Category Archives: うどん・そば

割烹一の矢でよくばり定食

0
Filed under うどん・そば, お気に入り, ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 寿司・回転寿司, 茨城県
Pocket

 

遅くなりましたが、昨年秋のお話です。

茨城県でお気に入りのお店といえば〝煮干中華ソバイチカワ〟ですが、今では超人気店になっておりまして、なかなか入れないのが悲しくも有り嬉しくも有るわけですが(お気に入りのお店が繁盛して嬉しいという意)。
煮干中華ソバイチカワの行列が長かった場合、次の選択肢として出て来るのが、〝割烹一の矢〟です。

「割烹」と名が付いておりますが、そんなにビクビクすることは有りません。
気軽に入って、落ち着いて食事を楽しむことが出来るお店です。
お値段は1000円前後の定食で充分満足しますが、1500円まで広げますと、一段階突っ込んだチョイスが出来るかも知れません。

私は今まで、ほとんど1000円以内で楽しませて頂いております(^^)

割烹一の矢
おまかせ定食 1000円(全て税別)

おまかせ定食は、1000円・1300円・1500円から選択出来ます。
出て来るものは、フロアスタッフに聞くと教えてくれますよ♪
この日は特に南蛮漬けが美味しかった~(o^_^o)

割烹一の矢
秋入荷(4)定食 1300円

「秋入荷(4)」というのは、「秋定食の四番目」という意味で、2015年秋はこういうラインナップでした。

(1)秋・松茸-松茸どびんむし+おまかせ 1500円
(2)秋・もどり鰹-かつお刺身・かつおたたき・かつお生姜煮・小鉢付 1300円
(3)秋・松茸-松茸どびんむし+刺身盛合せ 1700円
(4)秋入荷-秋さんま刺身・秋さんま塩焼・小鉢付 1300円
(5)秋入荷-秋さんま塩焼2本付 1100円、小鉢付は1200円

割烹一の矢
よくばり定食 1280円

これは名前の通り、よくばりですねぇ(^-^;
ご飯ものが二種類付いて、おかずが二種類にお新香付です。
うちの嫁の為に有るようなメニューです(笑)

このお店の料理って、美味しさの中に、良い意味での素朴さというか、どこか懐かしい感じのする味付けなんですね。
我が家からつくば市まではかなり遠い道のりなんですけど、こちらのお店に入ると、ホッとすると言いますか、癒されると言いますか。
何故そうなのか、最初は解らなかったんです。
でも、多分ですけれど、女将さんの人柄が出ているお店なんじゃないかと思うんですね。
何度か会計の時にお話をしまして、おそらくそうかなと。

もうひとつ、男性フロアスタッフの方がいらっしゃいまして、この方の雰囲気がいいんです。
清潔感が有り、にこやかで、丁寧でいて堅苦しく無く、もう何と言いますか、「元祖丁度良い接客」とでも言いましょうか、本当に「丁度良い」んですよ。
この説明では不十分ですね、まったく(;^_^A

私は某理容室の〝木村さん〟の大ファンなんですが、この男性フロアスタッフが木村さんに似ているんですよ。
そこもまた得点高いんですよねぇ(話がコア)。
もしかしたら、ご兄弟とか??
ということを聞かずに予想するのが、私の楽しみ方でも有るわけですけど(笑)

機会が有りましたら是非行って、「一の矢の木村さん(私はそう呼んでいます)」に会って下さい。
丁度良いんです、ホントに。
接客されると、心が「ホワ~ン」とします。
微笑まれると、幸せな気分になれます。
そして、木村さんに似ています(誰も知らないってば)。

デカ盛メニューも有りますので、デカ盛ファンの皆様も行ってみて下さいね~(≧∀≦*)

【割烹 一の矢(いちのや)】
住所 茨城県つくば市栗原4095-1
電話 029-864-2310
時間 11時~21時30分
定休日 無休
駐車場 有

≫割烹一の矢のデータはこちら

Pocket

満留賀本店でミニ丼セット

0
Filed under うどん・そば, 松戸市
Pocket

 

「満留賀」と言えば、私にとっては金ヶ作に有ったこちらのお店
閉店してから何年も経ちますが、今でも味を、そしてお店の雰囲気を覚えています。
お店の名前に〝本店〟が付いているので、「もしかしたら何か関係が有るのかしら?」と思い、訪問してみました。

満留賀本店

お蕎麦屋さんの名前ってどこも似通っていて、だからこそ伝統や格式というものを感じますし、同時に色々な意味で保守的な印象も受けたりします。
私はこういう、伝統を守り続ける事に関して全く抵抗が無いタイプ。
逆に、ヘンテコな店名を付けているお店には入らない性格のように思います。
歳をとると保守的になるとは、よく言ったもんですよねぇ。

満留賀本店
たぬきそば・ミニかつ丼セット  800円

こちらのお店はミニ丼とのセットがお得ということで、二人ともセットでお願いしてみました。
ミニ丼が有るお店って、嬉しいんですよね。
「お蕎麦も食べたいんだけど、カツ丼も食べてみたいし、カレーも食べてみたい」なんていう時に便利です。

満留賀本店
もりそば・ミニカレーライスセット  750円

私が蕎麦を食べ歩く時には〝もりそば〟と〝カレーライス〟をお願いするんですが、最近は歳のせいかそれほど食べられなくなってしまい、一気に二食を頂くのが辛くなっておりまして(^-^;
でも蕎麦とカレーはどうしても食べてみたいので、〝ミニカレー〟が有ると嬉しいんです。

満留賀本店

まずはお蕎麦。
実に美しいです。
金ヶ作に有りました満留賀の田舎っぽいお蕎麦とは違い(私はどちらも好き)、とても上品なお蕎麦だと思います。
汁の味も、関東風の蕎麦つゆの角を丸くしたと言いますか、くどさは無く、とてもあっさりと頂く事が出来ました。

満留賀本店

たぬきそばは久しぶりでしたが、揚げ玉のパワーを改めて感じました。
この影響力って凄いですね。
揚げ玉万歳!といった感じです。
温かい方は、ちょっとお蕎麦が軟らかいバランスでした。

満留賀本店

カツ丼は一般的な作りで、カツ全域を卵とじしたもの。
やはり金ヶ作とは違うようです。
このボリュームのカツ丼を、プラス300円で食べられるのはお得ですね(^^)

満留賀本店

このお店のカレーは、薄口で甘めで、野菜のたくさん入ったカレーでした。
スパイス感はあまり有りません。
食べて暫くして、遠くから来る感じです。
子供さんにも優しい味付けですね(^^)

四種類頂いてみましたが、おすすめは何と言っても冷たいもりそば。
石臼挽きの自家製蕎麦が自慢ということで、繊細な風味が楽しめることと思います。

本日もお腹一杯頂きました。
ご馳走様でしたm(__)m

【満留賀本店】
住所 千葉県松戸市稔台4-2-2
電話 047-392-8022
時間 11時~21時
定休日 水曜日
駐車場 有り

≫満留賀本店のデータはこちら

Pocket

お気に入りのお蕎麦屋さん長寿庵のカレーを食べて来ました

0
Filed under うどん・そば, お気に入り, 松戸市
Pocket

私の好きなお蕎麦屋さんは、松戸の〝長寿庵〟だということは先日お話を致しました。
その長寿庵のメニューの中でも一番好きなのは、カレーライスだということもお話をしました。
蕎麦屋さんなのにカレーライスというのは失礼なのかも知れませんが、勿論蕎麦も好きということに関しては間違いございませんので、その辺りをご了承頂ければ嬉しく思いますm(__)m

前回行ったのは大晦日で、その日はカレーをやっていませんでした。
31日は蕎麦の注文が多いだろうと、中華のメニュー全般をお休みにしたそうなんです。
私、前日からカレーモードでございまして、「明日は大好きなカレーが食べられる」とワクワクしておりましたが、2日間に渡っての期待が音もなく崩れ去り、その切なさ故、蕎麦を2人前食べてしまったわけです(言い訳っぽい)。

とにかく大好きなカレーが食べられなくてモーレツに残念だったので、16日に行って来ました。

長寿庵

まずは鴨せいろ。
これはもう、間違いはございません。
そう言えば、ラーメンは「麺硬めで」ってお願いする人が居ますけど、蕎麦屋さんでは聞いたことが有りませんね。
お願いすればやってくれるんでしょうか。

さてさて、お目当てのカレーです。

長寿庵

「カツカレーがいい」と嫁が言うので、そうしてみました。
実は私、長寿庵のカツカレーって、そんなに食べていないんですね。
多分、数える程度かと…
〝カレーライス大盛〟は、たまに食べましたが。
元々ここのカレーライスは大盛なので、わざわざ大盛にしなくても満足しちゃうんですよね。

長寿庵のカレーの、どこが好きなのか。
まずは、トロトロ感ですねぇ。
出前でお願いしますと、到着する頃には、表面に膜が張っています。
どの季節でも同様に、膜が張っています。
この膜が張るカレーが、とにかく好きなんです。

一口目。
そうです。
膜が張る長寿庵特製トロトロカレーの、一口目が絶品なんですよ。
二口目ではなく、一口目がいい。
何故ならば、一口目が一番トロトロ感を感じるからです。
この日も変わらず、トロトロでした~(o^_^o)

全体的に「辛くない」というのも好きです。
でも、食べているうちにピリッとする。
たまに「カレーでっせ♪」という主張をしてくるわけなんですよ。
この「優しさの中にも一本筋が通っている」というバランスが好きです。

肉が大きい(笑)
大きめに切った豚バラ肉が、これでもかっ!ていうくらい入っています(あまり大袈裟に受け取らないで下さいね)。
私ら世代というのは、肉に敏感なんですよ。
特に我が家は貧乏でしたから、カレーには豚コマ肉がちょっとしか入っていなかったんですね。
たまに、肉の代わりに魚肉ソーセージが入っていて、それはそれはガッカリしたものでした。
外食でカレーを選択しても、ほんのオシルシ程度しかお肉が入っていないカレーが有りますでしょ?
あれは、ガッカリなんです。
「これが上品」と言われようが、私はダメ。
却下。
たまに、お肉がどこに入っているのか探しちゃうカレーも有りますよね。
その時点で、もう涙目ですから(笑)
長時間掛けてやっとこさお肉が見付かると、「なんだ、こんなところに居たのか」とスプーンでそのお肉を撫でますね。
「いい子、いい子」します。

しかし、長寿庵のカレーは違います。
もう、パッと見ただけで解る。
「さてと、お肉ちゃんはどこかなぁ~?」なんて探す必要は有りません。
出て来た時点でお肉達が「私はここよっ!」と、手を上げています。
そう、「お肉が」じゃなくて「お肉達」なんですよ。
あっちにも、こっちにも、お肉が入っているのが確認出来ます。
スプーンですくって食べると、毎回お肉が入って来るという感じです(ここも、大袈裟に受け取らないで下さいね)。

具が少ないのがいい。
我々の世代は、イモがゴロゴロ入っていたんですよ。
「栄養配分を考えて」なんて体裁の良いことを言っていますけど、要するに嵩増しと一緒。
お腹一杯にする為に、ジャガイモだのニンジンだのを大きく切って入れたわけです。
あの頃育った私は、そんなカレーはもううんざりなんですね。
具にお肉は当然として、甘く、シャキッとしたアクセントを加える玉ねぎだけ有ればいい。
というか、それ以外要らない派ですm(__)m

長寿庵のカレーの良さはまだまだ書ききれないほど有るんですが。
それは食べて実感して頂くことにしましょうか(^^)

この日は結構な混み具合で。
後ろの席には同業者が二人連れで来ていましてね。
そのうちの一人の方が「ここのカレーは一番旨いんだよ」と言いながら食べていたんです。
思わず、振り返ってお顔を拝見しちゃいましたもの。
「いや~解っていらっしゃる!」って、抱き付きたくなりました(≧∀≦*)

うちの業界は、食べ歩きが好きな人が多いんですよ。
ガテン系ですから、昼食は楽しみなんです。
「今日はここの現場だからあそこに入ってあれを食べよう」なんてことを、11時頃になると考えています。
後ろの席の同業者も、「今日は長寿庵でカレーだな」と考えていたに違い有りません。
出来ればその方とお話をし、オススメのお店を伺いたかったなぁ(^^;

えっとですね。
カツカレーライスでなく、カレーライスがオススメです。
見て頂ければお解りの通り、揚げたてではないんですね。
揚げ具合も、カリッというより、フワッとした感じ。
私は「カリッと揚げたて」が好みなので、多分当時カツカレーをあまり食べなかった理由が、ここに有るんだと思います。
カレーライスがオススメ♪

当時は最低でも週に一回は食べていた、長寿庵のカレーライス。
お店建て替えの前から食べていますので、かれこれ35年になりますでしょうか。
今では数年に一回の訪問になってしまいましたが、やはりここのカレーライスが一番好きです。

松戸に有った「満留賀」さんのように、跡継ぎが居なくて閉店というお店も多く有りますが、ここ長寿庵は優しい笑顔の息子さんが継いでいらっしゃり、私が生きている間はこの美味しいカレーが食べられそうで嬉しいです。
その為には、私も健康に気を付けて、元気で居ないといけませんね(^-^;

ご馳走様でしたm(__)m

≫長寿庵のデータはこちら

Pocket

お気に入りのお蕎麦屋さん長寿庵で年越し蕎麦

0
Filed under うどん・そば, お気に入り, 松戸市
Pocket

B食ブログを見て下さっている皆様。
あけましておめでとうございます。
親の介護を始めてから、あまり食べ歩きも更新も出来ない私ではございますが、今後とも宜しくお願い致します。

昨年のお話です。

「あのお店の○○○が美味しい」
こういうお話をよく聞くわけですが、人には好みというものが有りますから、なかなか全員がそれに賛同することは有りませんね。
特に今回のお話のように、私の個人的な懐かしさなんてものが入ってしまいますと、余計に難しくなってしまいます。
ですから、話半分で聞いて下さい(笑)

私は、蕎麦に関してはかなり寛容でございまして。
というか、高価な蕎麦は食べられないので、よく解らないんですね。
生まれてから一番食べ歩いているのがラーメンで、そのラーメンと同じ位の頻度で食べていたならば蕎麦も理解しているんでしょうけど、何せ蕎麦を頻繁に食べ歩けるほどの生活を一度もしたことが無いものですから、高価な蕎麦がどの程度美味しいのかが解りません。
「たいちょは蕎麦の話をあまりしませんね」
この理由は〝貧乏〟という言葉に隠されていたのでした(特別隠してないけど)。

回数で言いますと、一番食べたのは千葉県松戸市久保平賀397に有ります「藪喜(本当は七が三つの〝き〟です)」で、次は多分コンビニのもりそば(笑)
で、一番長い間お世話になっているお店といえば、ここ「長寿庵」です。

長寿庵

なんと、今回訪問するまでの間に4回振られているという私のおバカさ加減。
定休日を忘れて来ちゃったり、臨休に当たったり。
ですからこの日は、絶対に開いているという大晦日に来てみたわけです。
お蕎麦屋さんが大晦日にやっていないはずないですもんね(^^;

長寿庵

何が好きかといえば、まずは蕎麦。
私は細麺が好きなんで、この細さがまた、たまらなくいいんです。

長寿庵

久しぶりに温かいお蕎麦も頂いてみたんですが、食感は圧倒的に冷たいお蕎麦の方が良いですね。
温かい方はもう少し早めに上げて頂くと、丁度好みに合うかも?
もしかするとこの蕎麦、足が早いのかも知れませんね。

長寿庵

かつ丼も美味しいんですよね~。
というより、私はこのお店の〝かえし〟の味が好きなんだと思うんですね。
基本のかえしが好みに合えば、多分全てが美味しいはずです。
昔は結構色々と注文してみましたけど、このお店のメニューで美味しく感じなかったものは有りませんでした。
ですから、きっと、そういうことなんだと思います。

で、確かに蕎麦もかつ丼も好きなんですが、このお店で一番食べているのが「カレー」なんですねぇ。
カレー丼でなくて、カレーライスの方。
もうカレーライスはですね、何回食べたか解らないほど食べています。
毎日食べても飽きないほど好みなんですよ、この魚介出汁香るカレーが。

私が蕎麦屋さんに行ってまずカレーともりそばを注文するようになったのは、このお店のカレーを食べてからなんですよね。
そのふたつが好みに合えば、その蕎麦屋さんで何を食べても好みに合うはず。
でも、なかなか無いんですよ、両方好みに合うお店。
蕎麦はいいのに、カレーが業務用そのままとか。
そう、まずカレーの味が好みに合わないことが多いですね(何故業務用カレーをそのままの味で出すのかが長年の疑問でもあります)。
長寿庵のカレーのバランスが絶妙過ぎて、他店に入ってもつい比べてしまい、ガッカリして帰ることになるわけです。

そこまで好きな長寿庵のカレーなのに、何故この日はカレーの写真が無いのか。
食べてないんですよ(T_T)
注文はしたんですけどね、「大晦日は中華のスープを作らないので、カレーは無いんです」とのこと。
え?
このお店のカレーって、中華スープ使っていたんですか?
魚介系出汁の香りが強いので、てっきり和風出汁を使っているのかと思っていました。

いや、もしかすると途中でレシピが変わったのかも?
そうすると、今は私の好きなあのバランスではないのかしら??

これは近いうちに調査しないといけません。
あのバランスでないとすると、もしかしたら私の好きでないバランスになった可能性も有ります(きっとそれはない)。
だとしたら悲しい…(;´д`)

というわけで、調査したらまたブログにアップします!

お蕎麦は変わらず、美味しく頂きました(o^_^o)

≫私の大好きなお蕎麦やさん長寿庵のデータはこちら

Pocket

うどん市柏駅前店の伝統の味〝市天丼セット〟を堪能

0
Filed under うどん・そば, お気に入り, 柏市
Pocket

某企業さんからの依頼で、柏市内のお店を紹介することになりました。
〝お店〟というと、私の場合は自動的に〝飲食店〟ということになりますね。
得意分野と言えなくもないかも知れないなぁと思ったりして(^^;

うどん市柏駅前店

柏市の飲食店といえば、忘れてはいけないのがフーサワ関係だと思います。
ちょっと前に〝らーめんのフーサワ〟が無くなってしまったのは非常に残念でした。
こちらを見て下さっている人の中にも、「みなさまらーめん」を食べた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
「おたのしみらーめん」とかね(^^)
その頃厨房に居たのが、現在うどん市に居る熊谷さん(以下、淳さん)であり、麺屋花形の池澤さん。
あ、池澤さんの奥様もいらっしゃいました。
フーサワの中枢を担う人達がいらっしゃった時代ですね。

今回は取材としてうどん市駅前店に伺いまして。
今まで撮った写真で良いものが無かったものですから(^^;
注文をして到着を待っていると、目の前を淳さんが…
まさか私が来るなんて思ってないし、ましてや淳さんは主にそごう店の方に居る人で、たまたま柏駅前店に来たから余計に気付かなかったようで。
私も、帽子を深々と被っていましたからね(怪しい)。
いいんです、それで。
「黙って食べて黙って帰る」、それこそが私の食べ歩きのスタンスですから。

スタッフのお姉さんに聞きまして、お勧めを頂きました(黙ってないじゃんか)。

うどん市 柏駅前店
市天丼セット 880円

毎回思いますが、うどん市のうどんって美味しいですよね。
勿論本場讃岐の人が食べたら色々と有るんでしょうけど、このツルツル感と言い、コシの程良い強さと言い、私的には大満足でございます。
あ、そうそう。
今回来たのは、この柏駅前店が久しぶりだったからなんですね。
いつもは近くの〝うどん市南柏店〟に行っちゃうんですよ(母が大好きなもので)。

しかしこの天丼、久しぶりにちゃんとした天丼食べたなぁ~って感じです。
この香ばしい揚げ方といい、かかっているつゆの上品さといい、これが880円で食べられるのは素晴らしいことですよね。
12時になりまして、次から次へとお客さんが入って来ます。
わりとご高齢の方が多いかな?と思ったら、後から私よりも若い人達が入って来ました。
老若男女(ろうにゃくなんにょ)、誰にでも受け入れられるのって結構難しいと思うんですよ。
でもこのお店、年齢の差なんか、なんにょそにょ(なんのその)。

えぇ、これが言いたかったんですけども(^^;

長く続く理由って、必ず有るんですよね。
本当に美味しく頂きました。

ご馳走様でしたm(__)m

≫うどん市柏駅前店のデータはこちら

Read More »

Pocket

ゆでたて家でもりうどん大盛

0
Filed under うどん・そば, 野田市
Pocket

埼玉に行く用事が有りましたので、久しぶりに『ゆでたて家』に行って参りました。

調べてみると、初めてこの店に来てから10年近く経っていました。
元々我が家は、外食でうどんを選択することがほとんど無いからなんでしょうね。
行くとすると『はなまるうどん』がいいところ。
本場讃岐うどんだったら何店でも行ってみたいな~って思うんですけど、この界隈では「讃岐」と謳っていて偽物だったり、食べたいというお店が少ないのが現実なんですよね。

嫁は初めてなので、絶対に美味しいこちらを温かいバージョンで。

ゆでたて家
肉汁うどん(普通盛) 730円

この日は暑かったので、汗っかきな私は冷たいうどんを頂きました。

ゆでたて家
もりうどん(大盛) 580円

このお店は普通盛が400gで、1kgまでお願いすることが出来るんです。

大盛500g/プラス100円
特盛600g/プラス200円
二枚800g/プラス300円
1キログラム/プラス400円

普通のもりうどんが400gも有って480円で、倍量しても780円ですよ?
かなりお得ですよね(^^)
汁の方を贅沢すると若干割高にも感じますが、もりうどんは本当にお得だと思います。
次回は二枚チャレンジしてみようかな~(^^;

久しぶりの手打ちうどん、モーレツに美味しかったです(≧∀≦*)

ご馳走様でしたm(__)m

【ゆでたて家】
住所 千葉県野田市中野台820-10
電話 04-7121-5071
時間 11時~21時
定休日 無休
駐車場 有り(お店の前に有ります)

≫ゆでたて家のデータはこちらへ

Pocket

手づくりうどん七味家でジャンボ穴子天丼

4
Filed under うどん・そば, お酒を楽しむお店, ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 松戸市
Pocket

お知らせというほどのお話ではございませんが、今年から仕事内容が変わります(そろそろです)。
その為、あまりネットに顔を出せなくなり、夜の外出も少なくなると思います(mixiアプリも放置ぎみになるだろうなぁ…)。
本当はホームページを縮小するか止めるかすれば楽になるんでしょうけど、まだどこまで忙しくなるのかハッキリ解らないんですよね。
でも、てんてこ舞いになる可能性有り(^^;

私がホームページを初めてから、15年以上経つんでしょうか。
今はたくさんのグルメのページ(企業)が有り、個人のページでも精力的に活動している若い人達が多くいらっしゃいます。
こんな私のページでも、昔は利用価値が少しは有ったんですよ。
「ページに載っていた○○○に行ってみたけど美味しかった」とか、「レシピ通り作ってみたら美味しかった」なんてメールを頂くと、こちらも嬉しくって。
更新する意欲がわいて来たものです。

もう数年前から考えて来た事ですが…
今は昔と違い、このページが無くても何も変わらないわけで、利用価値という意味で考えると「無い」という事になるわけですね。
利用価値の無いページを更新していても何か意味が有るのかな?
なんて事も思ったりするんです。

両親の世話(特に買い物や料理)も日に日に多くなって来ますし、その上仕事も忙しくなるので、きっと頻繁に更新が出来なくなります。
そして、飲み会出席も、今後どうなるか解りません。
「更新出来たらします」
「外出出来るようなら出ます」
ということで、ひとつm(__)m

さて、この日は…
というか、前日からですが、『おばいけ』を探していたんです。
おばいけというのはさらし鯨の事で、たまにスーパーで見掛けますよね。
あの、白くてプルプルしたものです。
先日、某出版関係の方からメールを頂き、うちのページのおばいけの写真が欲しいという事なんですね。
しかしそのおばいけの写真は『くじらや大樹』の料理の写真で、お店に確認せずに「どうぞ」と言えません。
かといって、大樹に行く時間も無い。

どうしよう…

考えた末、「そうか、私が買って来て写真を撮ればいいんだ」という結論に達したのでした。
実は私、おばいけは大好物なんですよ。
写真撮影を口実に、たくさん買っちゃおうかなぁ~(人´∀`)

それを担当の方にメールすると、期限が月曜日までらしい。
時間がにゃい!(T∇T)
早速土曜日の午後から探しまくりまして、まず近くのスーパーに数ヶ所行きました。
「有るんじゃないかな?」と思われた、高級スーパーでお馴染みの京北にも無し。
夕方6時過ぎまで探しましたが、どこにも有りませんでした。
角上魚類にも無かったのは痛かったなぁ(涙)

翌日は(今日ですね)、仕事が休みなので午前中から柏駅方面に向かいながら、行ってないスーパーを片っ端から回りましたが見付からず。
何故柏駅方面に向かったかというとですね、柏駅前には、そごう、高島屋の地下が有り、そこで無ければ伊勢角も有るわけです。
そこの3ヶ所に行けば、絶対に有るだろうと考えたわけですよ。
十数ヶ所回ったお店には無く、柏駅に到着したのは昼過ぎ。
嫁もお腹が減ったというので、前から嫁が行きたいと行っていた『手づくりうどん七味家』に入りました。

嫁は天丼、私は穴子天丼のライス大盛。

この盛りを見てみれっ!

手づくりうどん七味家 - 天丼600円

手づくりうどん七味家 - 天丼600円

皿でも頂かないと、ご飯を食べる事が出来ないほどの盛り(^^;

手づくりうどん七味家 - 穴子天丼大盛600円+100円

手づくりうどん七味家 - 穴子天丼大盛600円+100円

ちょっとはビックリして頂けたでしょうか(笑)
丼の直径の、倍の長さの穴子天です。
今日のおまけ天は、シシトウ半分でした。

大穴子、美味しぃ~~~~ヾ(≧▽≦)ノ

しかしっ!
もう既に胃の老化現象が始まっている私には、この脂っこさが辛い (T∇T)
その為にご飯大盛にしたのに、普通盛とあまり変わらない(200円払って特盛にすれば良かった!)
私の穴子5分の2と嫁の小さなナス天を交換してもご飯が足りない 。゚(゚´Д`゚)゚。
小さい頃からの「ちょっとのおかずでたくさんご飯を食べる」という貧乏生活が、体の隅々まで染み込み過ぎちゃってるんだよね。

『ちょっとのご飯とたくさんのおかず』という、贅沢な食事が似合う人になりたい…

口中がかなり脂っこくなって来たので、味噌汁を一口♪
あ゛っ!
味噌汁にも天かすが入っている!( ̄▽ ̄;)
かくなるうえは、七味攻撃じゃっ!
穴子に七味をフリフリ、ご飯にも七味をフリフリ、味噌汁にも七味をフリフリ。

ちょっと待てよ… この店の名前は… もしかして………

それで七味家っていう名前なの??(きっと違うな、うん)

とにかく完食。
天丼好きな嫁も大満足。
600円じゃ~安過ぎるっ!!ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人

≫手づくりうどん七味家のデータ

七味家で七味を…いや、天丼を堪能した後は、デパ地下へ。
そうです、おばいけ探しの旅に戻ります。
そごう、高島屋、伊勢角という大御所に期待をしていましたが、高島屋で「有りません」と言われてからというもの、段々自信が無くなって来ました。
「もしかして、どこにも無いというんじゃ…」
この寒いのに、冷や汗(;・∀・)

結局!
そごう、高島屋、伊勢角、どちらにもございませんでした ヽ(`Д´)ノウワァァァン

何十店歩いたんでしょうか。
脚が棒になって来ました。
その後も、普段行かないような薄暗いスーパーに入ったり、魚屋さんにも聞いてみましたが、全滅。

そう。

全滅

この言葉がピッタリです。

実はですね。
今日の3時頃から多少イライラして来ましてね(笑)
各店に「おばいけくれー置いておけよ、こんにゃろめっ!」とか言ってやりたくなったのは、特別内緒にしておかなくてもいいです。

6時を過ぎた頃には、もう絶望感しか有りませんでした。

もう行く店が無いんだもの。

肩を落としながら、若干目が険しくなった嫁とは視線を合わせないようにしながら帰宅し、担当の方に「申し訳ございません、見付かりませんでした」とメール。

土曜日の夜、酢味噌まで作っておいたのに…(>_<)

もう二度とおばいけなんて探すもんかっ!! ・゚・(ノД`)

Pocket