麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

Filed under カップ麺・袋麺
Pocket

 

先日の〝のぶちゃん宅急便〟の中に、こういうものが入っていました。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん
麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

年に一度の限定発売(毎年1月末頃発売開始)を始めてから、もう8年になるそうです。
私がこの前食べたのは、2013年でした。
当時は「辛い」というだけで、「旨味」という点で評価が一気に落ちましたが、今年はどうなっているのでしょうか。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

まずは、開けてみます。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

「かやく入スープの素」、「液体スープ」、「後入れ粉末スープ」が入っていました。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

麺は、弾力のあるノンフライ太めんを使用。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

「かやく入スープの素」だけを入れて、お湯を注ぎます。
熱湯4分。
この時点で既に粉末が赤く、これから2袋分も辛い袋を投入することを考えると、武者震いします(笑)

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

4分経って、「液体スープ」投入。
赤い彗星がやって来ました。

「もうこれで良くない?」と言いたくなるほど真っ赤です。
この上に、更に「後入れ粉末スープ」を盛ります。

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
これ、食べちゃダメなやつじゃない??

ただでさえ〝オコチャマ舌〟の私。
CoCo壱4辛で「シーハーシーハー」しているのに、こんなに赤い食べ物が口に入ったら、どんな息遣いになってしまうんでしょう。

赤木晴子「辛いラーメンはお好きですか?」
ワタクシ「嫌いです、オコチャマ舌ですから!」

とりあえず、口に入れてみます。
勿論啜りません。
「啜ったら、そこで試合終了ですよ」

おや??
以前食べた時の「辛いだけじゃんか」的なスープではなく、ちゃんと魚出汁を感じます。
奥行きが有るので、モーレツな辛さが刺すという感覚が有りません。
辛いというより、甘いかも?

いやいやいやいや、やっぱり辛いや(爆)

辛いですけど、これ、意外と美味しいですよ。
1/3程度食べてところで、顔から汗が噴き出します。
顔が赤くなり、目が充血してきます。
何度も「この辺で止めようかな」と思いますが、体の動きが止まりません。

「おう、オレは三井。あきらめの悪い男…」

麺、完食。
スープ残(+_+)

この日は休肝日だったので、嫁にはスパゲッティを作りました。
ラストちょっとでお腹一杯になったというので、私が食べることにしました。
何か違うものを口に入れて、少しでも辛さから開放されれば…との思いが有ったからです。

しかし…

麺処井の庄監修辛辛魚らーめん

いったいどうしたことでしょう。
無意識のうちに、嫁が残したスパゲッティを辛辛魚の容器に入れていました。
あまりの辛さに、気が変になってしまったのでしょうか。

いえ、やっぱりこのスープ、改良されて飲みやすくなっていますよ(辛魚粉のバランスを改良したらしいです)。
「旨い」と言って良いのではないでしょうか。
スープが余ったら、ご飯にかけても美味しいと思いますし、それを鍋に移して火に掛け、卵を落としてもイケると思います。

今年の辛辛魚は、ひと味違うぜ♪ (≧∇≦)b

≫麺処井の庄監修辛辛魚らーめん(2016年バージョン)のデータはこちら

関連した記事を読む:

Pocket

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL