【ラーメン】極上煮干し鶏そばやまだ邸で濃厚鶏白湯そば

2018年6月13日

昨年UQさんにお会いした時に、「煮干ラーメンのお店が三咲に出来ましたよ」と名刺を頂きました。
それから何度も足を運んでみましたが、毎回行列(^^;
「行列しているんだから、食べる前に閉店するわけないよね?」っていう、私のいつもの甘い考えで、暫く様子を見ておりました。

この日は午前中に会議が有りまして、出る時間が遅くなり、それでも一か八かで来訪。
12時30分頃に到着しました。
が、…

あれ? 行列が出来ていない??(ラッキー♪)

初訪問

駐車場に車を停めて、入り口に並んでいるメニューを見ながらお願いする品を決定し、念願の初入店でございます  \(^o^)/

B食隊-極上煮干し鶏そばやまだ邸

行列が出来ていないだけでなく、日曜日のお昼時なのに店内は空いています。
私は生まれつきラッキーなことなんか無い人生だったのに、この歳になって、ついにラッキーな瞬間に出会えたということでしょうか!
やったー! ヽ(=´▽`=)ノ

券売機で食券を購入し、席に座ります。
すると美しいスタッフさんが食券を取りに来て、詳しく注文を聞いてくれました。
とっても親切です(^^)
こういう接客をして頂くと、期待しちゃうんですよね~♪

え?
いや、期待するのはラーメンですよ(当たり前だ)。

濃厚煮干し中華そば

B食隊-極上煮干し鶏そばやまだ邸

まずは、嫁が注文した「濃厚煮干し中華そば 750円」が到着しました。
入店した時に思ったんですが、煮干を売りにしているお店にしては煮干臭が少ないでしょうか。
ラーメンが到着しても、煮干の香りは控えめです。
このお店は「煮干そば」であり「鶏そば」のお店なので、どちらも活かすようなバランスに仕上げてあるんでしょうね、きっと。

ひとくち頂いてみました。
元々とろみが付くほど濃いスープに、煮干が混ざったような、どちらかといえば煮干以外の方が突き出たバランスです。
これは若い人が喜びそうなスープですねぇ。
トロトロですよ~(o^_^o)

逆に、私の大好きな「煮干中華ソバイチカワ」さんや、「中華そばまるき」さんのラーメンを思い浮かべると、印象は違います。
“グルメラーメン”には違いないのですが、バランスを優先した作りとなっていますね。
麺は煮干ラーメンによく使われる、低加水のもの。
もう少し茹で加減が固めの方が、このスープに合うのかも知れません。

濃厚鶏白湯そば(塩)

次に私が注文した「濃厚鶏白湯そば(塩) 750円」が到着。

B食隊-極上煮干し鶏そばやまだ邸

もしかすると基本のスープはこの鶏白湯で、干し中華そばは鶏白湯+煮干粉なのかも知れません。だから店内に煮干臭が少ないのかも?
そしてこの鶏白湯、使っているのは動物系だけなんでしょうか。
なんとなく違うものの味も感じるのですが、適当なことを言ってはいけませんので、無かったことにしてください(^^;

鶏白湯の方は丁度よい塩加減でしたが、逆に煮干し中華そばの方はかなり塩っぱかったので、次回来る時は「味薄め」の方が良いと感じました。
歳をとるとダメですね~、あまり塩っぱいと食べられなくって(^o^;)

最近どうして鶏白湯スープを自作しないかというと、歳のせいで、途中で飽きてきちゃうんですよね、ずっと鶏白湯だけだと (;^_^A
しかしこのお店は親切にも、テーブルに調味料がたくさん用意されています。
私はその中から「煮干し粉末」をチョイス。
あら、私のテーブルのはカラでしたので、隣のテーブルから拝借します。
私が自分で煮干粉を使う時の印象は「効果が薄い」というものですけど、やはりこちらの煮干粉も同じで、大きな変化は有りません。

次にラー油ベースの「自家製辛味」というものを入れると、美味しい♪♪
方向的には麺屋花形の「闘魂だれ」ですが、ここならではの配合をされているようです。
味の変化を楽しむには、一番の調味料ですね。
トッピングの方で言いますと、穂先メンマはとっても柔らかい感じの作りでした。
スープがトロトロですから、もう少し食感を感じられる穂先メンマの方が合うかも知れません。

選べるご飯もの(チャーシュー丼)

最後に「選べるご飯もの(チャーシュー丼) 200円」が到着です。

B食隊-極上煮干し鶏そばやまだ邸

グルメラーメン系のお店らしく、全体的に作り方が美しいです。
雑な部分は、これっぽっちも有りません。
そしてこのチャーシュー丼が200円なんて、お得過ぎます。
味付けも好みでした。

ラーメンのチャーシューなんですが、ここもグルメラーメン系のお店らしく、低温調理のお肉が2種類トッピングされていました。
豚のチャーシューは実に丁寧に作られていてスープにも合っていましたが、胸肉の方は完全にスープに負けていて残念です。
濃厚鶏白湯で持っていくならば、私はこのチャーシューは要らないでしょうかね。
無くても、充分に750円のラーメンとして成り立っていますので。

この場所は昔、「」という担々麺を売りにしたお店だったんですよね。
この界隈だと他に入りたいお店がないので、よくお世話になりました。

B食隊-壱鉄や
当時の壱鉄や。

B食隊-壱鉄や
壱鉄やの担々麺(あの頃は小さなサイズで写真を撮っていました。懐かしいなぁ)。

B食隊-壱鉄や
当時のつけめん。
普通に美味しく頂いておりました。

で、それからお店がどうなったのかが分からなかったんですよ。
壱鉄やが続いているのかと思ったら、いつの間にか別のお店になっていたという感じで。
ググってみました。
すると…

「ちょディーなスポッと」kouheiさんのページを拝見すると、一度「こだわりらーめん壱鉄や」としてリニューアルオープンし、建物をそのまま「極上煮干し鶏そばやまだ邸」に変更したらしいです。
kouheiさんのページを拝見しなかったら、事の成り行きが分かりませんでした。
さすがkouheiさんです~ (≧∇≦)b

となると、前の「壱鉄や」も、母体が伊藤忠グループのユニバーサルフード株式会社っていうことになるのかしら?
チェーンっぽい造りでしたけど、本当に資本系だったんですねぇ。

ご馳走様でしたm(__)m

【極上煮干し鶏そばやまだ邸】
住所 千葉県船橋市二和東5-62-3
電話 050-5593-0935
時間 11時~15時・17時~22時(土日祝は通し営業)
定休日 不定休
駐車場 有り