【ヌードルメーカー】ヌードルメーカーで玉子入うどんを打つ

2018年6月12日

ヌードルメーカーを購入してから放置状態。
やっとここへきて時間が取れるようになってきましたので、ここは集中的に打たなければ!
と、気合が空回りしているような今日このごろです(^-^;

ということで、今回は玉子を入れた太いうどんを作ります。

玉子麺を強力粉で

ヌードルメーカーのレシピですと、
・ うどん粉(中力粉)  500g
・ 冷水 180cc
・ 塩  4g
ということになります。

ここの「冷水 180cc」を「玉子1個と冷水で180cc」にしました。
そして、「中力粉」を「強力粉」に変更。
一度に何箇所も変更するのはダメというのが持論なのですが、ここまで色々と麺打ちのテストをして参りますと、だいたいのことは想像が付きますので、特別に今回は2箇所を変えてみます。

打った麺はこちら。

B食隊-ヌードルメーカー-玉子麺

太めちゃんにしました。
いきなりつなぎに玉子を入れ、中力粉を強力粉に変更しましたから、細麺にして製麺機が壊れたら嫌なのでね。
えぇ、生まれつき小心者なんですよ(^^;

玉子麺を実食

まず、レシピだと中力粉で9分茹で(冷たくして食べる場合)です。
今回強力粉を使用した分、茹で時間を多めに設定しなければなりませんので、12分にしました。

茹で上がったのがこちら。

B食隊-ヌードルメーカー-玉子麺

表面がザラザラしています。
食べた感じは…
硬い(+_+)
「おやっさん、麺カタね~」っていう硬さではなくて、生麺ですから、茹だっているんだけど硬すぎるという感じです。
200gも食べたら顎がガクガクしますよ、こりゃ(笑)

では3分延長して、15分茹でたらどうでしょうか。

B食隊-ヌードルメーカー-玉子麺

あ、ちょっとだけ表面のザラザラ感がなくなった印象です(本当にちょっとだけ)。
やはり力ずくで麺を押し出しますから、相当小麦粉に無理をさせているという感じでしょうか。
食感は先程よりは良く、この方が味も良く感じました。
もう少し加水率上げてもいいかも?

この程度の硬さでしたら、「つけ麺専門店」の硬さと一緒な感じがしますね。
今日はそうめんを食べる時のつけ汁で食べていますから、マッチングとしてはイマイチですけど、つけ汁を「濃厚魚介豚骨」に変更したら、結構美味しく頂けるのではないかと思います。
やっぱり「寝かせ」は必要な気がするなぁ(;^_^A

この麺を(打ってから)2日寝かせて、焼きうどんにして食べてみました(この場合は「寝かせて」ではなく「保存して」が正解ですね)。

B食隊-ヌードルメーカー-玉子麺

おっと、もちもちして美味しい♪
これは日本人の好きな焼きうどんだと思いますよ。

今回は2日間保存したんですが、やっぱり麺帯が出来ていない状態で「切り」に移行していますから、正式な製法で作った麺とは全く違うと思います。
しかし!
私はこういう性格なので、「この製麺機を使って自分の好きな麺に近付ける!」ということを目標にし、そこに向かって突っ走りたいと思います(あっ、走るの苦手だっけ)。

この“フィリップス ヌードルメーカー”が壊れるまでやります。
壊れたらもう1台買いません(笑)
2台まで買うと、家族からクレームが来そうですから(^^ゞ
壊れたら、スッパリとやめますm(_ _)m

これって、やっぱり自分で捏ねて寝かせたものを切ると、製麺機の方が負けて壊れちゃうのかなぁ…
最終的には、そこにも挑戦したいですね。

では、また来週(かどうかは分かりませんけど)。

(^o^)/~~~