普通のラーメンとして頂けば美味しい。
次回はサービスのライスと一緒に頂いてみたいと思いました。

店主の接客も、モーレツに良いです(*^-^)b

≫横浜家系ラーメンじゃん家のデータ

てらっちょ→横浜家系ラーメンじゃん家とコッテリ系を連食したのに、この日は全く胃がもたれる事も無く、食べた後で喉が渇くという辛さもなかった。
ラーメンを食べて喉が渇く理由は、やはり脂っこさではないという事だろう。
てらっちょはまたチャレンジしたくなった時に来たいし、じゃん家は普通の昼食として食べに来たいと、そう思える2店でした。

満足でした~(^O^)v

家系の評価は甘いと言われているワタクシ(笑)
だって、とても良く考えられたラーメンじゃないですか~
豚骨スープに鶏油(鶏油でないお店も有り)、そこにツルツルモチモチの麺。
トッピングはスープに合う海苔、チャーシュー(部位は色々)、ほうれん草。
合うものばかりを1杯の丼に集結させた、実に素晴らしい作りではありませんか。

私は昔ながらのスープにほうれん草を切ったまんまトッピングしてあるラーメンが苦手で、「何故こんなスッキリしたスープに水っぽい菜っ葉をのせるんだろう」と、ずっと思っていました。
しかし家系のほうれん草は違う。
「よくぞこの状態でのっけてくれました!」
スープを吸って、美味しいこと、美味しいこと。

ちょっと昔話を。

パソコン講師をやっていた時、同じく講師をやっていましたうら若き美女と会いまして、何度か講習でご一緒したことが有りました。
この女性、年齢も20歳そこそこ。
バツグンのスタイルで、この世のものとは思えないほど可愛らしい女性だったわけですが、休み時間に外食の話になり、意外にもラーメン好きだという事が解ったのですね。
そうなれば、是非イチオシのお店を聞いてみたい。
こんなに可愛らしい女性が選ぶイチオシのラーメン店とはどこか。
ね、気になりますでしょ。

「多分解らないお店だと思いますから、地図を書きますね」

手渡されたメモに書いてあった場所は、我孫子市。
そして地図の下には店名が書かれていました。

『てらっちょ』

あんまりビックリして、そのメモを食べちゃいそうになりましたもの。
スタイル抜群で素晴らしく可愛らしい女性が、てらっちょ…
「あんなに脂っこいラーメンが好きなんですか?」
「はい、月に1度は行って食べます。ご存じ無いですよね?」
「いえいえ、知ってます、知ってます。ギトギトで美味しいですよね~(その時点では一度しか食べに行っていなかったのに)」

てらっちょ、恐るべし!!

それから、てらっちょをもっと好きになったと。
このスケベな理由に、何か問題でも?(^^;

その可愛い女性は松戸駅前に勤務しておりますので、松戸にてらっちょが来た時は、さぞかし喜んだことでしょう。
月に2回は通っているかも知れません。

さてと、次回はいつ行こうかな(爆)