炙りやあんどんで石鯛

Filed under お気に入り, お酒を楽しむお店, 東京都
Pocket

世の中は3連休らしい。
3回連続してお休みなんて、正月くらいでしょうかねぇ。
まぁ私は親の世話が有るので、連休なんていう気分じゃないわけですが、久しぶりに母の体調が少し良かったので、都内まで出掛けてみました。

こうやってたまに出るというのは、気晴らしになったり、ならなかったりします。
気分が乗れば良い日になるし、何か気になることが有ったりすると、酒に飲まれたりもします。
この日は… 後者に近いかなぁ(^-^;

詳細は別に書いてあったりもしますけど、まず昼に〝三六〟で躓きまして(昼はランチしかやっていなかった)、その後〝浅草二丁目酒場〟~〝正ちゃん〟というコース。
同行の嫁に言わせると、もう正ちゃん辺りから覚えていないのでは?と(^^ゞ
いやいや、正ちゃんでは可愛い娘さんを抱っこしたお父さんが前にいらっしゃって、あまりにも可愛いのでお話をしたのは覚えています。
結構いい気分だったのも覚えていますから。

で、いい気分ならばそのまま帰りゃいいものの、気分がいいからと「もう一軒」ってなことになってしまう。
そこが私の悪い癖。
そしてその「もう一軒」に選ばれたお店は、実に気の毒です。
酔っ払いの相手しなきゃなりませんからねぇ。

今回のターゲットは、炙りやあんどん(笑)

炙りやあんどん

このお店、誰に紹介しても間違い無いというお店です。
とにかく仕事が丁寧。
お刺身が美味しい。
その他の料理も美味しい。
居心地がいい。
料理のレベルにしてはリーズナブル。
悪い所は無いのかと言われても、私には見当たりません。

炙りやあんどん

ここはあれかなぁ。
ジャンルで言うと何になるんでしょうか。
一応居酒屋ということになるとは思うんですが、出て来る料理は割烹と言って良いと思います。
だって、こんな美味しそうなお通しが出て来る居酒屋、探せって言われたら難しいですもの。

炙りやあんどん

こちらの食材は、日本海直送。
毎日新鮮な魚が送られて来まして、それらを使って佐々木店主が皿に描くわけですが、もうそれはそれは美しく、まさに絵画を観るようです。

炙りやあんどん

石鯛。
身の色がキレイですね~。
佐々木店主の造り方も実に美しい。
そして美味しい。

炙りやあんどん

石鯛の皮を炙って頂きました。
この食感、何と例えたら良いでしょうか。
これぞ、エロ美味しい(笑)

炙りやあんどん

最後に頂いたのは、嫁の好きな海老。
ちゃんと食べやすく仕事がしてあります。
塩梅が良く、お酒がすすみます。

と書きましたが、覚えているのはここまで。
その後、何を話したのかはさっぱり…(^-^;

だいたいですね、何軒も行ってから来るようなお店じゃないんですよ、ここは。
翌日、本気で反省しました。
でもね、佐々木店主は大人なんですよ。
こんな私でも「また酔っ払いに来て下さいね~」って。
飲食店の鏡だわ、彼は。

今は頻繁に行けませんが、千葉県内のお気に入りのお店と、ここ〝炙りや あんどん〟が有ればそれだけで満足です。
だって、いつ行っても美味しいものが出て来るし、間違いが無いんですもの。
ハズレが無い。
この「間違いの無いお店」を知っているというだけで、気持ちが豊かになりますよね。

本日も素晴らしい料理でした。

ご馳走様でしたm(__)m

≫炙りやあんどんのデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

2 Comments

  1. 九州男児 鷹
    Posted 2015年4月13日 at 9:40 PM | Permalink

    美味しそうなブログ発見し観覧?閲覧?させて頂きました。本当に美味しそうで、ヨダレが滝の様になりそうで、怖いです。
    炙りやあんどんさん是非行ってみたいお店です。貴重な情報有難う御座います。大将の佐々木さんにも色々とお話したく感じました。

  2. Posted 2015年4月17日 at 10:26 AM | Permalink

    九州男児 鷹様>
    > 本当に美味しそうで、ヨダレが滝の様になりそうで、怖いです。

    有難うございますm(__)m
    私も見直してヨダレが出る時が有ります(笑)

    > 炙りやあんどんさん是非行ってみたいお店です。

    私のページは「安くて美味しいもの」がメインですが、炙りやあんどんは「この美味しさでこのお値段はお得♪」というお店ですね。
    料理の腕前は、ちょっとお目に掛かれないほどです。
    この価格帯では、有り得ません。
    解る人には解って頂けるはずなので、是非一度足を運んでみて下さいませ(o^_^o)

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL