アラビヤン焼そばUFO化計画

Filed under お気に入り, カップ麺・袋麺, ネタ, 焼そば
Pocket

 

前回は、「アラビヤン焼そばの正しい作り方」というお話でございました。
今回は「ドナルド唇は可愛い」についてお話をしたいと思います。
これを語り出したら長いので止めます。

こちらのブログを見て頂いて、実際にアラビヤン焼そばを作ってみたという皆様。
アラビヤン焼そばは、無事に飛びましたでしょうか。
そして美味しく囓りましたでしょうか。
そうですか。
飛んだ方も居れば、飛ばない方もいらっしゃったようで。

専門的なことは良く解らない私でございますが、多分このアラビヤン焼そばはですね、他の袋入り焼そばよりも、粘り強いのではないかと思うわけですね。
その粘り気が麺の接着剤となり、ある一定の時間そのままにしておくと固まると。
これも予想なのですが、UFOにならなかった方は、粘り気をあまり出ないような作り方をされているのではないでしょうか。
というか、別にUFOになったからといって余計美味しくなるとか、写真撮って送ればサンヨー食品株式会社から記念品が貰えるなんてことは一切有りませんので、無理して頑張る必要はないと思います。
でも実際に持ち上げた時にUFOになったら、ちょっとだけ感動するとは思いますけど(^^)

どうしてもUFO体験をしたいという方に、UFOに遭遇しやすくなる作り方を書いておきますね。

フライパンにお水を入れたら、すぐに麺を入れます。
こうするとお水に麺の粘り気が充分に出て、最終的に固まりやすくなります。
最初に入れるお水を多くして、茹でる時間をちょっと長くするのもひとつの手ですね。
水分が無くなって来た時に、麺の表面がネバネバしているとテンションが上がります(笑)

ソースを入れたら、水分を飛ばすということも大切ですね。
カップ麺もそうなんですけど、完成した時にソースが下部にベチャベチャと残っているのは、焼そばとして頂けません。
きちんと焼くことが大切です。

そして、出来上がったらすぐ食べない。
作ったばかりというのは結束力がまだ完全では無いので、他のメーカー品よりは粘りが有りますが、まだ完璧ではありません。
これは「放置」ではなく「熟成」です。
熟成させることによって麺の結束力を強め、よりUFOに近付けると。
この作業は単純なようで難しいんですね。
熟成させ過ぎると囓る時に辛くなり、冷め切って美味しくないです。
熟成を面倒くさがると、UFOにはなりません。
抜群のタイミングでストップしなければならないという、長年の経験に基づく高度な技術が必要となります。

では、本日のUFOをご覧下さい。

アラビヤン焼そばのUFO化計画

あ、間違えました。
これは我が家の担々麺でした(^^;

担々麺、モーレツに食べたくなる日が有りますね。
どうしても我慢出来なくなった時は、サンダル引っかけて近所のラーメン店に行き、担々麺を注文します。
何だか妙にあっさりした担々麺で、納得いかない時も有りますでしょ。
あれって、まず胡麻の濃度が足りないことが多いんですね。

あと、辛いだけでスープに奥行きが感じられない時が有ります。
あれも頂けませんよねぇ。
ラー油入れれば担々麺になるっていうモンでも有りませんので、もうちょっと頑張って頂きたいなぁと。

おや、いつから担々麺のお話になったんでしょうか。

では、本当のUFOを。

アラビヤン焼そばのUFO化計画

ここまで飛んだら、もうプロといって良いと思いますよ(何のプロ?)。

本日も、メチャメチャ美味しく頂きました。

ご馳走様でしたm(__)m

≫アラビヤン焼そばのデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL