富士宮やきそばを食べ比べる会-私の料理編

富士宮やきそばを食べ比べる会なのに、本題になかなか入らない。
いや、入らないんじゃなくて入れない。
実は『富士宮やきそばを食べ比べる会-差し入れ編』で紹介した食べ物の他に、まだ有るんです。皆さんからの差し入れ料理が。
でも私は台所に居たので、写真が撮れなかったわけ。
ま、私の料理といっても大したモンじゃ~ありませんけど(^^;

まず、お通しとして出しましたのはこちら。

ピータン
ピータン

料理じゃないね、これは(笑)
『小悪魔』を添えて、小悪魔の油部分を白髪ネギにかけてあります。
ピータン、苦手な人結構居ますよね。
私は好きです(o^_^o)

エビチリ - 小悪魔バージョン
エビチリ - 小悪魔バージョン

朝Big-Aで冷凍エビを購入したのですが、このエビが大失敗。
解凍したらプリッと感が無いんですよ(T∇T)
確かに安いけど、これはなぁ…

味付けは、ほぼ小悪魔使用です。
フライパンに油を入れ、小悪魔を熱して香りを出します(豆板醤同様)。
水、ケチャップ、醤油、スープの素、韓国産唐辛子、長ネギ等を入れ、いい感じの味になったら揚げたエビを投入。
水溶き片栗粉でトロミを出し、火を止めてから溶き玉子。
上に長ネギをパラッと。

すみません、ちゃんとしたエビを使ってリベンジさせて下さいm(__)m

豚骨風もつ煮込み
豚骨風もつ煮込み

さくらい』で予約しておいたモツを使い、いつもとは違ったもつ煮込みを作成。
「豚骨風」というのは、豚骨スープのトロトロ感を出したという意味です。
見た目、トロトロでしょ?
正体は豆乳です。
この豆乳はBig-Aの「のむ大豆」というもの(以前こちらの記事でご紹介しました)。
これがまたクセが無く、濃度も有っていいんですよ。
ラーメンを意識しているので、ナルトが入っています(笑)

これは賛否両論だったと思いますが、たまにはこういう変化球も面白いでしょ?
本当は最後にこれを使ったラーメンを予定していたのですが、途中で会の方向性に変化が有りまして、結局出さずに終了(;^_^A
このラーメンがまた美味しいんですよ、トロトロで。
機会が有りましたら、いつか作りたいと思います。

さて、ここでmeroさんからリクエストが有りました『小悪魔』の作り方をご紹介。
私の場合は「○○○大さじ2」という表示はしませんのでご了承下さい。
ヘビーユーザの方はお解りの通り、私が分量を載せないのは、使う材料によって出来上がりが変わるからです。
どうせ変わってしまうならば、最初から分量を載せなくても同じ。
その人ならではの味に仕上がるというのも面白い。
というか、そうする事によって新しい発見をし、良いものが出来上がると思っています。

小悪魔の材料
・豆板醤(安いものは荒く、種が入っているので×)
・コチュジャン
・ニンニク(擂ったもの)
・醤油
・砂糖
・油(九鬼太白純正胡麻油ならばそれだけ、安いものならサラダ油と半々)
・コショウ(無くても良)
・韓国産唐辛子(やまや等で売っています)
・エビ粉(中華用の乾燥エビをミルで細かくします。荒いと食感が悪くて×)

以上の材料をフライパンに入れ、弱火にかけます。
時々かき回して火を通し、たまに味を見て(熱いから注意)足りないものを足します。
香りが良くなったら出来上がり。
(基本はこの材料で良いと思いますが、私はたまに変えています)

小悪魔は色々なアレンジが可能です。
このまま野菜や焼肉に付けて食べるも良し。
炒め物に入れるも良し。
好きな人はご飯にのせて食べるも良し。
芝麻醤と混ぜてラーメンスープにすれば、香りの良い担々麺になります。
ラーメンを作って、小悪魔をトッピングしてもいい感じですね。
インスタントでも生麺でも、一瞬でゴージャスな味に変わります。
多分(笑)

簡単ですから、「やってみよっ♪」という人はどーぞ(^^)

≫富士宮やきそばを食べ比べる会-差し入れ編
≫富士宮やきそばを食べ比べる会-購入編