麺屋花形で闘魂ラーメンを食べよう♪

Filed under お気に入り, ラーメン, 柏市
Pocket

〝闘魂ラーメン〟というお店はご存じでしょうか。
この、いかにもヤンチャな、ちょっとおふざけをしちゃった感が強い名前のお店。
以前は増尾駅前で営業していましたが、今は有りません。
今は〝麺屋花形〟というちゃんとした名前で、新柏にて営業しています(ちゃんとって…)

〝闘魂ラーメン〟がちゃんとしていない名前かと言われますと、プロレスファンの私から言わせて頂けるならば、そりゃ~ちゃんとしていないと思いますよ(爆)
一般的ではないという意味で。
私は大好きですが。

その〝闘魂ラーメン〟の、当時の外観はこちら。

闘魂ラーメン

お店上部のテントが燃えたぎっております。
もう完全に猪木信者ですよ、店主の池澤さんは。

それから数年後、ちょっと落ち着いた頃のお店はこちら。

闘魂ラーメン

一部分だけ、まだ燃えております(笑)
でも、かなり落ち着きました。
上部のシートに〝闘魂ラーメン〟という文字が無かったら、印鑑屋さんと間違えられてしまうかも知れません(^^;

このような時期を経まして、〝麺屋花形〟に名前を変更して新柏に移転。
今や柏を代表する人気ラーメン店となり、ヴィジュアル的にも落ち着いた見栄えと言いますか、バランス的にまとまっていると言いますか、勿論良い意味ですけれど、そういうバランスの良いラーメンが提供されています。

しかし!

昔の熱烈な闘魂(闘魂ラーメンの略称)ファンの中には、店名は〝闘魂ラーメン〟の方がしっくり来るし、今の名前は何となく一般的で店主らしくないという考えも有るでしょう。
まぁ店主の池澤さんも、「そろそろ落ち着こうじゃありませんか」と思ったのかも知れません(^^)

しかし! しかし!!

当時のファンの中で、こう言いたい人も居るはず。
「当時の闘魂ラーメンを、再度食べてみたい!」
「醤油の尖ったあの闘魂ラーメンこそが池澤さんのラーメンだ!」
「オレの青春を返してくれ~~!」

麺屋花形
ごまそば

胡麻の香り深く、実にバランスの良い美味しいラーメンです。
美しい。
実に美しく、落ち着いた雰囲気を醸し出しております。
がっ!
「これは闘魂じゃない!」と思われる方もいらっしゃいましょうか。
そうです、これは麺屋花形なんだから、闘魂じゃなくて当たり前です(≧∀≦*)

でも、どうしても闘魂ラーメンが食べたいんだと。
オレは闘魂ラーメンが食べたくて食べたくて、夜も日も明けぬと。

そうですか。
よーく解りました。
私も同意見です。
実は我が家の人間は、全員同意見です(笑)

池澤さんにお願いしてみました。

闘魂ラーメン
復刻版 闘魂ラーメンきくらげ増し

やってくれましたぁ~~~ヾ(≧▽≦)ノ

多分ですね、現金でも受け付けてくれるはずですが、もしも不安でしたら入ってスタッフに聞いてみて下さい。
勿論忙しい時には受け付けてくれないと思いますけど、普通の混み方でしたらお願い出来ると思います。
「昔の闘魂ラーメンが食べたいです」と。

池澤さんも、「味をはっきりとは覚えていない」らしいんですよ(笑)
確かに池澤さんのラーメンはちょくちょく変わりましたし、漠然と「当時の」と言っても、いつの「当時」なのか解らないので、作る方も難しいわけですね。

私は、この時期の闘魂ラーメンが好きです↓

闘魂ラーメン

もうちょっと背脂の形が残っていてもいいかな~。
これよりも前ですと、海苔の代わりにワカメがトッピングされていまして。
でも私はこの時期が好き。
闘魂ラーメンを全部解説すると長くなるので簡単にしますと、醤油ダレがとても複雑に作られていまして、トッピングの〝ほうれん草のナムル〟がまた、凄く良い仕事をしてくれているんですよ。
この〝ほうれん草のナムル〟が有ると無いでは、かなり違った味わいになります。
でも、急にお願いして作れるはずが有りません。
だって今は、トッピングにほうれん草が無いんですから。

今度私、自宅で〝ほうれん草のナムル〟を作って持って行こうと思っています(笑)

とにもかくにも、闘魂ラーメンを食べることが出来ました。
池澤さんに感謝m(__)m
今回のラーメンが似ているか似ていないのかは別として、「闘魂ラーメンかぁ~、懐かしいなぁ~」と思った人は、是非それほど混まない平日に麺屋花形に行って、闘魂ラーメンを作ってもらって下さい。
そして、こちらにコメントを下さい。

闘魂ファンの皆様! 一緒に闘魂を語りましょう!! (≧∇≦)b

≫麺屋花形のデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL