おかあさんの詩の唐揚弁当はまだまだ最強

Filed under お弁当, お惣菜, お気に入り, 唐揚, 流山市
Pocket

 

この日は仕事で流山方面に行ったので、〝おかあさんの詩〟で昼食用のお弁当を買い、嫁の実家へ。
今月は私の両親とお義母さんの誕生日が重なる月でございまして、まずはお義母さんへのプレゼントと、最近散歩に行くのが寒くて辛いと言っているお義父さんへの暖かいジャケットを渡しに行ったというわけです。
嫁には弟妹も居るんだけど、誰かもうちょっと気にしてやってくれませんか(;^_^A

いつも〝おかあさんの詩〟でお弁当を購入する時は、お総菜も一緒に買って行くんですね。
そうすると夕食の用意をするお義母さんが楽になります。
たまにはそういう日も無いと、疲れちゃいますもんねぇ。

お義父さんはまだお肉が食べられるので、焼肉弁当を。
お義母さんは好き嫌いが無いので幕の内ですが、普通の幕の内は昔ねくさんが失敗しているので、デラックス幕の内をチョイス(笑)

そして海老・蟹好きの嫁にはこちら。

おかあさんの詩
エビフライ弁当 520円

いや~エビフライが三本も入ってこのお値段ですよ。

私のお弁当は、何かの一つ覚えのように、こちら。

おかあさんの詩
唐揚弁当450円+大盛50円

継続は力なり(そうかな?)

今日だけなのか、ちょっと前からそうなったのかは解りませんが、若干唐揚のボリュームと、ご飯大盛のボリュームが寂しくなったような気が…(涙)
よく「ビールの大瓶が中瓶に見えたらアル中」なんてことを言いますよね。
もしかすると私は「唐中(唐揚中毒)」なのかも知れません(笑)

え?
もう知ってました??(^-^;
こんなに唐揚ばかり食べていれば、そう思われますよねぇ。

今日の唐揚は(私的には)大当りではないけれど、相変わらずジューシーで美味しく頂きました。

ご馳走様でしたm(__)m

【おかあさんの詩 東口店】
住所  千葉県流山市江戸川台東2-5-8
電話  04-7153-5011
時間 昼~夜まで
定休日 基本的に無休(臨時休業有り)
駐車場 無し

≫おかあさんの詩のデータはこちら

 

いつか「おかあさんの詩の唐揚弁当の違い」のようなお話をしました。
同じお弁当屋さんから買っても、その日によってブレが有るんです。
味の濃さ、揚げ加減、スパイス感の三点において。

今回は「味普通・揚げ加減若干硬め・スパイス感弱め」でした。
私が好きなのは「味濃いめ・揚げ加減軟らかめ・スパイス感強め」です。
その日の肉質にもよるのでしょうか、味がまだ鶏肉に染みていない、まだ若い時が有るんですね。
味が薄い時はスパイス感も弱めなので、きっといつも同じ配分で味付けをしていて、漬け込み時間だけが違うんだと思います。
で、揚げ加減も毎回違うと(笑)

ねくさんからこのお店を紹介して頂き、もう十年以上経ちます(多分十二~三年)。
十年って、結構な年月ですよね。
十年通ったら、そろそろ常連と言ってもいいかな~まだかな~っていう頃かと思います。
その間、嫁のおかずをちょっと貰って食べることが有ったとしても、私が注文するのはいつも唐揚弁当。
そしてご飯大盛。
面白いもので、「唐揚弁当」と言った後、必ず「大盛」が付いてしまうんですね。
もうこれ、条件反射ですよ。

「唐揚弁当」→「大盛」→「(^¬^) よだれ~」(笑)

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL