ホッピーで天ぷら

悩みが無い人は、ある意味幸せかも知れません。
親や兄弟、家族にさえ言えない悩みを抱えている人はたくさん居ます。
誰にも言えなくて自分だけで抱えている悩みほど辛いものはありません。
そういう時に、相談出来る人を作っておくことは大切です。
相談出来る人が近くに居るということは、例えば1人の人間に10個の幸せがあるとすれば、その幸せの1つと言って良いと思います。

父は今日、胃カメラを飲みました。
それは、ここ1年くらい胃の調子が悪く、それでずっと悩んでいたからです。
好きなお酒も、ここ数ヶ月全く飲んでいません。
今年倒れてからというもの、自分の体調を常に気にしていて、家族から見て神経がピリピリしている様子でした。

私は父の話をたくさん聞き、それに対するアドバイスもしました。
そこで「心配ならば胃カメラを飲んでみたら?」と言いました。
私のような素人が色々話をするよりも、専門家に見て貰って、正確な判断をして頂く方が本人も信用し、安心するのではないかと思ったからです。

胃カメラの結果は、特別異常無し。
歳が影響する「慢性胃炎」とは言われましたが、日本人で慢性胃炎の人はゴロゴロ居ます。私もそうですから(^^;
ちょっと精神的に辛いことが有ったりすると、すぐ胃に来るんですよね。

父は医師に言ったそうです。

「たまにクッソー!って思って酒でも飲んじゃおうと思ったりするんですよ」
「いいじゃないですか、好きなお酒くらい飲んでも」
「え?いいんですか?」
「過ぎなければいいでしょう、特別な異常は無いんだし、好きなお酒くらいは」

それを聞いて安心した父は、今夜我が家に来てお酒を飲もうと決心しました。
「決心」というのは大袈裟ですが、父としては決心なんです。
父は倒れてから「お酒はダメだ」と思い込み、「少量なら飲んだ方が精神的に良いだろう」と私が言っても、怖くて飲もうとしませんでした。
父は結果を聞くなり私に電話をして来まして、今夜は我が家で乾杯です。

まずは『さくらい』のお刺身。

さくらいのお刺身 - サーモン・サンマ・アジ
さくらいのお刺身 - サーモン・サンマ・アジ

サンマとアジ、脂がノッていて美味し~~ぃ~(≧∇≦)/
laylaさん!
このお刺身を買わないなんて考えられませんよね?(笑)

他の献立は、枝豆・キスの天ぷら・舞茸の天ぷらと、簡単なものでした。

舞茸の天ぷら
舞茸の天ぷら

カラッと揚がっています(見て解ります?)。
理由は、衣を溶く時にホッピーを使っているから。
ビールを使う人も居ますが、アルコールの香りが残ってしまって、我が家はあまり好きではないんです。
ノンアルコールビールは、失礼ですが美味しいものが有りません。
変なクセが有ってダメなんです。
そこでホッピーと(^^)

ボールに玉子と薄力粉を入れて、ホッピーで溶きます。
揚げます。
カラッと揚がります。
以上(笑)

え?
ホッピーが勿体ないって??
Big-Aに行けば、ホッピーが最安値で売っていますよ~(*^-^)b

父に私という相談出来る息子が居て幸せかというと、必ずしもそうではないと思います。
確かに家族に話すことも大切。
でも一番気が晴れるのは、友達ではないでしょうか。
母の世話を何十年もして来た父は、飲み友達が居ません。
趣味に使う時間も有りませんでした。
以前はそういう友達も居ましたが、歳をとれば状況が変わって来ます。
体を壊してお酒が飲めなくなってしまったり、結婚して人が変わってしまった友達も居ます。

父には「何かサークルみたいなものに入ったらどうか」とか、とにかく友達を作る工夫をするように話をするのですが、何年もこういう生活をしてしまうと、なかなかそういう気分に切り替えて行くのが難しいようです。
女性の方がそういうことに対して柔軟ですね。
母には友達が出来まして、体調の良い日は話をしに出掛けて行きます。

家族に話をして気が晴れることと、友達にしか話せないことって有ると思うんです。
それは別物。
勿論これからも私は父の話を聞くつもりですが、飲んでバカ話が出来る友達が出来るといいなと思っています。