鉄火巻きが美味しかったのは覚えている

2011年1月14日

駒寿司は正月休みというものがなく、普段通り水曜日しか休まない。

駒寿司 - ヒズ
駒寿司

「休んだってしょうがないですから」
これが大将の言い分だ。
素晴らしい。

駒寿司
駒寿司

ここで日本酒をグッと我慢する。

駒寿司
駒寿司

まだ我慢出来る。
生ビールからサワーへ移行。

駒寿司
駒寿司

ちょっと待て、こりゃヤバいだろ。
我慢出来ず、ぬる燗をお願いした。

駒寿司
駒寿司

好物のイカワタが出て来た時には、既にお銚子3本目を飲み干し、4本目を追加。

家族飲みというのは気が楽だ。
酔って何を言ったところで翌日まで持ち越さない。
何か忘れても、後でフォローしてくれる。
緊張しないから、変な酔い方はしない。
たくさん飲んでも気持ちが悪くなったりしない。

飲兵衛は、飲み会の席での事を、後であれこれ言われるのが嫌いだ。
それを気にして飲んでいるとつまらない。
悪酔いする。
だから飲兵衛は、お互いに細かい事を気にせず酔っぱらえる人と飲みたい。
そういう人を選ぶ。

お互いに好きなだけ酔っぱらい、好きな事を喋って盛り上がる。
翌日には何の話で盛り上がったのか、すっかり忘れている。
「どうしようもねぇな」
なんと言われようが、それが飲兵衛なんだから仕方がない。

駒寿司 - 鉄火巻
駒寿司

「楽しかったのは覚えているが、何を喋ったのか覚えていない」
飲兵衛は、そういう時がよく有る。

何も覚えていないのは問題だけど、
楽しかった事を覚えているんだから、それでいいじゃないか。