Category Archives: 唐揚

ほっかほっか弁当かまど小金原店で唐揚弁当大盛

0
Filed under お弁当, お気に入り, 唐揚, 大盛・デカ盛, 松戸市
Pocket

 

こんなに唐揚ばっかり食べているから太っちゃうんでしょうねぇ(笑)
外食ばかりでなく、家でも作って食べますので。
カラアゲニストということでご勘弁をm(__)m

前回、「おかあさんの詩の唐揚弁当がちょっと変わって来た」的なお話をしました。
若干ボリュームが寂しくなったと、その程度なんですけどね。
この日は同じく盛りの良いお店〝ほっかほっか弁当かまど小金原店〟で唐揚をお願いしてみました。

ほっかほっか弁当かまど小金原店

まずは嫁の〝エビフライ弁当 690円(税抜)〟から。
こちらは何年も前から変わりません。
ボリュームも味も、以前のまま。

さて、唐揚弁当の方はいかがでしょうか。

ほっかほっか弁当かまど小金原店
びっくり唐揚げ弁当大盛   540円+60円(税抜)

このお店のご飯は普通盛で充分な量なのに、それを解っていて、どうしていつも「大盛♪(o^_^o)」と言ってしまうんでしょうか。
「大盛病」と言っても間違い無いかも知れません。

盛りの方はと言いますと、ご飯の盛りはこんな感じ。

ほっかほっか弁当かまど小金原店

ステキです。
日によっては、もっと膨らんでいる時が有りますが、それは大当りです(^^)

唐揚はというと、ちょっとこの日は「当たりでないけどハズレとは違う」という微妙な感じだったでしょうか。
この大きさの唐揚(この日は小さめでした)は、手前に3個の唐揚が入っているのが相場なんですけど、今日は少しだけボリュームダウンという印象でした。
これは「ブログに載せた時の圧倒的迫力」を期待しているからであって、実際に私が食べる量を考えると、唐揚は余ってしまうからこれでいいんですけどね(^-^;

「目先を追うな!いい加減気がつけ!耐えることなくして勝利はないんだっ!」(カイジ)

当たりを引くまで耐えるのが一番です、はいm(__)m

ほっかほっか弁当かまど小金原店

何故これが〝びっくり唐揚〟なのかというと、唐揚が多いっていう理由も有るんですが…

ほっかほっか弁当かまど小金原店

唐揚を移動させるとおかずが出て来ちゃったりして、「他のおかずの上にまで唐揚が乗っちゃってますよぉ~」という〝二重構造〟がまたビックリと、そういう解釈を自分勝手にしております。
これは実際に聞いたわけではないので、全く信用は出来ませんけども(笑)

相変わらずビックリする弁当で、大満足でございました。
今日はまだ入ったばかりでアタフタしているお母さんがレジをやっていまして、あまり早口で注文すると書くのが追い付かなくて気の毒なので、少しの間は注文をゆっくり伝えてあげて下さいませ。
多分私だけなんでしょうけど、おつりを間違えるほどアタフタしておりましたので(;^_^A
頑張れ、お母さん!ヾ(≧▽≦)ノ

本日も満腹でございます。

ご馳走様でしたm(__)m

【ほっかほっか弁当かまど小金原店】
住所 千葉県松戸市小金原5-29-9
電話 047-345-1228
時間 9時30分~20時
定休日 無休

≫ほっかほっか弁当かまど小金原店のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

おかあさんの詩の唐揚弁当はまだまだ最強

0
Filed under お弁当, お惣菜, お気に入り, 唐揚, 流山市
Pocket

 

この日は仕事で流山方面に行ったので、〝おかあさんの詩〟で昼食用のお弁当を買い、嫁の実家へ。
今月は私の両親とお義母さんの誕生日が重なる月でございまして、まずはお義母さんへのプレゼントと、最近散歩に行くのが寒くて辛いと言っているお義父さんへの暖かいジャケットを渡しに行ったというわけです。
嫁には弟妹も居るんだけど、誰かもうちょっと気にしてやってくれませんか(;^_^A

いつも〝おかあさんの詩〟でお弁当を購入する時は、お総菜も一緒に買って行くんですね。
そうすると夕食の用意をするお義母さんが楽になります。
たまにはそういう日も無いと、疲れちゃいますもんねぇ。

お義父さんはまだお肉が食べられるので、焼肉弁当を。
お義母さんは好き嫌いが無いので幕の内ですが、普通の幕の内は昔ねくさんが失敗しているので、デラックス幕の内をチョイス(笑)

そして海老・蟹好きの嫁にはこちら。

おかあさんの詩
エビフライ弁当 520円

いや~エビフライが三本も入ってこのお値段ですよ。

私のお弁当は、何かの一つ覚えのように、こちら。

おかあさんの詩
唐揚弁当450円+大盛50円

継続は力なり(そうかな?)

今日だけなのか、ちょっと前からそうなったのかは解りませんが、若干唐揚のボリュームと、ご飯大盛のボリュームが寂しくなったような気が…(涙)
よく「ビールの大瓶が中瓶に見えたらアル中」なんてことを言いますよね。
もしかすると私は「唐中(唐揚中毒)」なのかも知れません(笑)

え?
もう知ってました??(^-^;
こんなに唐揚ばかり食べていれば、そう思われますよねぇ。

今日の唐揚は(私的には)大当りではないけれど、相変わらずジューシーで美味しく頂きました。

ご馳走様でしたm(__)m

【おかあさんの詩 東口店】
住所  千葉県流山市江戸川台東2-5-8
電話  04-7153-5011
時間 昼~夜まで
定休日 基本的に無休(臨時休業有り)
駐車場 無し

≫おかあさんの詩のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

ローソンのスピードくじで澄みきり500mlが当たった

2
Filed under コンビニ, 唐揚, 船橋市
Pocket

私は生まれつき、「じゃんけん」や「くじ引き」といった類のもので、良い思いをしたことが有りません。
とにかくハズレます。
ガリガリ君も今まで数十年食べて来て、1回しか当たったことが有りません。
その1回は、一昨年でした。
アイスに変えずに、記念として保存してあります。

じゃんけんも勝てません。
それも、「ソフトボール大会決勝で同点になり、じゃんけんの勝ち抜き戦で勝敗を決める」というような、絶対に勝たなければならない時に負けます(実話です)。
私は自分が弱いのを知っていましたので、順番を最後にしました。
我がチームは残り5人、相手チームが1人になったところで、私は勝利を確信しました。
「まさかここから我がチームが4連続負けということはないだろう」と。
しかし、その「まさか」が現実になって私の番です。
両チーム残り1人ずつ。
当然のように私は負け、準優勝という結果でした。

5対1以前の勝敗を考慮しなければ、相手1人で5回連続して勝つというのは確率的にどうなんでしょうか。
「じゃんけん激弱だから負けるだろう」とは思っていても、「まさか5連敗は無いだろう」という気持ちも、無かったと言えば嘘になります。
相手はラスト1人ですし、私の番が来るまでに4連勝しているんですよ。
もう、チャンピオン並みの風格を感じるわけです。
鼻息荒いし(笑)
その時の私は、まさに「蛇に睨まれた蛙」ですよ、まったく。

ま、昔話はこのくらいにして。
そういう性格(性格というのか?)なものですから、「くじをどうぞ」と言われても、ほとんど今まで断って生きて来ました。
家族が居る時は家族に引かせ、私はやりません。
結果が解っているからです。
100%負けが解っていて殴られに行くボクサーが居るでしょうか(居るかも知れないけど)。

船橋の大穴というところに、ローソンが有るんですよ。
小さなローソンなんですけどね。
でも、そこのレジに元気いっぱいの女の子が居まして。
買い物をするのが楽しくなっちゃうような、そんな雰囲気を持った女の子です。

今日そこのローソンのホットコーナーを眺めていると、その子が「唐揚の手羽先風味はいかがですか~(^^)」と、満面の笑みで勧めるわけです。
普段ですと、ひねくれ者の私は「おでんが美味しく出来上がっています~いかがでしょうかぁ~」なんて言われても「余計なもんは買わないぜ、セニョーラ♪」ということになるのですが、今回は相手が違います。
いつも元気で明るい、コンビニ店員のお手本になるような女の子です。

「じゃ、唐揚頂きます」
「あ、ホントですか?有難うございま~す(^^)」
しかし明るい。
まるで、コンビニの為に生まれて来たような素晴らしい笑顔です。

おじさんはね、その笑顔に弱いんですよ(^^;

ローソン-幻の手羽先風味

中身はこんな感じ。

ローソン-幻の手羽先風味

「700円以上お買いあげ頂いたので、くじを1回どーぞ(^^)」
どうやらローソンでは、700円以上買った人はスピードくじが出来るらしい。
いつもならば低調にお断りしているくじ。
しかし今回は、コンビニの為に生まれて来たような素晴らしい笑顔の女の子に勧められたわけで、これはどう考えても断れる状況ではないということを国民の皆さんにご理解頂きたい(え?)

「あっ、当たりましたよ!(^^)」
「まっ、マジですか?嘘でしょう??」
「ホントですよぉ~(^^)今お持ちしますね♪」

キリン-澄みきり

マジか…

今までくじなんてほとんど当たらなかった私なのに…

あの子に勧められて唐揚を買い、その為に700円オーバーになり、700円オーバーになったからくじが1回引けて、くじが引けたから澄みきりが当たり、しかも500ml缶。
こんなことが世の中に有るんですねぇ。

今後はあの子のことを「天使」と呼ぶことにしよう。

Read More »

Pocket