ホッピーのなかの量を考える

Filed under ホッピー
Pocket

ホッピーのお話が出ましたので、ここでホッピーの「なか(焼酎)」の量についてまとめてみたいと思います(笑)

なかの量といえば、『千住ホルモン』を出さないといけませんでしょうか。

千住ホルモンのホッピー

千住ホルモンのホッピー

こんな感じで、なかは氷を入れた状態で半分強。
「ホッピーは3冷が基本だから氷は邪道」という方もいらっしゃるかと思いますけど、今回はそこを考えない事としてお願いします。
私的には「氷で薄まる前に飲めば良い」という考え方で、それよりも全体がぬるくなる事の方が恐怖なのでございます(恐怖って…)。

ちなみに、「ピーホツブルダー(ホッピーなかダブル)」はこちら。

千住ホルモンのホッピー

千住ホルモンのホッピー

ほとんどホッピーが入りません(笑)
シューテン割」で飲むには最適だと思います(^^)

最近ではジョッキが少し小さくなったものの、これだけ入っていれば有り難いです。

千住ホルモンのホッピー

写真は『焼肉食堂むらた』のホッピー。

しかし、呑兵衛というのはどうしてこういうコトにこだわるのでしょうか。
ま、我々からすれば当たり前のこだわりなんですけどね(;^_^A

≫千住ホルモンのデータはこちら
≫焼肉食堂むらたのデータはこちら

こちらのお店も登場願いましょう。

一源のホッピー

新松戸の一源です。
なかの量はジョッキ半分程度の位置なので、我々がいうところの「基本の量」ということになりますね。

じゃあ、一源でダブルをお願いするとどうなるか。

一源のホッピー

素晴らしい! ~(≧∇≦)/

最近の状況は解りませんけど、以前「トリプルでお願いします」と言ったら、この他に「入り切れなかったので…」と、別のコップに入れて持ってきてくれたことが有ります(最近内装を変更してからは同じかどうか解りません)。

一源は神!(笑)

≫一源新松戸店のデータはこちら

なかの量としては『柏二丁目酒場』も頑張っていると思います。

柏二丁目酒場

≫柏二丁目酒場のデータはこちら

なか(焼酎)の量を計量していないお店が多く、人によって変わってしまうという部分が有り、この辺は改良して頂きたい気持ち半分、そのままでいい気持ち半分なんです。
何故ならば、異常に多い時が有るから(爆)

でも極端に少ない時も有りますから、プラマイゼロなんですけどね。
少なかった時に「すみませ~ん、これ少ないんですけど~」なんて言えませんでしょ。
特に私のような小心者は言えません。
店員さんに「なにおぅ?!」とか言われたら、そのまま逃げたくなりますもの。

ですから、最初から多めに入れて下さい。

このように我々呑兵衛は、なかがジョッキ半分入っていれば「このお店は基本が出来ている」ということになり、半分以上入っていると「素晴らしい!」ということになって、あまりにも少ない場合は「うぅむ…」という評価になってしまうと。

ホッピーって、プリン体を心配することなく飲める素晴らしい飲み物なんだけど、何故か呑兵衛しか飲まないんですよね(笑)
その呑兵衛の気持ちを考えているお店ならば、なかの量を少なく設定するということは有り得ないんです。
多くて困るということは有りません。
小さいコップでも頂いて、そこに移してから割ればいいのです。

ですから、なかの量の多いお店は「呑兵衛の気持ちを理解しているお店。お客さんに気遣いが出来るお店」ということになり、なかの少ないお店は「そうでないお店」という評価になるわけです。
ここ、理論的にしっかりしていますよね?(^^;

ちなみに現在の価格は、ホッピーセットが410円前後、なかが210円前後というところが妥当な線だと思われます。
生ビールより安い!
プリン体ゼロ!
そして美味しい!!(^^)

ワタクシ、ホッピー推進委員会会長補佐(今決まりました)としましては、今後ホッピーを飲み続けると共に、これからは女性にもホッピーを勧めつつ、いつの日にか「ホッピーはオシャレな飲み物」と認知されるべく、精力的に活動していきたい所存でございます!

≫ホッピービバレッジ株式会社ホームページ

関連した記事を読む:

Pocket

2 Comments

  1. モツ村
    Posted 2009年8月3日 at 11:05 AM | Permalink

    たいちょ、早起きですねぇ!!ひょっとして、お年のせい・・・。いやいや、きっと徹夜仕事明けですよね。ホッピーは、ほんとにすごいビヴァレッジ(社名に従ってみました)です。ジャンル分けすると、和名は、麦酒様清涼飲料水ってことだそうですが、最近流行りのノンアルコールビールのルーツと言ってもいいかもしれないですね。若かりし頃、キツめのジョギングのあと、さすがにビールを受け付け難いときに、ホッピ~だけを飲んだのを思い出します。
    瓶ホッピ~も2種ありますが、たいちょのブログを読んだら、下町に点在する生ホッピ~を呑みたくなっちゃいました~~~~。

  2. Posted 2009年8月3日 at 6:28 PM | Permalink

    モツ村さん>
    > きっと徹夜仕事明けですよね。
    いえ、ジジイだからです(爆)
    > ホッピーは、ほんとにすごいビヴァレッジ
    その通りですね。
    モツ村さんがジョギングの後に飲んだのも解ります。
    ってか、そこは水じゃありませんか?(笑)
    > ノンアルコールビールのルーツと言ってもいいかもしれないですね。
    それも、「美味しい」が付きますね。
    ノンアルコールビール、なかなか気に入ったのが出なくて…(涙)
    > 下町に点在する生ホッピ~を呑みたくなっちゃいました~~。
    生はスッキリしていて美味しいですよね!
    ただ、濃さが一定(笑)

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL