発売10周年!今年も辛辛魚は美味しかった!!

辛辛魚の今年のパッケージ

発売依頼、抜群の人気を誇る、寿がきやの辛辛魚。
のぶちゃんから「もう売ってますよ~」とお知らせ頂き、早速購入してきました。

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

発売10周年記念バージョン

今年は発売10周年ということで、辛さもアップしているようです。
このままいったら、20周年、30周年はどんな辛さになるのでしょうか。
その頃には私、生きていないと思いますが、天国から皆さんの辛そうな、そして旨そうなお顔を拝見したいと思います。

そうなんです、この辛辛魚というカップ麺、辛いだけでなく美味しいんですよ。
私はオコチャマ舌で辛いものが苦手なわけですけれど、この辛さは大丈夫なんです。
いや、大丈夫というのは言い過ぎでした。
「辛いけれども美味しく食べられる」というのが正解ですm(__)m

チャレンジ開始!

食べ物を食べるのに「チャレンジ」というのもどうかと思いますが(^_^;

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

中は、こんな感じの内容になっています。
・液体スープ
・かやく入スープの素
・後入れ粉末スープ(これが辛いんだろうなぁ)

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

まず「かやく入スープの素」だけを入れて、お湯を注ぎます。

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

「液体スープ」を容器の上にのせて、麺が出来上がるまで4分間待ちます。

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

4分後。
もうこの時点で赤っぽくなっていますね(^^;

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

「液体スープ」を入れました。
辛いものが苦手な私は、この段階で食べてしまいたい(笑)

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

「後入れ粉末スープ」を入れました。
「入れた」というより「盛り付けた」という感じですね。
ほとんどの商品のパッケージは、若干(もしくは強めに)誇張されているのが普通です。
勿論「その方が売れるから」なんですが、この辛辛魚の場合は、あまり誇張されていないように感じます。
元々激辛な商品ですから、誇張すると逆にお客さんが減るのかも(笑)

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

スープをまんべんなく混ぜました。
普通はこの色を見ただけで、「うひゃ~~(+_+)」って感じですよね。
でもこの辛辛魚、もう何回も食べているせいか、「おぉ~(^O^)」という期待感の方が強いんです。

世に出ている激辛商品に有りがちなのが「ただ辛い」という味付けで、どう考えても「旨い」ではなく「痛い」という刺激しか感じないんですよ。
辛さに慣れている、激辛大好きな人達にはそう感じなくても、私のようなオコチャマ舌や一般的な辛さ以上のものはあまり食べない人達にとっては、とても美味しく頂ける味ではないんです。

しかしこの辛辛魚は、出汁が強く利いているせいか、「痛い」より「旨い」なんですよね。
このバランスは絶妙で、本当に良く考えられた商品だなぁと、毎回惚れ惚れしながら食べています。
こうなりますと「是非、本物が食べてみたい!」ということになりますね。
“麺処 井の庄”は練馬区に有るということで、宿題とさせて頂きたいと思います。

B食隊-発売10周年 辛辛魚 2018

いつもこういう画像は載せないんですけど、今回はあまりにも美味しかったので。
麺が無くなりそうになったところで、ライスを入れます。
これ、何年前からやり始めたのか忘れてしまいましたが、結構美味しいです。
麺じゃなく、最初っからこういうおじやが出てきても嬉しいと思います(o^_^o)

さて今回は、「辛いのが苦手な私でも美味しく食べられる激辛カップ麺 辛辛魚」のご紹介でした。
来年も楽しみにしています(≧∇≦)b

美味しいものは作ってみたくなる性癖のワタクシ。
翌日の昼食は、こちらでございました。

B食隊-家ラー-我が家の食卓-辛辛魚風タンメン

辛辛魚風タンメンです。
味は似せて作りました。
えぇ、激辛旨でございました♪