Category Archives: お気に入り

浅草寺~炙りやあんどん

0
Filed under お気に入り, お酒を楽しむお店, ふつーの日記, 昼飲み, 東京都
Pocket

今年は1月に不幸が有りまして、そういう関係で昨年からずぅ~っとバタバタしておりました。
あの、電話が鳴った時に「もしかしたら…」っていうの、精神的に良くないですね。
今でも電話が鳴るとドキドキします。

ということで、やっと初参りが出来ました。

浅草寺~炙りやあんどん

3月も半ばなのに、結構な人でした。
人気有りますねぇ(^^)

浅草寺~炙りやあんどん

閉めるお店が多いのも確かですが。

浅草寺~炙りやあんどん

朝から何も食べずに来ましたので、「鈴芳」で生ホッピーを頂きます。
2杯飲んで移動。

浅草寺~炙りやあんどん

スカイツリーと、う○このコラボ(マテ
このふたつが一度に拝見出来るというのが凄いです。

浅草寺~炙りやあんどん

せっかくですから、う○こを真下から。
うちの嫁、これが「泡」だと知らなかった様子。

スカイツリーも近そうだったので、散歩がてら寄ってみました。

浅草寺~炙りやあんどん

スカイツリー内で佐々木君にお土産を買うと、丁度夕食時間となりました。
「佐々木君って誰?」ですって?
あの、幻の料理人ですよ(笑)

浅草寺~炙りやあんどん

タイミングが良く聖子ちゃんが来ていまして、さくらちゃんに初対面!
いやぁ~、可愛いなぁ~~~(o^_^o)
どっちにも似ている時期ですね♪

浅草寺~炙りやあんどん

相変わらずキレイで美味しいお刺身!(≧∀≦*)
「のれそれ(穴子の稚魚)」が面白かった~♪

浅草寺~炙りやあんどん

この日はおでんも頂きました。
いろいろな出汁の味が素材に染みていて、美味しぃ~(^O^)

浅草寺~炙りやあんどん

お肉屋さんが自作しているそうなんですよ。
香り深く、お酒に良く合います。

浅草寺~炙りやあんどん

毎回書きますけど、このお店は何を頂いても美味しいです。
もう天才としか思えませんね、佐々木店主は(`・ω・´)

いや~、今回も美味しかった~。
昨年末は予定が合わなくて来れなかったから、その分今年は多く訪問したいです!

美味しゅうございましたm(__)m

【炙りや あんどん】
住所 東京都足立区千住3-68
電話 03-5284-7797
時間 17時~24時(祝日は23時まで)
定休日 日曜日(2016年より変更になりました)

≫炙りや あんどんのデータはこちら

Pocket

東池大勝軒おはこで豚バラ軟骨ラー麺

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 八千代市
Pocket

 

初中華は松戸のゆうえんでしたが、初ラーメンは「東池大勝軒おはこ八千代店」でした。
このお店、ももちちさんから教えて頂いてからすっかりファンになりまして、「山岸さんっぽい味」として楽しんでおります。

この日は寒かったことも有り、もりそばではなく中華そばの方をチョイス。

東池大勝軒おはこ八千代店

私はワンタン麺 950円。

東池大勝軒おはこ八千代店

嫁は豚バラ軟骨ラー麺 950円。

久しぶりなので、忘れておりました。
このお店は、普通でお願いすると麺320g有り、私は半分の160gでお願いしないといけないのでした(^^;

「うわ~、失敗した~、食べられるかなぁ」
なんて言いながら、結局完食。
美味しいものは食べられるんですよねぇ(o^_^o)

軟骨は、我が家の軟骨煮同様、トロットロのウマウマでございました♪

初ラーメンに相応しいこの一杯!

ご馳走様でございましたm(__)m

【東池大勝軒おはこ八千代店】
住所 千葉県八千代市大和田新田63-1
電話 047-458-1884
時間 11時~15時・18時~21時(金・土は22時~24時も営業)
定休日 月曜日
駐車場 建物に向かって右脇のコインパーキングで90分まで無料

≫東池大勝軒おはこ八千代店のデータはこちら

Pocket

よこ田で激安満腹ランチ!

0
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 八千代市, 寿司・回転寿司
Pocket

 

いきなりで恐縮ですが、最近回転寿司に足が向かなくなっておりまして…
あれだけの回数・年数通えば、確かに飽きてしまってもおかしくはないんですけど、そこは「課題として行かなければならない」と言い聞かせてこの歳まで食べ歩いて来たわけですから、持ち前のガッツで何とか乗り切れるはずなんですよね。
でも最近の気持ちの折れ方があまりにも強すぎて、「持ち前のガッツ」が負けてしまっている今日この頃なのでございますm(__)m

百円寿司はさることながら、ここんトコ、回転グルメ寿司の方も何となく行く気が無くなってしまったと言いますか、やっぱりチェーン店を避けてチョイスするのは相当難しく、たまに行きたいと思えるのは「うおまる」か、チェーンでは「もりいち松戸東口店」くらいでしょうか。
理由は色々有るんですけれど、やはりチェーンは店舗やスタッフによって仕上がりに違いが大きいのが一番の理由ですね。
引き金になったのは、お気に入りのチェーンに行った後に体調を悪くしたことなんですけど、そんなことが有るんだったら、いっそのことチェーンは我が家の選択肢から外してしまい、お寿司屋さんでお得なお店を探した方が良いと思ったんです。
さほど安くないお金を払って食べて体調を崩すなんて、おバカさんですもんね(^-^;

ということで今回行きましたのは、八千代。
八千代市というと、大きな道路が通っていて、大きな病院も有ったり、どちらかというと交通量が多い地域と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、このお店が有る場所は、とっても長閑な地域です。

よこ田

お店の前が駐車場なので、外観がちゃんと撮れずにすみませんm(__)m

写真を見て頂ければお解りの通り、良い意味で、飾り気の無いお店です。
入りやすい。
お寿司屋さんって、緊張しますでしょ?
私のような貧乏人は、メチャメチャ緊張するんですよ。
何かしらのルールみたいなものが有って、それ通りにしなければ叱られるんじゃないかとか。
ちょっと食べただけで全財産持って行かれるんじゃないかとか(笑)
そんなお店は実際に有りませんけど、そういう類の印象が有るじゃないですか。
だから「入りやすい」というのは、我が家のような者にとって、とっても重要だったりするんですよね。

実際に、入りました。
「こっちのカウンターにどうぞ」って言われました。
「いきなりお寿司屋さんのカウンターに?!」とビビるなかれ、こちらのカウンターがまた、座りやすい(笑)
椅子に良い材質を使っているとか、そういう意味の「座りやすい」じゃなくって、「入りやすい」と同じ方向性の「座れやすい」です。

初めてのお客でも、丁寧に接客してくれましてね。
大将も女将さんも、本当に良い人です。

我々はジムの帰りで腹ぺこだったので、今回は1.5人前のランチを頂くことにしました。

よこ田
ランチ1.5人前  800円(税込)

ランチの握りは、以下のような値段になっています。
1人前  500円
1.5人前  800円
2人前  1000円
全て税込価格です。

海老の良い香りがするお味噌汁が付いて、このお値段ですよ。
「B食価格」とでも言いましょうか、なんともステキなランチではございませんか(o^_^o)
それに、12貫とも、1握りがデカい!
ネタ(タネ)も美味しくて、厚切り!!

お隣に座っていらした常連さんにお話を伺いましたら、その方はバスで来ているそうで、ご近所さんではありませんでした。
その他の常連さん達も、全員遠くから来ているようなんですね。
そして隣の常連さんが、焼酎を飲みながら食べているのが「のうてん」でした。
脂乗りまくりで、テッカテカしています。
それに、盛りが良くて厚切り!!!
お値段も1000円と書いて有りました。
安すぎる~~~(≧∇≦)/

勿論毎日同じネタが有るわけではありませんが、機会が有ったら是非夜に来たいお店ですね。
ホワイトボードに書かれたメニューが美味しそうで、美味しそうで…
それも、こんなに安くて…
良いお店を見付けると毎回思うんですけど、近所に引っ越したいです(笑)

シャリの量も多いので、お腹パンパン(≧∀≦*)
1人前でもいい感じですね。
と言いつつ、また次も1.5人前お願いしちゃうんでしょうけど(意志が弱い)。

八千代に行ったら、また食べようっと♪

美味しゅうございましたm(__)m

【よこ田】
住所 千葉県八千代市保品1915-116
電話 047-488-3438
時間 11時30分~22時
定休日 月曜日
駐車場 有り

≫よこ田のデータはこちら

 

Pocket

大衆割烹大漁船の店名が一心水産八柱店に変更されました

0
Filed under お気に入り, お酒を楽しむお店, 松戸市
Pocket

一心水産八柱店

「久しぶりに、八柱に行ってみよっかな♪」
八柱と言えば、大漁船ではございませんか。

あれ?
大漁船が無い??
いや、でも見た感じはそのままです。
とりあえず入ってみると…

一心水産八柱店

あっ、お姉さんがいらっしゃる。
ということは、やっぱりそのまま?

一心水産八柱店

スタッフにお話を伺ってみると、今年の2月頃に店名を変えてリニューアルオープンしたらしい。
なるほど~。

一心水産八柱店

私としましては、大漁船が無くなってしまわなくて良かったという気持ちでイッパイです、はい。

一心水産八柱店

お魚料理も相変わらず安価で美味しいし♪

一心水産八柱店

店内は活気が有って、でもうるさすぎないし。

一心水産八柱店

大好きな焼きおにぎりもそのままだし♪

このまま末永く続く事を祈りまして、私は日本酒を浴びるように飲みたいと思います(笑)

ご馳走様でございましたm(__)m

≫一心水産八柱店のデータはこちら

Pocket

松戸南部市場にキリンキッチンオープン

0
Filed under お気に入り, カレー, ラーメン, 松戸市
Pocket

 

Humtonに行った時に「あ、ここに何か出来るんだね」なんて話をしていたら、もう開店していました(^^;

キリンキッチン

何とも清潔感溢れる外観ではありませんか。
ここの店主さんは家に小物を置いたりせず、テーブルの上にも何も置かずに、さっぱりと整理された部屋が好きな人なんでしょうね、きっと。
私もそういう部屋が好きです(^^)

想像はこの辺にしておいて。

このお店が開店していたのは、友達ののぶちゃんからメールで聞いたのですが、のぶちゃんがどこから情報を得たかというと、ゼータシゲッチさんのページだそうで。
ゼータシゲッチさん、情報早いなぁ(^-^;
考えたら私がHumtonに行ったのって、8月初旬だったんですねぇ。
もう2ヶ月以上前です。
時の経つのが早いわぁ(+_+)

ゼータシゲッチさんのページによりますと、こちらの店主は東池袋大勝軒系のお店に在籍していらっしゃったようで、そう聞くと今となってはお腹一杯に感じてしまうのですが、スープに海老や蟹を使っているとのこと。
それに、ミートソースまぜそばや、カレーやハヤシライスも有るようで、東池袋大勝軒から私の好きな方向に流れて行っているような気がして、早速家族3人で行ってみました。

キリンキッチン

まずはチャーシュー丼が到着。
こりゃ旨い!(≧∇≦)/
味の作り込み方が上手いと言いますか、こちらの店主さん、ちゃんと味見していらっしゃると思いました。
「何をバカなことを言ってるんだ、味見するのは当たり前だろう?」
そう仰る方が居るかも知れません。
いえいえ。
新メニューを出す時、ちゃんとした完成品を作って食べない人なんてザラに居ますし、日に1度もスープ味見をしないなんていう人も普通に居ます。
こちらの店主さん、きっちりした仕事をする人のようで、ラーメンにも期待が高まります(^^)

キリンキッチン

お次はカレーライス。
うわぁ~、こちらも凄く丁寧に仕込まれています。
自家製の漬物もシャレていますし、カレーも甘口に作られていますので、女性にも人気が出そうですね。

さて、最後はラーメンです。

キリンキッチン

東池と言われれば「あっ、なるほど」という味なんですが、言われなければ「お?」という感じ(良い意味です)。
これ、「東池系に居た」って言わない方が評価高くなるかも?(^-^;
実に完成度が高いスープで、ゼータシゲッチさんが仰るように、ちゃんと甲殻類の味が残っているところが凄いです。
チャーシューも丁寧に作られていますし、麺がまたスープにベストマッチですねぇ。
美味しい!

どれもこれもが良い材料を使って作られている為か、お値段としては高め。
ただ、「この値段を出してもいいからこの店のラーメンが食べたい」と思わせるだけのパワーは有ると、私は思います。
「○○○系」というよりは、このお店のオリジナルでいいと思いますねぇ。
なんかそういう流れみたいなものって、こちらのラーメンには要らない気がします。

唯一思ったのは、全体的に味が濃いことでしょうか。
特にチャーシュー丼は途中でしつこくなってくるので、ご飯の白い部分がもう少し残っていた方が好みだったかな~と思いました。
あっ、もうひとつ有りました(笑)
麺を持ち上げる時に、時々引っ掛かるんですね。
これは多分、麺の長さと、縦長の丼が関係しているんじゃないかな~と。
それか、麺をスープに入れた後で一度持ち上げると解消するんでしょうかね。
とってもオシャレな丼なので、私は好きなんですけど♪

豚軟骨のトッピングが有ったり、私の好きなものがたくさん有るお店なので、全種類制覇したいです。
残るは、ハヤシとミートソースまぜそば…
いや、私はそういう変化球よりも、このスープで塩ラーメンを頂きたいなぁ~なんていう期待をしていまして、「塩ラーメン出ました」なんて聞いたら、仕事放ったらかして行くと思います(マテ
そういうラーメン系の主力メンバーの充実に期待したいです。

こういう何かを期待させるようなお店、久しぶりではないでしょうか。
フロアのお父様も気さくで楽しいし、店内も非情に居心地が良い雰囲気ですので、繁盛間違いなしですね。
つけめんも出るようですが、次あたりに塩を…(しつこい)。

ご馳走様でございましたm(__)m

【キリンキッチン】
住所 千葉県松戸市松戸新田30 松戸南部市場内
電話 …
時間 9時~16時
定休日 水曜日
駐車場 松戸南部市場駐車場を使用

≫キリンキッチンのデータはこちら

 

Pocket

麺屋花形で新メニュー♪

0
Filed under お気に入り, ランチ・定食, ラーメン, 柏市
Pocket

「うちのお店、定食屋になるんですよ」
そんなジョークがご夫婦の口から出たのは、先月。
実はジョークじゃなくて、本当らしい。
いや、定食屋になるというのはジョークで、「定食を出す」というのが本当らしいのです。

これは問題発言かも知れないんですけど…
50歳を過ぎた頃から、「ラーメンを食べよう♪」という意欲が少しずつ減って来た自分に気付いたんですね。
ラーメンを食べると、どうも胃が重くなる。
背脂こってりのラーメンを想像すると、目がハートになるのは今でも変わりません。
ですが、その想像が実際に食べる所まで行くと、「その後の体調」が気になってお店に足が向きません。
「それが歳っていうことだよ」と皆に言われても、この悲しさたるや…(T_T)

でもですね、同じボリュームの定食ならばOKなんですよ。
何がどう違うのか、もしかしたらスープに入っている化学調味料のせいなのか、もしくは麺に入っているかん水等添加物のせいかも知れません。
そういうものに体が負けてしまうというのが、悲しいのですよ、オジサンは…

ということで、最近の食べ歩きは定食が多くなって来ました。
そこへ来て麺屋花形店主池澤さんの「定食屋」発言。
思わず「( ̄ー ̄)ニヤリ」としましたねぇ。
言わずとも解っていらっしゃる(いや、単なる偶然だと思いますよ)。

LINEで「出ました?」と送ると、「出てます」とのこと。
早速行って来ました。

麺屋花形

嫁はお気に入りの「ごまそば+味玉」。
私は勿論新メニューの「辛もつ煮込み」なんですけど、それがまた、「辛もつ煮込み」を使ったメニューがたくさん有るんです。

1.辛もつ煮単品(小)
2.辛もつ煮単品(大)
3.辛もつ煮定食
4.辛もつ味噌らぁ麺
5.辛もつのあいがけカレー

ざっと入口のメニューを拝見しただけで、5種類有ります。
実はホームページを見ると「らぁ麺辛モツ煮セット」なんていうのも有ったりして、何と6種類の選択肢が有るではござらぬか。
おっと、興奮して侍時代の言葉遣いになってしまいました(嘘)

どれにしようかな…

「らぁ麺辛モツ煮セット」というのも気になりますが、辛もつ煮単品・カレーにラーメンまで付きますから、食べきれるかどうか心配です。
やはりここは定食の王道を行く形を取り、「辛もつ煮定食800円」をお願いすることにしました。

麺屋花形

辛もつの上に、山に盛られた長ネギが美しいです。
隣のご飯の盛りが力強く、サブとして醤油味のワカメスープと大振りの沢庵が陣取り、素晴らしい見栄えではございませぬか(まだ言葉遣いが直っていません)。
余談になりますが、店主池澤さんはラーメンよりもご飯が好きな人です(笑)

そして、それ以上に好きなのがパンです(≧∀≦*)

ご飯好きな人が作る定食って、そうでない人の定食とちょっと違うんですよ。
これはお弁当にも言えることです。
ほら、ご飯好きな人はここで頷きましたでしょう?
見て解るし、食べたらもっと解る。

ご飯好きではない人が作った(考えた)定食って、ご飯が進まないんですよ。
例えば先日唐揚げ定食を食べたんですが、下味はちゃんと付いていないし、そうやって揚げた唐揚げに後で何かするわけでもない。
その何の味気も無い唐揚げを皿に盛って、マヨネーズ等のフォローも無し。
「このおかずで、どうやってこの量のご飯を食べたら良いのですか?」と聞きたくなってしまいます。

逆に、ご飯好きな人が作る定食は、食べ手がどういう順序でどうやって食べるかが予想されています。
「まずは汁ものを啜って喉を潤す。次にソースの半分かかったアジフライを一口行ってご飯大を一口。その工程を二度繰り返してから、しば漬けを一口行って、その塩分でご飯小を一口…」というように、作り手は食べ手が取るだろう行動パターンを頭に入れつつ、ご飯やおかずの量や味付けを考え、メニューを作るんですね。
ですから食べ手には、「これ、どうやって食べたらいいの?」という疑問が生じません。
自分の本能に任せて食べれば、気持ちよく箸が進みます。

麺屋花形の定食はどうか。
食べ歩きが好きな方達は、もう写真だけで判断が付いているかと思います。
「『辛もつ』と言うからには中途半端な辛さでは失礼だから、〝ちゃんと辛いけど激辛ではない〟というバランスにしたんですよ」と店主が言うように、ちゃんと辛いです。
一口頂いた時、「私のオコチャマ舌にはちょっと辛過ぎるかな?」と感じましたが、ご飯と一緒に頂くと丁度良い。
というか、ご飯がどんどん進んでしまう辛さなんですよね。
これぞ、ご飯好きの味付け!

サブのスープは「おっと、塩じゃなくて醤油なんですね?」と思ったら、これがまた辛もつに合います。
このスパイシーさに塩では合わないんですね。
沢庵の厚さも丁度良く、サブとして重要な役割を果たしています。

「たいちょ、生ニラ大丈夫ですか?」と池澤さん。
出して頂いたのは、刻んだ生ニラと玉ねぎでした(トッピングとしてメニューに有ります)。
「混ぜて食べるとまた美味しいですよ」
あっ、本当だ。
また違った道が開けた気がします。
「闘魂ダレもいいですよ」
あっ、これまた別の道が…
いったいこの定食、どれだけの楽しみ方が用意されているのでしょうかヾ(≧▽≦)ノ

それに800円というお値段。
このクオリティと量で満足度120%ですから、定食としては安いと言って良いのではないでしょうか。
ご飯は大盛券購入で大盛にも出来ますが、私は普通の量で満足でした。
元々他店の大盛の量有りますのでね(^^)
でも、後で思ったんですが、辛もつ煮の汁が少し残りますので、ご飯を大盛にして最後に…
もうここまで言ったら、ご飯好きの皆様はお解りでしょう。
そこに闘魂ダレを一杯追加して…
あ、ヤバい。
書いていて、ヨダレが出て来ました(笑)

辛もつのあいがけカレーもヤバいなぁ。
辛もつ味噌らぁ麺なんて、美味しくないはずが無いし。
「チャーシューカツ定食」なんて出来ちゃったら、毎週通っちゃうと思うなぁ(マテ

美味しゅうございましたm(__)m

【麺屋花形】
住所 千葉県柏市新柏4-10-5
電話 04-7115-4955
時間 11時~15時・17時30分~22時30分 / 日曜日は昼営業のみ(2016年4月より変更)
定休日 月曜日(祝日の場合は11時~15時まで営業)・日曜日の夜はお休み(2016年4月より変更)
駐車場 有り

Pocket

中華大島でカシミールカレー

0
Filed under お気に入り, カレー, ランチ・定食, ラーメン, 中華・中国料理, 柏市
Pocket

「中華のお店で、ボンベイのカシミール食べられるお店って知ってました?」
先日のぶちゃんからこういうメールを頂きまして、「え?カシミール?中華??」と目が点状態。
それも、旧道沿いに有るって言うじゃありませんか。
柏ボンベイが閉店すると聞いた時に、そんなに長く通ってはいない私ですら、悲しくなりましたもんねぇ。

私、ボンベイが復活しているのは知っていたのですが、開店するまでに、ネット販売が出来ると噂になったり、素性の解らない人がカシミールを提供していたり、開店してからも何となく親族が作っていないという所が気になって、そのうちに店舗が増えたり…
もうこれは個人の好みなので仕方ないと思って頂きたいのですが、私、どんなに好きなお店でも、店舗を増やした時点で急激に熱が冷めてしまうんです。
それと、やっぱり親族が後を継いでこそ、その価値が下がらずに続くという気がするんですよね(実際に先頭に立って作るという意味)。
本当にこれは個人の考え方なので、一生変えられないと思います。

ですから今のボンベイは、敷居が高いと言いますか、いや、ちょっと違いますか、先代の味の記憶をそのまま取っておきたいという気持ちが、一番強いのかも知れません。
店名が違ったならば、無問題だったんですけどねぇ…

で、早速中華大島に向かいました。

中華大島

近くのコインパーキングに停めて、入店です。
この店、そういえば知っていました。
「あぁ、ここに中華屋さん有ったよねっ!」っていう感じです(;^_^A

中華大島

私は勿論お目当てのカシミールカレー900円を。

中華大島

嫁は辛いのが苦手なので、チキンカレー800円をチョイスです。

カシミールを1口。
あっ、辛~~~い!
でも美味しい(o^_^o)
ん?
なんか違う気がする。
この辛さって、ちょっと抑えて有りますよね。
あっ、そうか。
注文時に「カシミール○辛」って、辛さを指定するんですね?
なるほど♪
ただ名前を言って注文すると、「1辛」になるんだ、きっと。
次回は、次の段階に行ってみようかな。
それとも、店主さんに聞いてからの方がいいかしら(^^;

あ~、とにかく!
懐かしいなぁ~っていう、それだけで大満足のランチでした。
またカシミールが食べられるなんて、夢にも思っていませんでした。
のぶちゃん、有難うございました!

ご馳走様でございましたm(__)m

【中華大島】
住所 千葉県柏市中央1-6-4
電話 04-7164-9890
時間 11時30分~15時30分・17時~21時
定休日 日曜日
駐車場 無し(周囲にコインパーキング有り)

≫中華大島のデータはこちら

Pocket