皿うどんの絡み具合

Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

嫁のぎっくり腰が少しずつ良くなって来ました。
明日はヘルニアになっていないかどうか、MRI検査です。

MRI検査ってうるさいですよね~(^^;
検査中ずっと「ガ~~~ゴ~~~」っていう音がしていて、止まっているけれど音だけうるさい遊園地の乗り物という感じです。

去年でしたか、背中が痛くなって松戸市立病院でMRI検査をしました。
「おっ、背中に引っ掻きキズが有るね、彼女に付けられたの?(笑)」なんていう面白い先生でしたが、レントゲンもMRI検査も肝心な部分が映っておらず、結局どこが悪いのか解らないままお金だけ取られたという経験が有ります。
その先生が撮ったんじゃないんだけどさ。

「もう二度と来ないぞ!(▼▼)」と思ったわけですが、皆さんのコメントで「太っているとよく映らない」ということが解りまして「なるほど~(T∇T)」と納得。
納得したくないけど納得(─ ─;)

じゃあそこまで太っているのかというと、私程度のデブはたくさん居るわけで、冷静になって考えたら、まぁ何故かご存じの方も居るとは思いますけど、私は「肩オバケ」なんですね。
卓球・バレー・バスケ等を若い頃にやっていて、そのせいか解りませんが肩幅が異常に広く、お腹同様に肉が付きまくり。
吊しのスーツが合わないという、モーレツに不経済な体型なわけです。
「なるほど、だから映らないのか」と納得して無駄な8000円を支払って来ました(涙)

だから『らあめん葫』の浅田さんに「バーベル何キロ持ち上げられます?」なんておかしな質問されちゃうんだ(爆)

で、今日の夕食も手抜き(関係ないけど)。
冷蔵庫に有る野菜と砂肝で皿うどんです。

砂肝の皿うどん

砂肝の皿うどん

市販品の皿うどんの麺を、油で揚げなおします。
そこに砂肝と野菜を炒めてあんかけにしたものをかける(付属のスープは使用せず)。
超簡単。
厳密にいうと「皿うどんもどき」になりますが、そこはスルーでお願いしますm(__)m

そういえば皿うどん、皆さんはどうやって食べ進めますか?
そのまんまの状態で食べ、麺の硬いトコと軟らかいトコ両方を楽しみます?
それとも全部マゼマゼしてから食べます?
私は後者なんですねぇ。
何故かって、その方がエッチだからですよ(笑)

「お前さんの言っているエッチな食べ物はあんかけか?」
それはちょっと違う。
「あんかけ=エッチな食べ物」だけど「エッチな食べ物=あんかけ」じゃない。
他にもたくさん有りますからね。

皿うどんは、太麺の方が好みです。
揚げた太麺とあんかけのコンビは、もうたまりませんねぇ。
あの太麺が熱々のあんかけによって変化していく。
硬い麺があんかけの影響で柔軟な姿勢になっていくわけです。

出て来たまんま食べる人は、お互いの主張を若干残しつつ影響しあうという人間関係でしょうか。
ま、普通。

私のように、出て来た瞬間に全体を混ぜ合わせて食べる人は、お互いが、もう、全部、隅から隅まで絡まって、これ以上絡みようがない!という状態でコトを進めると。
ほら、エッチじゃんか(笑)

モーレツに絡まった状態が好きという人は、きっと毎日抱き枕を抱いて寝ているんでしょう。
多分…

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL