Category Archives: コンビニ

セブンイレブン炙り辛子明太子を食べて

0
Filed under ご飯のお供, コンビニ
Pocket

 

セブンイレブンの〝炙り辛子明太子〟が絶品だと聞いて、息子が買って来ました。

セブンイレブン炙り辛子明太子

300円でございます。

辛子明太子は高いので(タラコも含めて)、我が家はあまり買わないのですが、実は好きな食材です。
そういえば、〝生たらこ〟って言いますけど、一般的にスーパーに有るピンク色のたらこって、漬けてあるから〝生〟じゃないですよね。
本当の生は、鱈の魚卵そのままの状態でしょう。
それを加工したものが一般的にスーパーで売られているたらこ。
だから「生」という表現が正しいかと言われると、どうなのかな?と。

セブンイレブン炙り辛子明太子

これに関しての感想はひとつなので、もう書いちゃいますけど。

我々の世代はたらこを焼いて食べていまして、ちょっとイキの良いたらこの時はこのように生焼き(チョイ焼き、あるいはレア、あるいはチョイ炙り、あるいは言い方なんてドウデモイイ)にして食べていたわけですね。
同世代の方ならば、ほとんどご存じだと思います。
よってこの商品の評価は…

「懐かしい」

オッサンが食べると、こうしか評価しようが無いんですよ。
我々は、鮮度の問題でたらこを生で(本当は生じゃないけど)食べられなかったわけですね。
だからお弁当に入れたりおにぎりに入れたりする時に、焼いて使ったわけ。
決してそうしたかったわけじゃなく、そうしないとお腹壊してしまうからそうしたんです。
ですからたらこを炙るのは、別に良い思い出ではないんですよ。

このたらこ(本当は明太子だけど)は、普通に美味しいです。
昔の、ただたらこを炙っただけのものよりは、色々と研究されてこの商品が出来たのでしょう。
美味しい。
でもやっぱり、「懐かしい」という気持ちの方が先に来てしまいますかね。
生で食べられるんだからそのまま食べりゃいいのに、わざわざ炙る。
「炙った方が香ばしい」
確かに解りますが、そうして美味しいのは、炙りたてでしょ(^-^;

食べ物が豊富で、色々と変化球を出していかなきゃならない時代になったんだなと、そういうことなんでしょうかね。
と、こんなお話をするようになったら、もう人生の折り返し地点が過ぎた証拠。
だってね、今や学校給食を出すお店まで有るんですからね。
それが、当時の物と違って美味しいらしいです。

「当時の子供達はこういう給食を食べていたんですよ」と、ちゃんとした食の歴史として、正確に伝えていった方がいいんじゃないかな~って、個人的にはそう思います。
まぁ何でも商売にしてしまう時代ですから、それはそれで有りなんでしょうけれど…

話は脱線しましたが、セブンイレブンの炙り辛子明太子、ご飯にもビールにも合う商品だと思います。
値段も300円と、決して高くないと思いますよ(^^)

≫セブンイレブン炙り辛子明太子のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

ローソンのスピードくじで澄みきり500mlが当たった

2
Filed under コンビニ, 唐揚, 船橋市
Pocket

私は生まれつき、「じゃんけん」や「くじ引き」といった類のもので、良い思いをしたことが有りません。
とにかくハズレます。
ガリガリ君も今まで数十年食べて来て、1回しか当たったことが有りません。
その1回は、一昨年でした。
アイスに変えずに、記念として保存してあります。

じゃんけんも勝てません。
それも、「ソフトボール大会決勝で同点になり、じゃんけんの勝ち抜き戦で勝敗を決める」というような、絶対に勝たなければならない時に負けます(実話です)。
私は自分が弱いのを知っていましたので、順番を最後にしました。
我がチームは残り5人、相手チームが1人になったところで、私は勝利を確信しました。
「まさかここから我がチームが4連続負けということはないだろう」と。
しかし、その「まさか」が現実になって私の番です。
両チーム残り1人ずつ。
当然のように私は負け、準優勝という結果でした。

5対1以前の勝敗を考慮しなければ、相手1人で5回連続して勝つというのは確率的にどうなんでしょうか。
「じゃんけん激弱だから負けるだろう」とは思っていても、「まさか5連敗は無いだろう」という気持ちも、無かったと言えば嘘になります。
相手はラスト1人ですし、私の番が来るまでに4連勝しているんですよ。
もう、チャンピオン並みの風格を感じるわけです。
鼻息荒いし(笑)
その時の私は、まさに「蛇に睨まれた蛙」ですよ、まったく。

ま、昔話はこのくらいにして。
そういう性格(性格というのか?)なものですから、「くじをどうぞ」と言われても、ほとんど今まで断って生きて来ました。
家族が居る時は家族に引かせ、私はやりません。
結果が解っているからです。
100%負けが解っていて殴られに行くボクサーが居るでしょうか(居るかも知れないけど)。

船橋の大穴というところに、ローソンが有るんですよ。
小さなローソンなんですけどね。
でも、そこのレジに元気いっぱいの女の子が居まして。
買い物をするのが楽しくなっちゃうような、そんな雰囲気を持った女の子です。

今日そこのローソンのホットコーナーを眺めていると、その子が「唐揚の手羽先風味はいかがですか~(^^)」と、満面の笑みで勧めるわけです。
普段ですと、ひねくれ者の私は「おでんが美味しく出来上がっています~いかがでしょうかぁ~」なんて言われても「余計なもんは買わないぜ、セニョーラ♪」ということになるのですが、今回は相手が違います。
いつも元気で明るい、コンビニ店員のお手本になるような女の子です。

「じゃ、唐揚頂きます」
「あ、ホントですか?有難うございま~す(^^)」
しかし明るい。
まるで、コンビニの為に生まれて来たような素晴らしい笑顔です。

おじさんはね、その笑顔に弱いんですよ(^^;

ローソン-幻の手羽先風味

中身はこんな感じ。

ローソン-幻の手羽先風味

「700円以上お買いあげ頂いたので、くじを1回どーぞ(^^)」
どうやらローソンでは、700円以上買った人はスピードくじが出来るらしい。
いつもならば低調にお断りしているくじ。
しかし今回は、コンビニの為に生まれて来たような素晴らしい笑顔の女の子に勧められたわけで、これはどう考えても断れる状況ではないということを国民の皆さんにご理解頂きたい(え?)

「あっ、当たりましたよ!(^^)」
「まっ、マジですか?嘘でしょう??」
「ホントですよぉ~(^^)今お持ちしますね♪」

キリン-澄みきり

マジか…

今までくじなんてほとんど当たらなかった私なのに…

あの子に勧められて唐揚を買い、その為に700円オーバーになり、700円オーバーになったからくじが1回引けて、くじが引けたから澄みきりが当たり、しかも500ml缶。
こんなことが世の中に有るんですねぇ。

今後はあの子のことを「天使」と呼ぶことにしよう。

Read More »

Pocket

SAVE ON チキン南蛮弁当

0
Filed under お弁当, コンビニ
Pocket

昔のコンビニ弁当は高いというイメージが有りました。
セブンイレブンでも、600円700円は当たり前で、ちょっとデラックスなお弁当になると、800円超えてましたよね。
いつ頃からでしょうか、ワンコインになり、400円台になり、300円台になり…
そのうち「100円弁当!」なんていうのが出て来たりして。

検索したら、有りました。
曜日限定だったり、「普通に100円」だったり(^^;

≫100円弁当
≫噂の100円弁当

凄いなぁ。
「ハマさんのお店」なんか、とても美味しそうだし。
2個食べて200円(当たり前ですが)。
5個食べて500円(そんなに食べられませんけど)。

コンビニも安くなりましたよね。

SAVE ON チキン南蛮弁当298円

SAVE ON チキン南蛮弁当298円

このチキン、薄く加工したりはしていません。
ちゃんと肉厚で、チンすると軟らかい。
ご飯が足りなければおにぎりを買えばいい。
数年前では考えられない価格設定です。

企業努力ですねぇ。
どのコンビニも頑張ってます。

≫SAVE ONホームページ

Pocket

HOT山菜きのこ蕎麦-デイリーヤマザキ

2
Filed under うどん・そば, コンビニ
Pocket

今日は寒かったですね~。
寒い時には温かいものが欲しくなります。

こちらは先日食べたコンビニのお蕎麦。

HOT山菜きのこ蕎麦 - デイリーヤマザキ

HOT山菜きのこ蕎麦 - デイリーヤマザキ

ちょっと不満に思っている事が有るんですよ。
コンビニでもスーパーでも、蕎麦は夏のものだと思っている店が多いんです。
夏季にあれだけ蕎麦が売っているのに、寒くなると置かない店が有る。
私はうどんも好きだけど蕎麦の方がもっと好きなので、冬でも食べたい。
でも置いている店が少ない。

関東は蕎麦でしょ。
とはいえ、冬でも蕎麦が売れるのかどうかは微妙ですけど。
私が食べたいと思っているだけかも知れません(^^;

HOT山菜きのこ蕎麦 - デイリーヤマザキ

HOT山菜きのこ蕎麦 - デイリーヤマザキ

この商品のように、チンするだけというのは簡単でいい。
TOPに売っている蕎麦のように「フタを外して中のビニールを取り、必ず汁をかけてからチンして下さい」というものだと、その場で作るのが面倒だから昼食に向かない。
ちょっと前にマルエツに寄ったら、もりそばが売っていました。
やはり寒い時期は売れないのかな。
半額になっていました。

茹でた蕎麦、1袋ずつ売っていますよね。
裏を見ると「必ず1分くらい茹でてから」って書いてあるけど、既に茹でてあるんだから、そのまんま食べられないんでしょうか?
今度メーカーに聞いてみようかしら。
そのまま食べられるものに「シマダヤの流水麺」が有るんだけど、スーパーで売っているのって、2人前なんですよね。
あれ、1人前ずつ販売してくれないかしら。
蕎麦屋に入ればいいんだけどねぇ。
予算オーバーになっちゃうから…(^^;

自宅で作って弁当にすればいいのか。
そこまでしなくてもいいか(笑)

Read More »

Pocket

ファミマのチキン20円引きは28日まで

7
Filed under コンビニ, 我が家の食卓・レシピ
Pocket

今日は私以外が皆忘年会。
「じゃ、ちょっと近くでも行くか」
と思っても、このクソ忙しい時期に、急に連絡して都合がつく人は居ません。
近所の人を限定すれば、シューテンさんは奥さんから「今日はドライデーにしなさい」と言われているし、モツ村さんは仕事が忙しくてカリカリしているらしく、ハナちゃんはお酒修行がまだだし、シンデレラはワケありで今週はダメ。
他の皆さんは遠い(ノд`)

仕方ないから、独りぼっちでチキンでも食べよう。

ファミリーマート - フライドチキン

ファミリーマート - フライドチキン

ファミリーマートに行くと、12/15~12/28までチキンが20円引き!
ラッキーじゃありませんかっ!(≧∀≦*)
そうか、やっぱり今日は家に居る日だったんだな。

帰宅して両親の様子を見に行く。
「食べて行くか?」と夕食の鍋の残りを出してもらい、「会津ほまれ」を一杯。
どこもかしこも鍋か(笑)

9時まで色々と話をして、自宅に戻って風呂に入り、フライドチキンをチンする。
料理というのは誰かが居るから(喜ぶから)するのであって、自分だけならこんなモンです。
私が独身になったら、飲みに行かない日はロクなもの食べないんだろうなぁ。
ま、今日はフライドチキンだから贅沢か。

父の家で日本酒3合程度飲み、20円引きでラッキーなフライドチキンを食べながらホッピーを3杯。
モーガン・フリーマンとパス・ヴェガが出ている『素敵な人生のはじめ方』を見直した。
パス・ヴェガはこんなにキレイな女優さんなのに、何故もっと出ないのかな。
この映画の役も良かった。
「モーガン・フリーマンにハズレなし」を一歩更新。

「今日のブログはチキンだな」と思いながら翌朝写真をパソコンに落とすと、こんな写真が有りました(このエントリーは翌朝アップしています)。

ゆかりスパゲッティ

ゆかりスパゲッティ

そうだ、映画の途中でお腹が空いてスパゲッティを作ったんだ。
材料を用意するのが面倒だったので、ゆかりを使っただけ。
最近、アルコールで脳味噌がイカレて来たのか、どうも物忘れが多くて困る(*_*)

フライパンにオリーブオイルとバターを溶かし、ニンニクのみじん切りを少々。
そこに茹でたパスタ、ゆかり、醤油数滴、塩、胡椒を入れ、混ぜて終了。
こんな料理とも言えないようなものだけれど、それでもパスタは美味しい。

映画を見終え、後片付けをする。
デザートは先日のぶちゃんから頂いたミカンを5個。
歯磨きをして爆睡。

なんだ、結構楽しい夕食だったじゃないか(´ー`*)

Pocket

株式会社とかち麺工房

5
Filed under カップ麺・袋麺, コンビニ
Pocket

以前、富士宮やきそばのカップ焼そばで話題にしました『十勝新津製麺株式会社』。
カップ焼そばとしては麺が美味しく、何十回も購入して食べました。
有名店のカップ麺も手掛けていて、麺はみんな同じ感じだったけれど、『氷結乾燥法』を初めて世に出した功績は素晴らしいと思います。

その十勝新津製麺株式会社が、今年5月に『株式会社とかち麺工房』という社名に変更し、それからは初めてのカップ麺です(私が食べるのはという意味)。

らぁーめんぶいスリー-黒マー油豚骨

らぁーめんぶいスリー-黒マー油豚骨

今まで同様、このカップ形式です。

らぁーめんぶいスリー-黒マー油豚骨

らぁーめんぶいスリー-黒マー油豚骨

今回この商品を選んだのは、社名変更して何かが変わったのではないかという思いが有ったからです(そういうことってよく有りますでしょ?)。
ホームページを拝見すると、会社の場所も、この『氷結乾燥法』を世に送り出した新津社長まで代わっていました。

結果を先に言いますと、麺が弱い。
食感(舌触り)は一緒ですが、コシが弱くなっています。
これはどうした事でしょうか。
焼そばもラーメンも何回も食べていますから、あのコシは忘れていません。
最初の一口は「あ、これだ」と思わせるものの、みるみるうちにヘタってきます。

もしかすると『氷結乾燥法』は、新津社長にしか作れないものなのかも知れません(あくまでも予想)。
それか、コストダウンによるものか。
理由はどうであれ、あのコシの強い麺がもう食べられないとすると悲しいものがありますねぇ。
前社長にしか作れないものであるならば、是非新津氏にお戻り頂くか、新しい会社から出すか、そして再度あの麺で富士宮やきそばを作って頂きたい(希望)。
絶対に買いますからm(__)m

≫らぁーめんぶいスリー-黒マー油豚骨のデータ

Pocket

船橋夏見商店の焼肉弁当

0
Filed under お弁当, コンビニ, スーパー・小売店, 船橋市
Pocket

小学5年から高校にかけて船橋の宮本~大穴と移り住み、「青春」という言葉が有るならば、私の青春は船橋でした。
船橋駅前に当時『王様のアイディア』というお店が有って、その店にはたくさんの面白い商品が陳列されていて、通ると必ず新しい商品が有るかどうかをチェック。
そういえば「屁のもと」なんていう怪しい液体が売っていたなぁ。
それを学校に持って行って、みんなで嫌味な先生に悪戯したっけ(コラっ)

その頃のお気に入りはシャポーやパール地下街でした。
VANというメーカーが入っていて、そのシャツが欲しかった。
パール地下街の上には味の街が有り、そこに入っている店舗にどんなメニューが有るのかを見て回るのも好きだった。
西武には高価なものしか売られていなくて、あまり行かなかった。
唯一西武で覚えているのは、友達と西武の前を歩いていた時に私は一万円を拾い、近くのジジイが「それ、おじさんが交番に届けてあげるよ」と言って持ち逃げしたことくらい。
あのジジイは今でも許せません(笑)

不二家のスイートポテトが美味しかった事とか、裏通りの王将で安いセットものを食べた事。
初めてマックに入ってマックシェイクに感動した事。
吉野家と松屋が出来て、松屋は味噌汁が付いていたからそっちばかり行っていた事。
ちょっと入った所に甘味屋が有って、そこのあんみつが最高だった事。
私は常に食べ物を通じてその時代を記憶している。

高校3年の夏休みに柏に引っ越し、卒業して今の仕事に就いた。
最初は市内だった仕事も、慣れてくると船橋方面の仕事も始めるようになり、数年ぶりに来た船橋という街が非常に懐かしかったことを覚えています。
昼食は悩みました。
いかに安く満腹にするかだけを考えていました。
色々と選択は出来るんだけど、コンビニ弁当は今よりずっと高価で買えず、お店に入ってラーメンを食べるなんて、たまにしか出来ません。
そんな時にお世話になっていたのが『夏見商店』でした。

この店は当時、コンビニくらいの規模の小さなスーパーという感じ。
今は立て直してコンビニ風になっているけれど、前は歴史を感じさせる建物でした。
初めて入った時に、あまりにも安くて感動したのがこのお弁当。

夏見商店 - 焼肉弁当

夏見商店 - 焼肉弁当

最初は200円しなかったと思います。
こんなにビッチリとご飯が肉に被われていなくて、肉の隙間からご飯が見える感じ。
ゆで卵は前から半分付いていたと思います。
その後、210円になったでしょうか(今は340円と390円の2種類)。
それでも嬉しくて、私はこのお弁当とカップ麺の組み合わせがお気に入りでした。
もう、「しょっちゅう」と言って良いほどこの手作り焼肉弁当を食べていて、たまに売り切れていた時は悲しかった。
あの頃は今よりお弁当の品数が少なく、このお弁当しか無い日の方が多かった。
だから余計に悲しかった。

先週近くに仕事が有ったので寄ってみました。
建て替えてから初めての入店。
お母さんも居ました。
若旦那も居ました。
元気で居てくれて嬉しかった。

「このお弁当、昔から変わっていないんですね」
「もう25年、いや30年くらいになりますかねぇ」
「いや~、懐かしいです」
「懐かしがって下さいね~(^^)」

この味、この入れ物…
いや、最初の頃はフタが無くてサランラップだったような気がする。
そこにシールが張ってあって、手書きで「焼肉弁当210円」と書いてあったと思う。
手作りだから昼時に買うとまだほんのり温かかった。
この肉に付けられた味がしみじみと美味しかった。

当時と同じようにこの焼肉弁当とカップ麺を購入し、それを食べながら昔の出来事をゆっくりと思い出しました。
成人になってからのことだけでなく、学生時代のことも。
昔の自分は今よりがむしゃらだった。
焼肉弁当を懐かしく頂きながら、私は自分に言いました。

もっともっと頑張れ。

≫夏見商店のデータ

Pocket