中国料理薫風飯店で酸辣湯麺

Filed under お気に入り, ラーメン, 中華・中国料理, 茨城県
Pocket

最近週末は嫁の仕事の用事に付き合うというのがほとんどでございまして。
この日も同様で、守谷のジョイフル本田へ。
そういえば前回守谷に来た時は、ラーメン屋さんで恩師と会ったのでした。
あ、先生、もう少し先生が忙しく無くなった頃に連絡致しますので(こんな所で業務連絡)。

お寿司は昨日の昼食に食べてしまったので、今日は別のものを考えなければなりません。
毎日お寿司を食べていると、私の場合、また痛風発作が出てしまいますから(^-^;
お寿司以外ということになりますと…
好物はラーメン系(中華料理)ということになりますが、そろそろ多汗症の私が気を付けなければならない季節になって来ましたので、アツアツのラーメンだけは避けなければいけません。
汗が出すぎて、命に関わりますのでね(;^_^A

一応あちらこちら探しながら車を走らせたのですが、入りたいお店がなかなか見付かりません。
「もう少し遠くまで行かないとダメかなぁ」と思ったその時、フッと視界に入って来たのがこのお店。

中国料理薫風飯店

「くんぷうはんてん」と読みます。
パッと見、ここ何年か前からモーレツな勢いでお店が増えた「中国の人(またはそれ以外の外国の人)がやっている中華料理店」と同じ系列なのかな?と思ってしまうような出で立ちですよね。
でも入ってみるとスタッフは日本の方で、内装もその系列店とは違います。
テーブルの周りには色々な気遣いがされていますし、トイレも清潔で使いやすく配慮されています。
他のお客さんに運ばれる食器を見ても、ちゃんとしたレベルの食器を使用している様子。
急激に増えた中華料理店とは、全ての面において違うようです。

メニューを見ると、値段設定は若干高め。
我々日本人が思い描く「本格中華のお値段」そのままです。
あっ!
メニューに酸辣湯麺が有りました(^^)
もう私、酸辣湯麺がモーレツに好きで、自宅でも作って食べるほど好きなものですから、迷わず酸辣湯麺に決定です。
嫁は、嫁が大好物な担々麺をチョイス。

中国料理薫風飯店
酸辣湯麺(酸コショウ入り辛味そば) 970円

具の切り方が丁寧で、全体的な食感がとっても良いですね。
味付けも酸っぱすぎず、辛すぎず、誰が食べても美味しいと思えるバランスです。
麺は細縮れで、茹で具合が良く、麺自体の味も好みでした♪(^^)

中国料理薫風飯店
担々麺(ゴマ味噌入り辛味そば) 970円

この担々麺がまた美味しい!(^^)
辛さも丁度良く、胡麻の使い方も好み♪
どちらの麺料理も絶妙なバランスで、他の料理も味わってみたくなるほど素晴らしいです。

これを書いている時にネット検索して解ったんですが、なんとこのお店のシェフは、料理の鉄人に出演していた陳建一さんのお弟子さんだったんですねぇ。
なるほど、美味しいわけです(o^_^o)
陳建一さんの愛弟子といえば、梨花も大好き♪
両店共に、美味しくて接客が良くて、陳建一さんはテレビでしか拝見したことが無いのですが、きっと人柄が良いんでしょうね。

次回守谷に来て中華料理が食べたくなったら、またこのお店に入ろうと思います。

ちなみに、「多汗症なのでアツアツのラーメンは避けなければ…」と思っていたのに、結局辛熱のラーメンをスープまで全部飲んでしまい、いつも通りビショビショになってしまったという、学習能力が低いワタクシでございました。
でも、モーレツに美味しかったので幸せ♪ (≧∇≦)

ご馳走様でしたm(__)m

≫中国料理薫風飯店のデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL