Category Archives: ラーメン

東池大勝軒おはこで豚バラ軟骨ラー麺

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 八千代市
Pocket

 

初中華は松戸のゆうえんでしたが、初ラーメンは「東池大勝軒おはこ八千代店」でした。
このお店、ももちちさんから教えて頂いてからすっかりファンになりまして、「山岸さんっぽい味」として楽しんでおります。

この日は寒かったことも有り、もりそばではなく中華そばの方をチョイス。

東池大勝軒おはこ八千代店

私はワンタン麺 950円。

東池大勝軒おはこ八千代店

嫁は豚バラ軟骨ラー麺 950円。

久しぶりなので、忘れておりました。
このお店は、普通でお願いすると麺320g有り、私は半分の160gでお願いしないといけないのでした(^^;

「うわ~、失敗した~、食べられるかなぁ」
なんて言いながら、結局完食。
美味しいものは食べられるんですよねぇ(o^_^o)

軟骨は、我が家の軟骨煮同様、トロットロのウマウマでございました♪

初ラーメンに相応しいこの一杯!

ご馳走様でございましたm(__)m

【東池大勝軒おはこ八千代店】
住所 千葉県八千代市大和田新田63-1
電話 047-458-1884
時間 11時~15時・18時~21時(金・土は22時~24時も営業)
定休日 月曜日
駐車場 建物に向かって右脇のコインパーキングで90分まで無料

≫東池大勝軒おはこ八千代店のデータはこちら

Pocket

喜多方ラーメン小法師岩槻店

0
Filed under ラーメン, 埼玉県
Pocket

 

私用で帰省することになりまして、先月行って来ました。
「今度帰省したら美味しい喜多方ラーメンが食べたい♪」と思っていて、でも今回食べたラーメンはそういう系列のラーメンではなかった為、ちょっと残念。
「あぁ、今度帰省するのはいつになるんだろう(涙)」と項垂れていると…

福島から戻りまして数日後、「いつも頂いてばかりなので、千春さんにお土産を」と、埼玉に有る千春さんのお店に行ったんですね。
昼頃には着くだろうから、千春さんとお弁当でも買おうかなんてことを考えていたら、結構渋滞していて到着は昼過ぎ。
勿論千春さんは昼食を済ませた後。
電話して行けば良かったんでしょうけど、急に行って驚かせたかったわけですよ(;^_^A

お客さんが見えた所で千春さんと別れ、「さてどこかで昼食を♪」と検索すると…
なんと喜多方ラーメンのお店が帰る途中に有るではございませんか。
これは神様のプレゼントに違いない(☆。☆)キラーン!!

喜多方ラーメンというと、昔は松戸の五香付近に2店有りまして、結構通ったものでした。
勿論チェーンですから、私が昔食べたものとは全く違います。
それでもあっさりスープと平打ち麺の組み合わせは、私を感激させるに充分なパワーが有ったのです。
平打ち縮れの多加水麺、大好きなんですよねぇ~(o^_^o)

喜多方ラーメン小法師岩槻店

坂内と書かれているので、坂内食堂の系列店なんでしょうか。
いや~、お腹ペコペコ(^-^;

喜多方ラーメン小法師岩槻店

昼と言っても遅い時間なのに、8割の客入り。
人気有るお店みたいですね。

指示されたカウンターに座り、「喜多方ラーメン普通盛650円」を注文します。
平日のランチタイムは半ライス無料ということでしたが、時間も遅いし、ラーメンライスを注文するほど若くありませんので、お断りしました。

でも来たのはこちら。

喜多方ラーメン小法師岩槻店

せっかく持ってきて頂いたのに返すのも申し訳ないので、半ライスも頂くことにしました。
こういう言い訳をしながら食べるっていうところが、デブの証でも有りますね(笑)

この、澄んでいるようなそうでもないようなスープが、思ったよりも尖っています。
チャーシューも結構濃い味。
あっ、このチャーシューならばライス行けるかも♪っていうバランスです。
だから半ライスサービスなんでしょうかねぇ。
本家坂内食堂は、もう少し塩っぽい見た目だったような気が…??

喜多方ラーメン小法師岩槻店

兎にも角にも、喜多方ラーメンを食べることが出来て満足です。
行ったばかりなのに、もう福島に行きたくなっている自分。
福島の地が、私の体に合っているのかも知れません。

ご馳走様でしたm(__)m

【喜多方ラーメン小法師岩槻店】
住所 埼玉県さいたま市岩槻区大字加倉17-1
電話 048-757-7175
時間 11時~23時
定休日 無休
駐車場 有り

≫喜多方ラーメン小法師岩槻店のデータはこちら

 

Pocket

松戸南部市場にキリンキッチンオープン

0
Filed under お気に入り, カレー, ラーメン, 松戸市
Pocket

 

Humtonに行った時に「あ、ここに何か出来るんだね」なんて話をしていたら、もう開店していました(^^;

キリンキッチン

何とも清潔感溢れる外観ではありませんか。
ここの店主さんは家に小物を置いたりせず、テーブルの上にも何も置かずに、さっぱりと整理された部屋が好きな人なんでしょうね、きっと。
私もそういう部屋が好きです(^^)

想像はこの辺にしておいて。

このお店が開店していたのは、友達ののぶちゃんからメールで聞いたのですが、のぶちゃんがどこから情報を得たかというと、ゼータシゲッチさんのページだそうで。
ゼータシゲッチさん、情報早いなぁ(^-^;
考えたら私がHumtonに行ったのって、8月初旬だったんですねぇ。
もう2ヶ月以上前です。
時の経つのが早いわぁ(+_+)

ゼータシゲッチさんのページによりますと、こちらの店主は東池袋大勝軒系のお店に在籍していらっしゃったようで、そう聞くと今となってはお腹一杯に感じてしまうのですが、スープに海老や蟹を使っているとのこと。
それに、ミートソースまぜそばや、カレーやハヤシライスも有るようで、東池袋大勝軒から私の好きな方向に流れて行っているような気がして、早速家族3人で行ってみました。

キリンキッチン

まずはチャーシュー丼が到着。
こりゃ旨い!(≧∇≦)/
味の作り込み方が上手いと言いますか、こちらの店主さん、ちゃんと味見していらっしゃると思いました。
「何をバカなことを言ってるんだ、味見するのは当たり前だろう?」
そう仰る方が居るかも知れません。
いえいえ。
新メニューを出す時、ちゃんとした完成品を作って食べない人なんてザラに居ますし、日に1度もスープ味見をしないなんていう人も普通に居ます。
こちらの店主さん、きっちりした仕事をする人のようで、ラーメンにも期待が高まります(^^)

キリンキッチン

お次はカレーライス。
うわぁ~、こちらも凄く丁寧に仕込まれています。
自家製の漬物もシャレていますし、カレーも甘口に作られていますので、女性にも人気が出そうですね。

さて、最後はラーメンです。

キリンキッチン

東池と言われれば「あっ、なるほど」という味なんですが、言われなければ「お?」という感じ(良い意味です)。
これ、「東池系に居た」って言わない方が評価高くなるかも?(^-^;
実に完成度が高いスープで、ゼータシゲッチさんが仰るように、ちゃんと甲殻類の味が残っているところが凄いです。
チャーシューも丁寧に作られていますし、麺がまたスープにベストマッチですねぇ。
美味しい!

どれもこれもが良い材料を使って作られている為か、お値段としては高め。
ただ、「この値段を出してもいいからこの店のラーメンが食べたい」と思わせるだけのパワーは有ると、私は思います。
「○○○系」というよりは、このお店のオリジナルでいいと思いますねぇ。
なんかそういう流れみたいなものって、こちらのラーメンには要らない気がします。

唯一思ったのは、全体的に味が濃いことでしょうか。
特にチャーシュー丼は途中でしつこくなってくるので、ご飯の白い部分がもう少し残っていた方が好みだったかな~と思いました。
あっ、もうひとつ有りました(笑)
麺を持ち上げる時に、時々引っ掛かるんですね。
これは多分、麺の長さと、縦長の丼が関係しているんじゃないかな~と。
それか、麺をスープに入れた後で一度持ち上げると解消するんでしょうかね。
とってもオシャレな丼なので、私は好きなんですけど♪

豚軟骨のトッピングが有ったり、私の好きなものがたくさん有るお店なので、全種類制覇したいです。
残るは、ハヤシとミートソースまぜそば…
いや、私はそういう変化球よりも、このスープで塩ラーメンを頂きたいなぁ~なんていう期待をしていまして、「塩ラーメン出ました」なんて聞いたら、仕事放ったらかして行くと思います(マテ
そういうラーメン系の主力メンバーの充実に期待したいです。

こういう何かを期待させるようなお店、久しぶりではないでしょうか。
フロアのお父様も気さくで楽しいし、店内も非情に居心地が良い雰囲気ですので、繁盛間違いなしですね。
つけめんも出るようですが、次あたりに塩を…(しつこい)。

ご馳走様でございましたm(__)m

【キリンキッチン】
住所 千葉県松戸市松戸新田30 松戸南部市場内
電話 …
時間 9時~16時
定休日 水曜日
駐車場 松戸南部市場駐車場を使用

≫キリンキッチンのデータはこちら

 

Pocket

麺屋花形で新メニュー♪

0
Filed under お気に入り, ランチ・定食, ラーメン, 柏市
Pocket

「うちのお店、定食屋になるんですよ」
そんなジョークがご夫婦の口から出たのは、先月。
実はジョークじゃなくて、本当らしい。
いや、定食屋になるというのはジョークで、「定食を出す」というのが本当らしいのです。

これは問題発言かも知れないんですけど…
50歳を過ぎた頃から、「ラーメンを食べよう♪」という意欲が少しずつ減って来た自分に気付いたんですね。
ラーメンを食べると、どうも胃が重くなる。
背脂こってりのラーメンを想像すると、目がハートになるのは今でも変わりません。
ですが、その想像が実際に食べる所まで行くと、「その後の体調」が気になってお店に足が向きません。
「それが歳っていうことだよ」と皆に言われても、この悲しさたるや…(T_T)

でもですね、同じボリュームの定食ならばOKなんですよ。
何がどう違うのか、もしかしたらスープに入っている化学調味料のせいなのか、もしくは麺に入っているかん水等添加物のせいかも知れません。
そういうものに体が負けてしまうというのが、悲しいのですよ、オジサンは…

ということで、最近の食べ歩きは定食が多くなって来ました。
そこへ来て麺屋花形店主池澤さんの「定食屋」発言。
思わず「( ̄ー ̄)ニヤリ」としましたねぇ。
言わずとも解っていらっしゃる(いや、単なる偶然だと思いますよ)。

LINEで「出ました?」と送ると、「出てます」とのこと。
早速行って来ました。

麺屋花形

嫁はお気に入りの「ごまそば+味玉」。
私は勿論新メニューの「辛もつ煮込み」なんですけど、それがまた、「辛もつ煮込み」を使ったメニューがたくさん有るんです。

1.辛もつ煮単品(小)
2.辛もつ煮単品(大)
3.辛もつ煮定食
4.辛もつ味噌らぁ麺
5.辛もつのあいがけカレー

ざっと入口のメニューを拝見しただけで、5種類有ります。
実はホームページを見ると「らぁ麺辛モツ煮セット」なんていうのも有ったりして、何と6種類の選択肢が有るではござらぬか。
おっと、興奮して侍時代の言葉遣いになってしまいました(嘘)

どれにしようかな…

「らぁ麺辛モツ煮セット」というのも気になりますが、辛もつ煮単品・カレーにラーメンまで付きますから、食べきれるかどうか心配です。
やはりここは定食の王道を行く形を取り、「辛もつ煮定食800円」をお願いすることにしました。

麺屋花形

辛もつの上に、山に盛られた長ネギが美しいです。
隣のご飯の盛りが力強く、サブとして醤油味のワカメスープと大振りの沢庵が陣取り、素晴らしい見栄えではございませぬか(まだ言葉遣いが直っていません)。
余談になりますが、店主池澤さんはラーメンよりもご飯が好きな人です(笑)

そして、それ以上に好きなのがパンです(≧∀≦*)

ご飯好きな人が作る定食って、そうでない人の定食とちょっと違うんですよ。
これはお弁当にも言えることです。
ほら、ご飯好きな人はここで頷きましたでしょう?
見て解るし、食べたらもっと解る。

ご飯好きではない人が作った(考えた)定食って、ご飯が進まないんですよ。
例えば先日唐揚げ定食を食べたんですが、下味はちゃんと付いていないし、そうやって揚げた唐揚げに後で何かするわけでもない。
その何の味気も無い唐揚げを皿に盛って、マヨネーズ等のフォローも無し。
「このおかずで、どうやってこの量のご飯を食べたら良いのですか?」と聞きたくなってしまいます。

逆に、ご飯好きな人が作る定食は、食べ手がどういう順序でどうやって食べるかが予想されています。
「まずは汁ものを啜って喉を潤す。次にソースの半分かかったアジフライを一口行ってご飯大を一口。その工程を二度繰り返してから、しば漬けを一口行って、その塩分でご飯小を一口…」というように、作り手は食べ手が取るだろう行動パターンを頭に入れつつ、ご飯やおかずの量や味付けを考え、メニューを作るんですね。
ですから食べ手には、「これ、どうやって食べたらいいの?」という疑問が生じません。
自分の本能に任せて食べれば、気持ちよく箸が進みます。

麺屋花形の定食はどうか。
食べ歩きが好きな方達は、もう写真だけで判断が付いているかと思います。
「『辛もつ』と言うからには中途半端な辛さでは失礼だから、〝ちゃんと辛いけど激辛ではない〟というバランスにしたんですよ」と店主が言うように、ちゃんと辛いです。
一口頂いた時、「私のオコチャマ舌にはちょっと辛過ぎるかな?」と感じましたが、ご飯と一緒に頂くと丁度良い。
というか、ご飯がどんどん進んでしまう辛さなんですよね。
これぞ、ご飯好きの味付け!

サブのスープは「おっと、塩じゃなくて醤油なんですね?」と思ったら、これがまた辛もつに合います。
このスパイシーさに塩では合わないんですね。
沢庵の厚さも丁度良く、サブとして重要な役割を果たしています。

「たいちょ、生ニラ大丈夫ですか?」と池澤さん。
出して頂いたのは、刻んだ生ニラと玉ねぎでした(トッピングとしてメニューに有ります)。
「混ぜて食べるとまた美味しいですよ」
あっ、本当だ。
また違った道が開けた気がします。
「闘魂ダレもいいですよ」
あっ、これまた別の道が…
いったいこの定食、どれだけの楽しみ方が用意されているのでしょうかヾ(≧▽≦)ノ

それに800円というお値段。
このクオリティと量で満足度120%ですから、定食としては安いと言って良いのではないでしょうか。
ご飯は大盛券購入で大盛にも出来ますが、私は普通の量で満足でした。
元々他店の大盛の量有りますのでね(^^)
でも、後で思ったんですが、辛もつ煮の汁が少し残りますので、ご飯を大盛にして最後に…
もうここまで言ったら、ご飯好きの皆様はお解りでしょう。
そこに闘魂ダレを一杯追加して…
あ、ヤバい。
書いていて、ヨダレが出て来ました(笑)

辛もつのあいがけカレーもヤバいなぁ。
辛もつ味噌らぁ麺なんて、美味しくないはずが無いし。
「チャーシューカツ定食」なんて出来ちゃったら、毎週通っちゃうと思うなぁ(マテ

美味しゅうございましたm(__)m

【麺屋花形】
住所 千葉県柏市新柏4-10-5
電話 04-7115-4955
時間 11時~15時・17時30分~22時30分 / 日曜日は昼営業のみ(2016年4月より変更)
定休日 月曜日(祝日の場合は11時~15時まで営業)・日曜日の夜はお休み(2016年4月より変更)
駐車場 有り

Pocket

中華大島でカシミールカレー

0
Filed under お気に入り, カレー, ランチ・定食, ラーメン, 中華・中国料理, 柏市
Pocket

「中華のお店で、ボンベイのカシミール食べられるお店って知ってました?」
先日のぶちゃんからこういうメールを頂きまして、「え?カシミール?中華??」と目が点状態。
それも、旧道沿いに有るって言うじゃありませんか。
柏ボンベイが閉店すると聞いた時に、そんなに長く通ってはいない私ですら、悲しくなりましたもんねぇ。

私、ボンベイが復活しているのは知っていたのですが、開店するまでに、ネット販売が出来ると噂になったり、素性の解らない人がカシミールを提供していたり、開店してからも何となく親族が作っていないという所が気になって、そのうちに店舗が増えたり…
もうこれは個人の好みなので仕方ないと思って頂きたいのですが、私、どんなに好きなお店でも、店舗を増やした時点で急激に熱が冷めてしまうんです。
それと、やっぱり親族が後を継いでこそ、その価値が下がらずに続くという気がするんですよね(実際に先頭に立って作るという意味)。
本当にこれは個人の考え方なので、一生変えられないと思います。

ですから今のボンベイは、敷居が高いと言いますか、いや、ちょっと違いますか、先代の味の記憶をそのまま取っておきたいという気持ちが、一番強いのかも知れません。
店名が違ったならば、無問題だったんですけどねぇ…

で、早速中華大島に向かいました。

中華大島

近くのコインパーキングに停めて、入店です。
この店、そういえば知っていました。
「あぁ、ここに中華屋さん有ったよねっ!」っていう感じです(;^_^A

中華大島

私は勿論お目当てのカシミールカレー900円を。

中華大島

嫁は辛いのが苦手なので、チキンカレー800円をチョイスです。

カシミールを1口。
あっ、辛~~~い!
でも美味しい(o^_^o)
ん?
なんか違う気がする。
この辛さって、ちょっと抑えて有りますよね。
あっ、そうか。
注文時に「カシミール○辛」って、辛さを指定するんですね?
なるほど♪
ただ名前を言って注文すると、「1辛」になるんだ、きっと。
次回は、次の段階に行ってみようかな。
それとも、店主さんに聞いてからの方がいいかしら(^^;

あ~、とにかく!
懐かしいなぁ~っていう、それだけで大満足のランチでした。
またカシミールが食べられるなんて、夢にも思っていませんでした。
のぶちゃん、有難うございました!

ご馳走様でございましたm(__)m

【中華大島】
住所 千葉県柏市中央1-6-4
電話 04-7164-9890
時間 11時30分~15時30分・17時~21時
定休日 日曜日
駐車場 無し(周囲にコインパーキング有り)

≫中華大島のデータはこちら

Pocket

麺屋花形で冷やし胡麻まぜそば

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 柏市
Pocket

母の介護の方で時間を取られ、ちょっとご無沙汰してしまいました。
1年弱?振りの、麺屋花形です。
月日が経つのを早く感じたら、もう歳っていうことですよねぇ(^_^;)

嫁はお気に入りの〝ごまそば〟、私は未食の〝冷やし胡麻まぜそば〟を頂きます。

麺屋花形
冷やし胡麻まぜそば

色々なトッピングがされていまして、これを下の方から混ぜ混ぜして頂くと、実に幸せな気分になりますね。
もっと幸せになりたいという人は、卓上にサービスで置いて有ります〝闘魂ダレ〟をかけると、数倍増しの幸せが得られると思います。
私は闘魂ダレ付属のスプーン(現在は昔よりも小さくなっています)で8杯ほど入れまして、目がハートになりました(笑)

このお店は、メニューが定期的に進化していく「進化系グルメラーメン店」で、この〝冷やし胡麻まぜそば〟も新メニューとして登場したわけですが、今月中にまた新メニューが登場するらしく、それも、今までの新メニューとはちょっと違った方向のメニューらしいんです。
また出ましたよ、店主池澤さんの気まぐれが(笑)
気まぐれで美味しいメニューが追加されるならば我々は大歓迎ですから、もっと気まぐれパワーを発揮して頂きたいところです(^^)

新メニューのヒントを少し。
この話を聞いた時に「そっちに行きますか~」と思い、「そっちに行くならば凄く嬉しいし、これで選択肢が広がって通いやすくなりますね」と感じました。
このヒントで、お解りになりましたでしょうか(これじゃ解りませんね)。

新メニューが出たら、早速行きたいと思います。
私が大好物な、あれです(o^_^o)

今日も、美味しゅうございましたm(__)m

【麺屋花形】 2016年4月より、時間と定休日が変更となっています。
住所 千葉県柏市新柏4-10-5
電話 04-7115-4955
時間 11時~15時・17時30分~22時30分 / 日曜日は昼営業のみ(2016年4月より変更)
定休日 月曜日(祝日の場合は11時~15時まで営業)・日曜日の夜はお休み(2016年4月より変更)
駐車場 有り

≫麺屋花形のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

背脂らーめん宮本南柏店で背脂醤油らーめんとチャーシュー丼

2
Filed under ラーメン, 柏市
Pocket

最近、川口さんがよく行っているお店〝背脂らーめん宮本南柏店〟に行ってみました。
「ここを通る度に気になっていたんですよ~」っていう方も多いようです。
私もそうでした(^-^;

背脂らーめん宮本南柏店

チェーンっぽい造りだと思ったら、やっぱりチェーンだったようです。
成田が本店だそうで。

敷地内に車を停めてお店に入り、券売機で食券を購入します。
初回なので醤油、そして丼物の中からチャーシュー丼を選択しました。
この「らーめん以外のメニュー」を食べるのは、その作り手が今までどんな料理に携わっていたのか、どういうスタンスで料理に関わって来たのかが解るので、とても勉強になるからです(^^)

背脂らーめん宮本南柏店
背脂醤油らーめん  750円

味玉を選択制にして頂き、700円だと嬉しいかなぁ~(;^_^A
ラーメンに750円は、まだちょっと抵抗が有ったりする世代ですm(__)m

トッピングひとつひとつがちゃんと作られていて、盛り付けも美しく、ヴィジュアル的には文句の付け所がございません。
背脂がびっちり浮いているスープを見ると、それだけで何だかワクワクしますよね(o^_^o)麺はどちらのものを使用しているのでしょうか、昔ながらの麺というよりは、今の麺という感じです。
流行りにもちゃんと乗っかっていて、勉強熱心な印象を持ちました。

背脂らーめん宮本南柏店
チャーシュー丼・炙り  320円

チャーシュー丼は、炙りと煮込みが選択出来まして、醤油の香ばしい香りが好きな私は炙りをチョイス。
うわ~、このタレが濃くてバクバク食べてしまう丼ですね。
それだけに、チャーシューが炙り過ぎていてモーレツに固く、噛むのに苦労する仕上がりだったのが残念でした。

ラーメンも丼も、濃い味で持って行くタイプのお店という印象でした。
私が20歳若かったら、確実に通っているお店だと思います。
50を過ぎた今となっては、この背脂の強さと味の濃さに体が追い付かず、何とも悔しいです。
しかしチャーシュー丼の味付けはとても好きなので、炙る際に火加減を気を付けて頂ければ、また是非食べてみたい丼でした。

ご馳走様でしたm(__)m

【背脂らーめん宮本南柏店】
住所 千葉県流山市向小金1-453-13
電話 04-7138-5334
時間 11時~翌3時
定休日 無休
駐車場 有り

≫背脂らーめん宮本南柏店のデータはこちら

Pocket