袋入り生麺で簡単塩ラーメン

Filed under 我が家の食卓・レシピ, 自作ラーメン・家ラー
Pocket

昔ラーメン店をやっていただけあって、両親はラーメン好き。
あのまんま母の体調が悪くならなければ、両親は立川市でラーメン店を続け、私はそこの厨房にいたはずです。
しかし、そう上手い具合に行かないのが世の中。
たまに両親から「ラーメンが食べたい」とリクエストされます。

そんな急に言われても本格的なラーメンは作れませんし、少人数に作ると原価がモーレツに高いラーメンになってしまう。
そして材料もかなり残ります。
ですから普段は、「いかに一般的な材料を使って美味しいラーメンを作るか」ということに情熱を燃やしています(大袈裟だ)。

ラードが無かったらサラダ油で代用する。
麺とスープは市販のものを使う。
両親の年代でも食べやすいラーメンにする。

今回は塩にしてみました。

自作塩ラーメン

簡単塩ラーメン

Big-Aで購入した3食200円弱の塩ラーメンを使用(タンメン用かな?)。

スープは鍋で先に作ってしまいます。
鍋に水・付属のスープを入れ(普通は300mlと少ないので水は多め)、温まったら味見をする。
普通は何かが足りない味です。
水を多く入れたので、塩を足します。
そこに「ほんだし」を少々、醤油を数滴(白しょうゆが有ればGOOD!)。
ちょっとしょっぱめでOK。

丼にサラダ油で作った香味油(油を熱してネギを揚げるとか、ニンニクを揚げてガーリックオイルを作るとか、鯖節を揚げるとか)を少々、長ネギ、白胡麻(擂りたてに限る)、魚粉(鰹節とか三種混合をミルサーで細かくしたもの)を入れておき、麺が茹で上がったら丼にスープを入れて混ぜ、麺を入れます。

トッピング。
かいわれ(ただ好きだから)
とろろ昆布(出汁が出ます。塩によく合う)
塩昆布(これも出汁が出る)
炙りチャーシュー(インパクトが強すぎるかと思えばそうでもない)

簡単塩ラーメン - 炙りチャーシュー

簡単塩ラーメン - 炙りチャーシュー

袋入りの生麺付属のスープは、コストを抑える為に出汁が足りません。
ならば出汁を足して、ラーメンに無くてはならない油系をプラスしてあげれば劇的に美味しくなると(理論上)。
この場合、例えば油系が別に付属されていたら使いません。
付属の油はエグイから。
ラードと一緒に包装されていた場合は、出来るだけそのラードを鍋に入れない(ラードだけ固まっていますからそれを入れなければ良し)。

チャーシューが無い場合、塩には鶏肉も合います。
ササミを湯がいて手でほぐしたり、鶏わさなんていうのもいいですねぇ。
私はよく「蒸し鶏」を使います。
作り方はご存じですよね(^^)

今夜はラーメンの他に、さくらいのお刺身、あーちゃん餃子、Big-Aの冷凍枝豆でした。

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL