武夷菜館千葉支店で魯肉飯

Filed under 中華・中国料理, 千葉市
Pocket

 

昨年のお話になりますが、美味しかったので書いておきますね。

千葉市に有りますワンズモールには以前、「ラーメン劇場」というラーメン店の集合施設が有りまして、各地から色々なお店が出店し、一箇所でたくさんのラーメンが楽しめるという、ラーメン好きには貴重な場所でした。
と同時に、「ラーメン」と「劇場」という言葉のマッチングがいまいちピンッと来なかったのも記憶しておりまして(笑)
ま、どんな名前にしろ、ずっと続いて欲しかったなぁという場所でしたね。

青山さんと山西さんのコラボ店はとても勉強になりましたし、ひがしが再開した時は懐かしくて懐かしくて。
Bee Hiveで初めて食べた時は、それはそれは感動しました。
モーレツに美味しくて、あのラーメンが食べられるならば2000円出してもいいと思いましたもの。

そんな楽しい施設が有ったワンズモールのあの場所が、今はどうなっているのだろうかと。
そんな事がちょっと気になりまして、訪問してみたんです。
「丼劇場(丼物の集合施設)みたいな、食べ物の集合体になっていないかな~」なんてことを期待しましたが、あっさりと裏切られました(笑)
ラーメンは、もうブームが過ぎたということなんでじょうかねぇ。

それはさておき、昼になって「何か食べなきゃ」ってことになり、探してみるも、イオンなんかもそうですけど、こういうお店の集合施設ってあまり飲食店が入っていないんですよね。
有るには有りますが、思ったほど店舗数が有りません。
特に、我が家が入ってみたいと思うお店って無いんですよねぇ(+_+)
スパゲッティやハンバーガーは食べませんし、ラーメンもチェーン店しか無く、定食屋もたこやきも我が家の範囲外。

唯一中国料理のお店が有りまして、そこには「魯肉飯」の文字が…

武夷菜館千葉支店

魯肉飯、私は大好物ですよ、大滝さん(^^)

吸い寄せられるように入店(笑)
意外にも、混んでいないんですよ。
席もゆったりしていて、良い感じにリラックスして食事が出来そうです。

武夷菜館千葉支店
エビチャーハン 800円(全て税別)

嫁はこういう中華・中国料理系に連れて行くと、迷い過ぎて困るんだそうです。
「あれも食いたい これも食いたい」と、東海林さだおさんみたいになっちゃうらしい。
解りますねぇ。
チャーハンにすれば「ラーメンも良かった」と思うし、ラーメンにすれば「かたやきそばも良かった」と思う。
結局、食い意地が張っているだけなんですけどね(^-^;

武夷菜館千葉支店
魯肉飯 650円(1日20食限定)

このメニューを発見した時、まず値段に痺れてしまったんです。
800円~900円のメニューが並ぶ中、この魯肉飯だけが700円以下。
それも、20食限定だと言うじゃありませんか。
迷うこと無く、これに決定です。

武夷菜館千葉支店

一見乱雑な盛り付けにも見えるんですけど、私的には此の位の方がいいんですよ。
台湾屋台で食べているような、ちょっと素朴で家庭的な感じがいいです。

食べ方としましては、もうお肉(ホロホロ)も何もかもスプーンで砕き、ごちゃ混ぜにして食べます。
あ、食べ方は自由ですが、それが私流。
育ちが悪いのも正解だけど、それが一番美味しい食べ方だと思っているからです。

味付けが丁度いい(o^_^o)
五香粉の香りがスーッと鼻から抜けて行き、これがまた食欲をそそりますね。
あっという間に完食。
また家でも作りたくなりました。
このお店を選択して良かった~(≧∀≦*)

食べ終わったかそうでないかというタイミングでお盆を下げに来るのは、どのお店も同じでした(笑)

ご馳走様でしたm(__)m

【武夷菜館千葉支店(ぶいさいかん)】
住所 千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50 ワンズモール1F
電話 043-239-9868
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 ワンズモール駐車場を使用

≫武夷菜館千葉支店のデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL