Category Archives: 我が家の食卓・レシピ

おうちで作ったトマトとバジルを使ってパスタ♪

0
Filed under 我が家の食卓・レシピ, 趣味
Pocket

 

だいぶ暑くなって来ましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今年の夏も暑そうなので、熱中症には充分お気をつけ下さいませm(__)m

「私は」と言いますと、昨年「もう絶対にやるもんかっ!」と誓った家庭菜園を、性懲りもなく今年もやっております。

昨年は家庭菜園を始めた時期が遅く、まださほど苗が育っていないうちから害虫の被害に遭いまして、毎日毎日害虫との戦い。
害虫が夢の中にまで出て来て、一時はノイローゼになるかと思いました(+_+)
そして「もう家庭菜園なんて絶対にやるもんかっ!」ということになったわけですが、今年の4月、ホームセンターに行った時に苗を見てしまいまして(入口に有るので見たくなくても目に入ります)、ミニトマトを手に取ってそのままレジへ(笑)
「おいおい、家庭菜園は絶対にやらないんじゃなかったのか?」と自分突っ込みをしてしまいました。

その後、あれよあれよという間に、ミニトマトだけでなくピーマンやらバジルやらシソやらパセリやら二十日大根やら…
「家庭菜園なんてやらない」とは言え、昨年のローズマリーは1メートルほどに育っていますし、ミョウガは昨年仕込んでおきましたので、全くやらないというわけではないんですけどね。
昨年はほとんど害虫に葉物を食われてしまいまして、その学習の成果か、今年はキュウリとナスは止めました。

家庭菜園-ミニトマト

数日前に、今年初収穫しましたミニトマトです。
品種が違うので大きさはバラバラ。
メバル爆釣merさん」のトマトの美味しさには全然追いつきませんけれども、何とか食べられるほどには濃い味になりました。

家庭菜園-ミニトマトとバジル

本日の昼食は、自宅で収穫したミニトマトとバジルでパスタを作成。

オリーブオイル・ざっくり切った生バジル・パセリみじん切り・切ったミニトマト・唐辛子の輪切りでソースを作り、塩・コショウ・砂糖少々で味付けをします。

家庭菜園-ミニトマトとバジルでパスタ

とってもシンプルな味の構成ですが、家で収穫した材料を使えば、味付けはこの程度で美味しく仕上がります(スーパーの野菜は香り・味が薄くて…)。
アバウトな表現をすると、「フレッシュな味」というのが一番しっくり来ますでしょうか。
若さが全面に出ていますが、これからいくらでも深みが出そうだという、未来に向けての奥行きも感じられます。

ランチでなければ、ニンニク入れたかったんですけどねぇ(^-^;

ピーマンやその他の野菜も着々と育っているので、これからが楽しみです♪

Pocket

むかごのかき揚げ

0
Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

 

今月、福島に帰省する用事が出来まして、珍しいものを買ってきました。
〝むかご〟といって、山芋の茎が肥大化したものなんだそうです。

これを直売所で嫁が見付けまして、隣にレシピが書いた紙が有ったものですから、「これ簡単で美味しそうだからやろうよ」と言うわけです。
嫁が「やろうよ」と言ったり、「これ、いいんだってよ」と言う場合、実行するのは全部私(爆)
塩麹も、ぬか漬けも、何から何まで嫁が提案したものは私が担当、というのが我が家でございますm(__)m

むかごというのは、こういうものです。

※ご注意 – 私もそうなんですが、集合体恐怖症の方は見ない方が良いかも知れません。

むかごのかき揚げ

「見ない方が良いかも」と言っておいてすぐ写真を貼ってしまったら、注意しようがないですね、すみません(;^_^A
ちなみにボツボツが怖い私でも、これは大丈夫でした。
個人差が有ると思いますので、パッと見てダメそうだったら、次の写真も避けた方が良いと思います。

私の場合、食べ物なら大丈夫なのかも(爆)

これでかき揚げを作るんですが、モーレツに簡単です。
まず、むかごを洗って水分を切ります。
ボールに玉子を割ってお水→小麦粉の順で入れ、天ぷらのころもを作ります(液体)。
そこに、むかご、その他一緒に「かき揚げたい(動詞)」ものを入れて混ぜ、油で揚げます(今回は玉ねぎ・アミエビ・アオサ)。
以上。

むかごのかき揚げ

ピントの合わせ方が微妙でしたm(__)m

食べると「お芋ーーーー!」って感じで、ホックホクなんですよ。
最初は低温で揚げ、むかごが柔らかくなってから高温にしてカリッとさせると良いかも知れません。
むかごのホクホク感、玉ねぎの甘み、アミエビとアオサの香ばしさで激旨です(o^_^o)

こちらでは中々見付けるのが難しい食材ですが、見付けたらまた作りたいと思います。
興味が有る方は、是非一度♪

 

ブログランキングには参加していませんので、ポチッは要りません。

↑ ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
だったらこの一行も要りません(笑)

 

Pocket

福島のもんも

0
Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

今年も福島から「もんも」が届きました。

福島のもんも

美味しぃ~(o^_^o)

Pocket

千春さんからロマンス農園のアスパラが届きました

2
Filed under お気に入り, 我が家の食卓・レシピ
Pocket

毎年千春さんから送って頂いている、ロマンス農園のアスパラ。
今年も届きました~(o^_^o)

ロマンス農園のアスパラ

今年のアスパラはいつもより細身なんだけど、その分柔らかくてジューシー♪
定番ですが、ベーコンと一緒に調理して、お弁当に持って行きましたよ~(^^)

ロマンス農園のアスパラ

アスパラの香り高く、生でかぶりつきたくなりますねぇ。
いや、本当にそうしたくなるほど軟らかいんですよ。

普通、スーパーから買ってきたアスパラを炒める時、有る程度太いものだと一度茹でてから炒めるんですが、ロマンス農園のアスパラは茹でずに炒められるんです。
ホント、これを頂くようになってからというもの、スーパーでアスパラ買わなくなりましたもの。
すっごいアスパラを作る人が居るもんですねぇ。

千春さん、今年も有難うございましたm(__)m

さて、残りは何して食べようかなぁ~(≧∇≦)/

【ロマンス農園】
住所 北海道苫小牧市字樽前90
電話 0144-74-3004
担当は齊藤貢樹さんです。
全国発送出来るようですよ(^^)

Pocket

我が家の超手抜きカレー

0
Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

 

「カレーは飲み物」
これは、我々デブの大先輩であります『ウガンダ・トラ師匠』の有難いお言葉です。
そこで今回は、我が家の超手抜きカレーのお話を。

「超手抜き」ですから、あっという間に出来ます。
面倒な手間は一切無く、「料理の基本」なんていう邪魔なウンチクも要りません。
というか、元々私の料理に「基礎」なんていうものは有りませんから(^-^;

たいちょ家の手抜きカレー

写真が暗くてすみません。

材料は、市販のルー・玉ねぎ・好きな肉(今回は前日余った豚のひき肉を使用)・人参・好きな調味料・トマトと、手に入らないようなものは何も使いません。
まず、市販のルーに書かれている分量のお水を鍋に入れて火にかけ、スライスした玉ねぎを入れます(炒めてもいいけど、面倒だから炒めません)。

たいちょ家の手抜きカレー

玉ねぎに少し火が通ったら、人参を擂り下ろして入れます。
今回は市販のルーを半分使用しているので、人参の量は大きなサイズで一本程度(かなり入ります)。

たいちょ家の手抜きカレー

すぐ、好きな肉を入れます。

たいちょ家の手抜きカレー

「うこんは肝臓に良い」と信じていますので、我が家のカレー(この場合は「私のカレー」の方が正解かも知れません。嫁のカレーとは違いますので)には、大量にターメリックが入っています(高価なうこんには手が出せません)。

たいちょ家の手抜きカレー

全体が馴染んだら、すぐ市販のルーを入れます。

たいちょ家の手抜きカレー

最近は辛いカレーに凝っているんですが、市販の辛いルーは、辛いだけで奥行きが無いものが多いので、その場合はハチミツを入れて味に厚みを出します。

基本的にはこれで完成。

たいちょ家の手抜きカレー

嫁は生のトマトが苦手なんですけど、カレーに入れたりソテーすれば美味しく食べられるようなので、カレーには大量に入れて食べさせます。
ハチミツによって出た奥行きを、トマトの風味が横方向に広げてくれるような気がして、最近はトマトの登場回数が増加傾向。
トロトロになるまで煮込んでもいいし、それほど煮込まなくても、これまた良い仕事をしてくれますね。

トマト、偉い!(≧∇≦)/

その他、ほうれん草とかインゲンとか、余っている野菜なんかを入れたりします。
しかしながら、間違っても芋や豆類なんかは入れません。

絶対に入れません(念押し)

ということで今回は、「どうしよう!昼食まで少ししか時間がないのに、急にカレー食べたくなっちゃった!」という時の、我が家のカレーでございました。
まっ、時間が有っても同じなんですけどね(≧∀≦*)

あと…
「美味しいカレー」を作るのが目的ではないので、美味しく作れるレシピと勘違いしないで下さいませ(笑)

(^0^)/~~see you !

※「カレーを食べた後、どうやって洗ったらいいの?」と思っていらっしゃる人は、「カレーの後の食器や鍋の洗い方」をお読み下さいませ♪

… 追記 …

今回のレシピで、質問が来そうな点をいくつか補足します。

【他の具材は入れないのか】
私は色々な具材がゴロゴロ入ったカレーは、正直好きではありません。
かといって、大きめに切った具材がちょっとしか入っていないカレー(デカい肉×1・デカいジャガイモ×1とか)も、オシャレだとは思いますが、食べたいとは思いません。
特に、ジャガイモをカレーと一緒に食べるという発想は、私には全く有りません(私の家系は胃弱なので、特にジャガイモを擦り下ろしてカレーに入れたりなんかすると、腹が張って苦しくなります)。
「カレー大好き+好きな食材しか使わない=美味しくないわけがない」
このような計算式に則って作っております(^^)

ほうれん草とか、カツとか、メンチとか、ソーセージとか、ナス揚げとか、チーズとか、ハンバーグとか、豚バラ炒めとか、唐揚とか、きのこのガーリック炒めとか(既に料理になっている)、周囲がカリッと焼かれている目玉焼きとか、チャーハンとか、そういう「カレーを美味しくするであろうトッピング」は、勿論します。

【人参のお話】
人参を摺り下ろす場合、皮は剥きません(我々が手に入れる人参に皮なんて有りませんので)。
ちょっと洗って、そのまま擦り下ろします。
と言いますか、余程の理由が無い限り、私はスーパーで人参を買わないんですね。

会田さんの人参

仕事で、会田様というお客様が居らっしゃいまして、毎年〝ちょっと形が崩れたり、割れてしまったり〟という「訳有り人参」を分けて下さるんですよ。
それも無料で。
形は違えども味は一緒ですから、もう考えられないほど美味しいんですよね(≧∀≦*)

えぇ、のぶちゃんやmerさんを筆頭に、我が家は食材を下さる人が特別に多く、本当に助かっていますm(__)m

この写真の人参はベータリッチという品種だそうで、とても甘い!
その日に収穫して洗ったばかりのものを下さるので、鮮度が良いのはもとより、味が果物のように甘いんです。
この甘みの強い新鮮なベータリッチを、大量に(私のブログ、「大量」が多いですか)入れるわけですから、もうこれだけで結構な甘みが出るわけですね。

我が家の場合、農家のお客様に頂いた時はその人参を使用し、他の時はなるべく農家の直売品を買うようにしています。
スーパーの野菜は出荷から多くの時間が経っているものが多く、農家から直接購入するものとは、食べてすぐ解るほど違いますので。

【何故擦り下ろして入れるのか】
「翌日のカレーは美味しい」とか「野菜がトロトロになるまで煮込んだカレーは素晴らしく旨い」なんていう風潮が有るようなので、それを数十分で再現しようと思いました。
色々な野菜を擦り下ろして入れたり、若干の研究(というかテスト)もしてみましたが、摺り下ろすのは人参のみで、玉ねぎは薄切り(歯応えが欲しい時はもう少し大きく)にするのが一番自分の舌に合いましたので、今はこの作り方がメインです。
「手抜き」というからには、材料が少なくて時間が掛からないレシピであるべきなので。

人参が嫌いな子供にも、この方法だと知らないうちに大量の人参が摂取出来ますので良いかと思います。
勿論、人参を食べない大人にも(笑)

【ここからアレンジして蕎麦屋さんのカレーにする】
肉を豚バラ薄切りにし、玉ねぎを大きめにして、トマトは入れません(私の舌には、蕎麦屋のカレーにトマトは辛いです)。
蕎麦屋さんのカレーは和出汁が利いていますので、そこに魚粉を入れて和風にします。
「魚粉が粉っぽくなって嫌だ!」という人や、「魚粉を作るのが面倒」な人、もしくは「魚粉だけでは物足りない」という人は、最後に本だしを入れて溶かしたら完成。
最後に本だしを入れる理由は、最初に入れると本だしの効果が薄れるからです。

今回のカレーの作り方は〝時間との勝負〟ですが、時間が有る時は「ちゃんと濃い出汁を取ってから作る方法」の方が良いでしょうかね。
その方が美味しいと思います。
あと、人参の擦り下ろしは、和風カレーでも使います。
小麦粉の代わりとして、若干とろみをプラスしたいからです(体にも良いですし)。
そうやって作った和風出汁のカレーは、うどんにかけても美味しいですよね~(o^_^o)

【やっぱりカレーは飲んでいるのか】
飲んでいます(嘘)
どうしても噛む回数は減るので、飲んではいませんが、「飲む」に近くなっていますね。

ネタとして「さて、昼はカレーでも飲むかなっと♪」という使い方はしますけれども(^^)

【本格的なカレーのレシピは無いのか】
そんなものは作りませんので、どこにも載せていません(爆)
実は私、「カレーなんていうものは、煮込めば美味しくなるものではない」と思っているので(笑)

「カレーは手軽で美味しいもの」というのが、B食的持論でございますm(__)m

【調味料は何を使うのか】
特別に入れなくてもいいとは思います。
入れるとするならば、本だしとか、ガラスープの素(粉末)とかを入れますと、変化が解って面白いでしょうか。
私の母は塩とか醤油を使っていましたし、うちの嫁は味噌を入れます。
実際に入れてみて「美味しい♪」と思うものを入れたらいいんじゃないでしょうかね。

「チョコレートを入れる」なんて人も居るみたいですね。
私は入れません。
市販のルーでちゃんと作れば充分に美味しいと思うので。

それに…
我が家は貧乏だったので、子供の頃からそんな高級な香りのするカレーを食べて育っていないんですよ(;^_^A

「味覚は記憶」(^^)

Pocket

アラビヤン焼そばの正しい作り方

0
Filed under お気に入り, カップ麺・袋麺, ネタ, 我が家の食卓・レシピ, 焼そば
Pocket

 

アラビヤン焼そばの事を語らせたら右に出る者は居ないけど、左にはたくさん居るという、B食隊たいちょでございます。
今回は皆さんに、アラビヤン焼そばの正しい作り方をご紹介したいと思いますが、この「正しい」というのはあくまでも当社比であります故、ご了解頂きたいと思いますm(__)m

そもそも、アラビヤン焼そばとは何ぞや?と。
サンヨー食品さんが1967年4月に発売したんだけど、千葉と茨城の南部しか売れなくて、結局千葉限定として発売したという、他県の皆様には幻の袋麺という事になるわけです。
その後2009年から全国発売されていますし、ネット販売もされていますから、手に入らないほど貴重な物かと言われると、そうでもないと言わざるを得ません。
ま、何故か千葉にファンが多かったと、そういうことでございます。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

アラビヤン焼そばの正しい作り方

アラビヤン焼そばとは、こういうものです(写真を見てご想像下さい)。
一袋ずつ販売されているというよりは、5袋入りで販売されている方が圧倒的に多いです。
「試しに一袋食べてみよっかな~」というわけにはいきません。
5袋入りで298円(税抜)が一般的な販売価格でしょうか。

私がこれを最初に食べたのは、小学生の頃でした。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

中身はこんな感じです。
乾麺の他に、粉末の焼そばソースと青のりが付属しています。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

フライパンに200mlのお水を張って火を付け、沸騰した時点で乾麺を入れます。
欠けて粉々になった部分も一緒に入れて下さいね、勿体ないですから。
火力は中火がいいでしょうかね。
慣れている人は、強火で良いと思います。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

一分間麺の片面を茹でましたら、裏返してもう一方の麺の面を茹でます(ややこしい)。
強火で調理する場合、慣れるまではお水を多めにした方が良いと思います。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

両面を一分ずつ茹でましたら、ほぐしに入ります。
裏の説明書には、ここで水分を飛ばすと書かれていますが、水分が若干残っているうちに粉末ソースを入れた方が、麺にソースが均等に馴染んでくれるので私は好きです。
最初は説明書通りに作り、何度か作るうちに自分なりの調理方法を開発するのも楽しいですね(^^)

アラビヤン焼そばの正しい作り方

水気が少なくなりましたら、ソースを入れて混ぜます。
アラビヤン焼そばは、ソースが粉末という所がミソなんですよね~♪

アラビヤン焼そばの正しい作り方

この程度、均等に混ざったら良いと思います。
まだこの時点で水分が残っていたら、完璧に「焼き」に入ってから完成として下さい。
これは「焼きそば」ですから、「焼き」が入らないと完璧とは言えません。
ソースが麺に絡んで、香ばしい香りがするまで焼きます。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

お皿に盛り付けて、この後に付属の青のりを振り掛けます。
有りましたら、お好みで紅生姜を添えてもいいですね。
私はこのアラビヤン焼そばの場合、紅生姜は要らない派なので、添えません。
理由は、アラビヤン焼そばのソース本来のスパイシーさを味わいたいからです。
逆に青のりは合いますので、私のように長年食べている人ならば、好みで青のりを追加しても良いと思います。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

青のり使用の場合は、こんな感じ。
私はたまに、この5倍程度青のりをかけて食べる日が有ります。
「青のり日和」ですね(笑)

さて、アラビヤン焼そばはカップ麺も有ります。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

誕生45周年記念商品として販売されました。
買おうかどうしようか悩みましたが、古くからのアラビヤン焼そばファンとしては、ここは避けて通れない道。

アラビヤン焼そばの正しい作り方
持ち上がり具合は、こうです。

カップの焼そばというのは「湯がどれだけちゃんと切れるか」に出来が大きく左右するわけで、カップの焼そばで液状ソースを使用すると、ほとんどが容器の下にソースが残るという、焼そばに有ってはならない状態になるわけですね。
この粉末ソースも安心する域まで達する事は出来ず、作り手(ほとんどは食べ手と一緒の場合が多い)がいかに湯切りをちゃんとするかによって、ビチャビチャになるか、「からっ」と乾いた綿になるかが決まります。
そしてソースをかけて混ぜる際に、「フーフー」してなるべく水分を飛ばしながら混ぜるといいと思います。

湯切りですけど、私の場合、麺が全部流しに出ちゃうんじゃないかと思うほど、執拗に湯切りしますね(笑)
ベチャベチャの焼そばは、焼そばだと思えないんですよ。
だって、焼きそばなんですから、下にソースが残っているのはおかしいですもの。
「僕はピチャピチャな焼そばが好き」という性癖の方は、静かに退出して下さい(笑)

ここで「何故カップ麺の、麺の持ち上がり具合を載せたか」です。
ヘビーユーザの皆さんならお解りになるとは思いますが、アラビヤン焼そばはUFOになるんですね(またもや言い回しがややこしい)。
ある一定の条件下においてなんですけど。

作ってからあまり時間が経っていないと、このようになります。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

カップ麺のアラビヤン焼そばと、ほとんど変わらないヴィジュアルになりましょうか。
作って間もなくの状態で持ち上げると、こんな感じに、皿から全部の麺が上に持ち上がります。
形状は縦長ですね。
これ、普通のことではないんですよ、一応書いておきますが。
焼そばを作って箸で持ち上げて、一気に全部持ち上がるなんていうことは無いんです。
箸で持ち上げた麺だけ(もしくはその周辺の少数の麺)が持ち上がり、他の麺は皿に残ります。
それが普通。

でもこのアラビヤン焼そばは、作ってそんなに経たないうちに、麺に仲間意識が芽生えます。
「これからも皆で一緒に仲良くやって行こうなっ!」という、結束力を強めるわけですね。
その素早さといったら、私も今まで色々な焼そばを食べて来ましたけれど、アラビヤン焼そばは群を抜いています。

ここで、アラビヤン焼そば初心者(なんだそれ)の人達に向けまして、その結束力の素速さをお見せしたいと思うのですが、うまく伝わったら幸いです。

「今日の昼食は焼そばにしよう!」とアラビヤン焼そばを作り、作った時のフライパンやら菜箸やらを洗い、包装してあった袋等を燃えないゴミの方に捨てて、「さて、食べるかなと」と席に座って焼そばを持ち上げた時の写真は、こちら。

アラビヤン焼そばの正しい作り方

甘いです。
まだ甘い。
向かって左側の結束力がまだ弱いので、完璧なUFOではございません。
「UFOチック」なんだけど、本物には程遠いです。
アラビヤン焼そばの実力は、こんなもんでは無いんです。

「アラビヤン焼そばがUFOになる」のを発見したのは、小学生の頃。
母と昼食にアラビヤン焼そばを作り、「さぁ食べよう」と思った時に電話が来まして、電話魔の母は20~30分長電話。
母がやっと電話を切って、「いただきま~す」と焼そばの麺を持ち上げたら、こうなったというわけです。
ですから完璧なUFOをお求めの皆様は、作ってお皿に盛り付けてから、15分~20分お待ち下さい(笑)

麺は通常「啜る」ですが、この場合は「囓る」になります。
箸でアラビヤン焼そばのUFOを持ち上げ、かぶりつきます。
最短、二口で食べ切った事が有ります(笑)
この場合、水分は必須ですね。
あまり頬張り過ぎると、息が出来なくなります(^-^;
出来上がったアラビヤン焼そばを、手で握っておむすびのように食べた事も有ります。

今では全国区になったようですが、ちょっと昔まで千葉限定でした。
だからこそ愛着が有るのかも知れないし、単純に他の袋焼そばより美味しいと思っているからかも知れません。
袋のインスタント焼そばの中では、ダントツにアラビヤン焼そば率高いですね、私は。

というより私、焼そば食べ過ぎでしょうか?(爆)

これからも囓り続けます、アラビヤン焼そば!!(≧∇≦)/

Pocket

カレーの後の食器や鍋の洗い方

0
Filed under カレー, 我が家の食卓・レシピ
Pocket

ネット検索をするとまだ出ていないようなので、メモしておきます。

カレーライスを食べた後の食器や鍋って、普通に洗うとタワシやスポンジが汚れて嫌ですよね。
「最後に皿に付いているカレーを別の食べ物で拭って食べる」なんていう方法も紹介されているようですが、カレーライスならばライスでカレーを食べたいわけですし、ライス以外の何か別の食べ物を使って無駄に太りたくありません(笑)
どうせ太るなら、カレーライスで太りたい(≧∀≦*)

どこかの番組で「ライスをカレー方向に寄せながら食べ進む」という方法も紹介されていて、これはネタとしては面白くて笑ったのですが、カレーはそんなに気を使いながら食べるものでは有りません。
もっと気楽に飲むものです(笑)

というわけで、私がいつもやっている洗い方です(もうやっていたらごめんなさい)。
「まず、ティッシュやキッチンペーパーで大まかにカレーを拭いてから…」という方法は、誰でもご存じですよね。
キッチンペーパーを使うというのは同じです。
大体キッチンペーパー2枚程度使用し、お湯を流しながらキッチンペーパーで洗います。
そうすると、「このままでいいんじゃないの?」っていう位に、白いお皿に付いたカレーが綺麗になるんですよ。
目に見えない油分等が残っているので、私の場合は更に洗剤を使って洗っています(^^)

「お湯に浸けておく」という方法は、以前やっていました。
でも、確かに綺麗にはなりますが、スポンジが汚れるのは一緒(汚れ方は違っても「汚れる」という意味では一緒ですよね)。
「手で最初にカレーを落としてから…」というのは、手が油っこくなっちゃいます。
そういうマイナス面が、キッチンペーパーで解決するんですよ(≧∇≦)b

これ、納豆でもOKです。
納豆でしたら、「キッチンペーパーで洗うだけで大丈夫かも♪」って感じになりますよ。
私の場合は更に洗剤を使って…って、もういいですか(笑)

Pocket