駒寿司で穴子潮煮

2010年10月3日

昨日はあまりにも疲れてしまったので、買い物に行く元気も無し。
気分的に刺身系で、その場合どっちに行こうかで悩む。
「先日駒でランチしたんだから、今日は金太楼にすっか?」
「どっちでもいいや」

この「どっちでもいいや」は困るんだ、私的に。
私もどっちでもいいんだから(笑)
いや、どっちでもいいんじゃなくて「どっちもいい」が正解。
「じゃ、金太楼にするかな」
そう言ってシャワーを浴びて出掛ける用意をし、いざ家を出たら「やっぱり駒にすっか」。
外に出たら、いきなり駒寿司の穴子が食べたくなってしまったのだ。
こういう悪い癖が私には有るなぁ、うん。

お店に入ると、駒寿司のマスターはボトルを探してくれた。
多分「B食隊」と書いたり名前を書いたりしているから解らないんだ、きっと。
「無いと思うので1本入れて下さ~い」
有ったとしても、そんな細かい事は気にしない。
いつも安くて美味しいものを食べさせて頂いているからいいんです。

お店もマスターも好きだからそれでいいんです♪

駒寿司 - 氷
駒寿司 - 氷

この店は、氷からして好きだもの(笑)
こんな立派な氷は滅多に見られませんよ、ホント。

私は最初生を頂き、次から焼酎のお茶割り。

駒寿司 - 穴子潮煮600円
駒寿司 - 穴子潮煮

前回昼飲みで煮詰めをお願いしたので、この日は白焼きにしたかった。
しかしメニューに「潮煮」というものが有り、とても気になったのでお願いしてみました。
塩で煮てあるという事ですが、白焼きも美味しいけれど、これも素晴らしく美味しい。

ここで嫁がカマ焼を注文。

駒寿司 - カマ塩焼き600円
駒寿司 - カマ塩焼き

カマ焼きというと変に脂っこいものも有りますが、これは丁度良い感じ。
日本酒に移行したかった気持ちを何とか抑える。
明日は仕事で早く出るんだ。

と、ここで目に止まったのが『いかわたたまり漬け』の文字。
なんと400円だ。
いや~、私のモーレツに好きなものが有る。
これをお願いしちゃうと、絶対に日本酒いっちゃうなぁ~。

駒寿司 - いかわたたまり漬け400円
駒寿司 - いかわた たまり漬け

6割ほどのソルベ状で出て来ます。
さて、お味は…

美味し~~~~ぃ! ヾ(≧▽≦)ノ

口中でトロ~っと溶けまして、その濃厚なお味といったら、もう…
「マスター、ぬる燗をお願いします!」
やっぱりいっちゃいました。
これいっちゃったら止まりません。
いかわたを食べ、ぬる燗をグビッと飲み、またいかわたを食べ、ぬる燗をグビッと飲み。

嫁にはこちらを。

駒寿司 - かに酢600円
駒寿司 - かに酢600円

嫁を黙らせる一番手っ取り早い方法。
会社の愚痴が長くなったら、これを食べさせるようにしています(笑)

本日もご馳走様でしたm(__)m

※駒寿司のランチ600円はとてもお得なので、是非一度♪

≫駒寿司のデータ

たまに「寿司屋で飲むなんていいね~」と言われたりするのですが、私も嫁も高いものをバカみたいに(大量にという意味)注文しませんので、とても安いんです。
前回金太楼鮨さんで飲んだ時も、メチャメチャ飲んで1人3000円行きませんでしたから。
じゃないと、中々行けませんので(^^;

歳のせいも有りますが、最近は食べられなくなりました。
夕食も、枝豆と、他に何か1品有ればいいって感じ。
アルコールでお腹一杯(笑)