めん結び光の葉で鶏白湯光の葉ら~めん

Filed under お気に入り, ラーメン, 市原市
Pocket

ここんトコ、やっと両親の様子が落ち着いて来たので、ちょっとだけホッとしています。

先日、息子が来た時にラーメンの話になりまして。
息子は私同様にラーメンが大好きなんですよね。
嫁は大好きというよりは「好き」な程度。
娘は「好き」だけど、嫁よりは若干大人しめという家族構成となっております。
ラーメンに絡めた家族の紹介って…(笑)

そこで千葉方面3店の話が出まして、そのうちの1店がこちら。

めん結び光の葉

息子に言わせると、鶏白湯が美味しいらしい。
で、とっても居心地が良いお店らしい。
「居心地がよい」というのは私の中で高得点に結びつく可能性の高い要素でありまして、それだけで50点獲得したりします。
何点中かは別として(笑)
他の2店は「喜多方ラーメンのお店なのに味噌が旨い」とか「チャーシュー丼がデカい」というお店だったので、一番気になったこちらを今回はチョイス。
なかなかこっち方面に来ないし、来たら来たで〝末広家〟に行きたくなっちゃうんで、やはり気になるお店が優先ということになっちゃいますね~。

この暖簾、手作りなんでしょうか。
なんだか、とってもいい感じだなぁ。
こういうホッコリとした雰囲気、私は大好きです(o^_^o)

お店の前に駐車して中に入ると、お客さんは私1人。
開店してまだ1年経っていないし、国道に面していないからみんな気付かないのかなぁ。
それか、11時開店なのでみんな早めに来て食べちゃったのか(私が到着したのは1時過ぎ)。
奥様(多分)に誘導され、券売機で食券を購入します。
おっと、このお店は1人分のスペースが随分とゆったり考えられています。
私はキツキツで食べるのがモーレツに苦痛なので、もうこの時点で得点アップ(^^)

最近〝天然とんこつラーメン一蘭(略して一蘭)〟が流行っていますでしょ。
私はあのお店の何が好きかというと、食べるスペースが区切ってあるところなんですよ。
これは性格的な問題と、習慣というものが関係すると思うんですが、私は普段家族以外とはほとんどご飯を食べることが無いんですね。
たまに飲みに行った時は食べますけど、それ以外、例えば会社で同僚と食事をするとかいう機会が無いんです。
そんな生活を何十年もして来たせいか、他人と一緒に食べるということが苦手なんですよね。
ですから一蘭の「誰の顔も見えない」システムは、私にとって素晴らしいシステムだと思えるわけです。
こういう理由で一蘭に入る人、結構居ると思いますよ。
「煩わしく無いから良い」という。

話を戻しますと、そうそう、このお店の1人分のスペースが広くて良いというお話でした。

今回注文したのは、〝鶏白湯光の葉ら~めん  680円〟と〝チャーシュウごはん 320円〟の2品。
本当はラーメンだけで充分なんですが、1時過ぎていてお腹が空いちゃったもんで(^^;
入口に近いお兄さん、何やらもの凄く丁寧に時間を掛けてチャーシューをタレに絡めています。
「あ、そのくらいでいいですよ~」と思ってしまうくらいに、丁寧に絡めています。
いったい、どんなチャーシュー丼が出て来るのでしょうか。

めん結び光の葉

えぇっ?!
お重ですか??(゜o゜)
それも、盛り付けが異常に丁寧です。
ここ、本当にラーメン屋さんなんですよね?
いや~、鰻重でも見ている気分だわ~。

このお重に感動していると、間もなくラーメンが。

めん結び光の葉

美しい…
盛り付けが素晴らしく美しい…
食べる前から、かなりポイント高いです。

で、食べてビックリ。
私は麺上げの写真を撮らないのですみませんが、この手打ち麺、平縮れという私の最も好きな形状なんですよ。
一般的には、「縮れ」というのはどちらかというとあっさりしたスープを持ち上げる為に作るわけですが、こちらは白湯。
じゃあ合わないのかと言われると、そこはもう計算しつくしているかのように、濃度調整がされています。
これは美味しいです!(≧∇≦)/

トッピングはというと、青菜のシャキシャキ感がとても良く、チャーシューも丁寧に作られていて、この時期によく見られる切り置きチャーシューの嫌な香りは皆無だし、卵焼きはメインの麺・スープの邪魔にならない作りで、ハーモニーという意味で実に素晴らしいです。
他の野菜も見た目が凄く良いですね。
ネギの嫌味な部分は全く有りません。
私的には、もう少しネギの風味は残した方が好みかな~。
あと、トッピングされているこの黒いものの正体が、最後まで解らなかったというか、何も仕事をしていないならば要らなかったのかな?という気がしましたでしょうか(風味が抜けちゃったのかも?)。
好みで言うとそんなところも有りますけれど、トータルバランスとしては最高に良いと思いましたですねぇ。
このピラピラ麺が最後までとても美味しく、得点高いです(^^)

メチャメチャ時間を掛けて作って頂いたチャーシュウごはんはどうだったかといいますと、これがまた時間を掛けた分だけ美味しく仕上がっています。
見た目よりもあっさりした味付けで、あっ、そう考えたらラーメンの方も体に優しい感じの味付けでした。
後でホームページを拝見したら、無化調のお店だったんですねぇ。
道理でスープを全部飲んだのに喉の渇きが無かったわけです。
チャーシューの切り方、味の付け方、トッピングの配列、味付け、全てにおいて素晴らしい!

えっと…
私の勘違いかも知れないんですけどね。
ラーメンにトッピングされている青菜と、チャーシュウごはんに使っている青菜、ちょっと違いますか?
ラーメンに使っている方は茹でただけのものでしたが、チャーシュウごはんに使っているのは箸休めとして(お新香の代わりになるように)少し塩味を感じたのですが、いかがでしょうか。
ま、きっと勘違いでしょうね(爆)
でも本当に素敵な箸休めになっています、この青菜。

最近の新店(及び宿題店)では、1番感動しました。
何かですね、このお店の内装からメニューひとつひとつに関しても、何かしらの工夫がされているように感じたんですよ。
ありきたりのお店造りではなく、どこか他店と違う捻りが利いているような。
それは料理にも表れていて、ラーメン毎に何かひとつ秘密が隠されているような気がしてならないんです。
「実はこういうふうにしているんですよ」的な。

そう考えるとですね、しょうゆも、しおも、つけめんも食べたくなって来ました。
その、何かしら工夫されている箇所や、秘密を、全部味わってみたくなりました。
で、ここの自家製麺は種類がたくさん有るわけですが、私の大好きなピラピラ麺(本当はもう少し幅が有った方が好き)で全メニュー頂きたいなんていうふうにも思いますし、何故東葛地域にオープンして頂けなかったのかと、悔やんでも悔やみ切れません(^-^;

2号店を出す時は、是非東葛地域にお願いします! ヾ(≧▽≦)ノ

というわけで、久しぶりに新しい感動に出会えました。
本当に美味しかったです。

ご馳走様でしたm(__)m

≫めん結び光の葉のデータはこちら

トップページにリンクを貼らせて頂きました。

関連した記事を読む:

Pocket

2 Comments

  1. Posted 2015年8月6日 at 10:25 PM | Permalink

    羨ましいです・・・ スープ飲み干し(^^; 

    もうそれは出来ない身体になってしまったので・・ てか、ラーメン自体NGですけどね。

    まー、食べてますけどね・・喝力屋とかひむろとか自宅で富山ブラックとか(笑)

    スープ飲まずに具を完食したいので担々麺には是非穴あきレンゲを付けて欲しい今日この頃・・・・

    でも、気を付けてくださいましね♪

  2. Posted 2015年8月7日 at 8:05 AM | Permalink

    のりさんへ

    > 羨ましいです・・・ スープ飲み干し(^^; 

    最近のラーメンって、スープ少ないですよね。
    下手したら300位しか入っていないんじゃないか?的な(^^;

    > まー、食べてますけどね・・喝力屋とかひむろとか自宅で富山ブラックとか(笑)

    喝力屋やひむろって、のりさんの体を考えると、ちょっとヤバい系のお店じゃないですか?
    あっさり系をチョイスされた方が良いかと…
    なんて、私も言えないんですけども(笑)

    ホント、最近量食べられなくなりました。
    ラーメンを食べると、チャーシュー丼を食べのが辛いです。
    食べたいんですよ、食べたいんですけど、結構苦しい(笑)
    今までネタ作りや調理法の勉強として食べて来ましたが、もう無理しない方が良さそうです。

    お互い、体を考えながら食事をする歳になったということなんでしょうねぇ。
    のりさんも、お気を付け下さいませね♪(^^)

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL