簡単トマトグラタン

Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

シンプルなトマトのグラタンです。
別名「手抜き」とも言う(笑)

トマトの中身をくり抜き、種以外を細かく切ります。
「種は飲み物」ですからちゃんと飲むこと。
捨てちゃダメですよ~(^^)

ボールにくり抜いたトマト、しめじと玉ねぎのソテー、ほうれん草、鶏そぼろ、シーチキン…とにかく何でもいいから冷蔵庫に有るものをマヨネーズ・塩コショウで味付けをしてかき回す。
冷凍庫にホワイトソースが有ったら、それを使うと本格的です。
それを、先程中身をくり抜いたトマトに入れて、上にとろけるチーズをのせてオーブンへ。
途中でパセリのみじん切り(乾燥で良)をのせる。

チーズがとろけたら出来上がり。

簡単トマトグラタン

簡単トマトグラタン

「トマトは冷たいと食べられないけれど、温かいトマトはOK」という人も居ます。
そういう人には簡単で良いかも。

中身をカレー味にしても合いますね、laylaさん(^^)
その場合は、パセリと一緒に上からカレー粉を振り掛けると見た目もGOOD!
カレー味のホワイトソースもなかなかです♪

結婚記念日かなんかに、奥様に作ってあげたらいかがでしょうか。
スパークリングワイン・ロゼを添えて。

なんて言いながら、私は今宵もピーホツブルダー(爆)

関連した記事を読む:

Pocket

2 Comments

  1. とりがみの兄貴
    Posted 2009年10月16日 at 5:36 PM | Permalink

    ロゼ・ワインは、私が今最も注目しているお酒です。
    驚くべきはその守備範囲の広さ。
    フレンチ、イタリアンは言うに及ばず、洋食、印度、中華、韓国、そして和食とどれにでも合います。
    常温でも冷やしてもOK。

    これまで守備範囲の広さNo.1は、ピーホツと思ってましたが、ロゼ・ワインはその上を行ってます。
    ピーホツでフレンチ、イタリアンはちょっと厳しいけど、ロゼ・ワインでモツ煮込み、刺身は十分に行けます。

    やまやで千円前後ですんで、試してみる価値アリです。

  2. Posted 2009年10月18日 at 5:55 PM | Permalink

    とりがみの兄貴さん>
    > これまで守備範囲の広さNo.1は、ピーホツと思ってましたが、ロゼ・ワインはその上を行ってます。

    とりがみの兄貴さんが言うのですから間違い無いですね。
    ワタクシ、ワインは苦手(体に合わない)なのですが、ロゼは軽いということなので、早速試してみたいと思います。

    今まで飲んだのは1度か2度で、全く記憶に無いんですよ(^^;

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

Trackback URL