Category Archives: 中華・中国料理

中華大島でカシミールカレー

0
Filed under お気に入り, カレー, ランチ・定食, ラーメン, 中華・中国料理, 柏市
Pocket

「中華のお店で、ボンベイのカシミール食べられるお店って知ってました?」
先日のぶちゃんからこういうメールを頂きまして、「え?カシミール?中華??」と目が点状態。
それも、旧道沿いに有るって言うじゃありませんか。
柏ボンベイが閉店すると聞いた時に、そんなに長く通ってはいない私ですら、悲しくなりましたもんねぇ。

私、ボンベイが復活しているのは知っていたのですが、開店するまでに、ネット販売が出来ると噂になったり、素性の解らない人がカシミールを提供していたり、開店してからも何となく親族が作っていないという所が気になって、そのうちに店舗が増えたり…
もうこれは個人の好みなので仕方ないと思って頂きたいのですが、私、どんなに好きなお店でも、店舗を増やした時点で急激に熱が冷めてしまうんです。
それと、やっぱり親族が後を継いでこそ、その価値が下がらずに続くという気がするんですよね(実際に先頭に立って作るという意味)。
本当にこれは個人の考え方なので、一生変えられないと思います。

ですから今のボンベイは、敷居が高いと言いますか、いや、ちょっと違いますか、先代の味の記憶をそのまま取っておきたいという気持ちが、一番強いのかも知れません。
店名が違ったならば、無問題だったんですけどねぇ…

で、早速中華大島に向かいました。

中華大島

近くのコインパーキングに停めて、入店です。
この店、そういえば知っていました。
「あぁ、ここに中華屋さん有ったよねっ!」っていう感じです(;^_^A

中華大島

私は勿論お目当てのカシミールカレー900円を。

中華大島

嫁は辛いのが苦手なので、チキンカレー800円をチョイスです。

カシミールを1口。
あっ、辛~~~い!
でも美味しい(o^_^o)
ん?
なんか違う気がする。
この辛さって、ちょっと抑えて有りますよね。
あっ、そうか。
注文時に「カシミール○辛」って、辛さを指定するんですね?
なるほど♪
ただ名前を言って注文すると、「1辛」になるんだ、きっと。
次回は、次の段階に行ってみようかな。
それとも、店主さんに聞いてからの方がいいかしら(^^;

あ~、とにかく!
懐かしいなぁ~っていう、それだけで大満足のランチでした。
またカシミールが食べられるなんて、夢にも思っていませんでした。
のぶちゃん、有難うございました!

ご馳走様でございましたm(__)m

【中華大島】
住所 千葉県柏市中央1-6-4
電話 04-7164-9890
時間 11時30分~15時30分・17時~21時
定休日 日曜日
駐車場 無し(周囲にコインパーキング有り)

≫中華大島のデータはこちら

Pocket

中国料理雪国でカタヤキソバ

0
Filed under お気に入り, 中華・中国料理, 茨城県
Pocket

ちょっと前のお話。
母の所に面会に行ってかなり疲れたので、「美味しいものでも食べるかっ!」という話になり、守谷のお気に入り店〝中国料理薫風飯店〟に向かうも、臨時休業(T_T)
あの辺りは換えがきかないんですよね…
で、四川を諦めて、普通の中華料理に方向転換。

おっと、この場所に、前から中国料理のお店有ったっけ??

中国料理雪国

どこから見ても歴史が有るお店ですから、かなり前から有ったんでしょうね。

中国料理雪国

そして、静かな佇まい。
う~ん、私の好きそうなお店じゃないですか (o(^ー^)o)

中国料理雪国

嫁は大好きな海老チャーハン。

中国料理雪国

私は大好きなカタヤキソバ。
大好きなものを食べるのが一番ですよねぇ(・∀・)

海老チャーハンは、海老以外は卵とネギのみでシンプル。
プリップリの海老が美味し~い♪

カタヤキソバも、「これぞカタヤキ!」という感じで、どこか貫禄のようなものを感じます。
飾り切りされたイカや、好物のキクラゲ、フクロタケも美味しぃ~(o^_^o)

思った通りのお店で、感動しました。
作りは本格的な中国料理なんですけど、それにしてはお値段が良心的で、かといって堅苦しい雰囲気ではなく、ちょっとお昼寝して行っても怒られない感じの(本当はダメでしょうけど)、長閑(のどか)な雰囲気のお店です。
こういうお店、大好きですよ、ホント(^^)

美味しゅうございましたm(__)m

【中国料理雪国】
住所 茨城県守谷市松並2024-72
電話 0297-45-0891
時間 11時30分~15時・17時~21時(日祝は通し営業)
定休日 木曜日
駐車場 敷地内に大きな駐車場有り

≫中国料理雪国のデータはこちら

 

Pocket

中華四川料理梨花で蒸し鶏の冷やしそば

0
Filed under お気に入り, 中華・中国料理, 市川市
Pocket

今日から夏休みという方が多いようで。
特にラジオは、スッカリ夏休み気分で放送されていますね。
特にFMはお祭り騒ぎ。
そんなハッピーお姉さんをよそに、我が家は母の為の買い物に出掛けます。

先日〝中国料理薫風飯店〟に行ったらまさかの臨休。
それ以来「四川料理ヘルプ!」でございます故、昼食はお気に入りのお店〝中華四川料理梨花〟にしました。

中華四川料理梨花

おー!
キュウリが育っております♪

前回は麻婆豆腐だったので、今回は何にしようかなぁ。

中華四川料理梨花

嫁は大好きな担々麺。

私は夏季限定の〝蒸し鶏の冷やしそば〟にしてみました。
このお店で限定を食べるのは初めてかも?

中華四川料理梨花

というより、メニュー自体も結構変わっていますよね。
最初の頃、麺というと「チャーシュー麺」しか有りませんでしたし(ここに入って初めて食べたのがそれでした)。

中華四川料理梨花の場合、何を食べてもハズレは有りません。
誰に紹介しても、「美味しい」と満足されます。
ただ、ネットでもちらほら見られるんですけど、メニューと値段がマッチしているかというと、何とも私にはお答え出来ません。
量も普通、店内も普通、味は美味しい。
これで店内が凝った造りと言いますか、もう少し空調を効かせて欲しいとか、テーブルや椅子をもう少しどうにかして欲しいとか、飾り付けが美しいとか、味以外に何かプラスアルファ良いことが有れば、市川市南大野でもこの値段でOKなのかな~という気がします。

しかし、ですね。
私は変わり者のせいか、このお店の規模で〝中国料理薫風飯店〟のような内装だったら、逆に入店し辛くなっちゃう気がするんですね。
ただでさえ、初回入る時に勇気が必要でしたから。
まぁ当時はお客さんが少なくて、シャッターで入店して出て来るまで、私の他に1人程度のお客さんしか来ないなんていうことも有りましたから入れましたけど、今やちょっとした時間になると満席になったりするので、それでいてお店の造りが「本格派四川料理のお店!」的な雰囲気だったら、私は絶対に入りませんもの。
味さえ良ければ、他は飾り気が無くても、というよりその方が、私は入りやすくていいですかね。

結局外食って、見た目や雰囲気を含めて味わうという人が圧倒的に多いですから、「この値段ならば、もっとこういう…」という希望が出てもおかしくは無いと思います。
「たまの外食だから…」という人は、余計にそう思いますでしょうね。

あ、私も希望が有りました。
温かいもの、辛いものを頂くので、暑い日は弱冷房で無い方が助かります。
私は特別ですが、シャツがビチャビチャになっちゃうんで(^^;
もしかすると、空調の関係で「涼しい場所」というのが有るかも知れないので、次回暑い時期に行く時は、ご指導頂こうかな~と思います。

中華四川料理梨花

私的には、この〝pointer senior〟が一番気になったりしますが。
シェフはバイク好きなのかな?(^^)

ご馳走様でございましたm(__)m

【中国四川料理梨花】
住所 市川市南大野3-23-10-105
電話 047-339-6013
時間 11時30分~14時・17時30分~21時
定休日 火曜日(祝日の場合は営業して翌日休み・臨休有り)
駐車場 有り(2台分)

≫中華四川料理梨花のデータはこちら

 

Pocket

中国家庭料理聚で旨辛麻婆麺

0
Filed under お気に入り, 中華・中国料理, 流山市
Pocket

「この辺りで、良いお店無いかな~」
目的が有る日はいいんですが、こうやって探しているうちに1時間なんてすぐ経ってしまう為、家族からはモーレツにブーイングを浴びるというのが定番でございます。
12時、お腹が空いてからの1時間って、地獄ですよね。それは解っているのに、長い時間探してしまうんですよ。

「中華は昨日食べたし…」
「焼肉っていう気分でもないよなぁ…それに、ここは値が張りそうだ」
「バイキングはもう歳的に無理」
「あっ、このお店は趣が有るなぁ…でも、夜営業だけなのか…」
「うん、今日はカレーじゃないです、すみません」
「回転寿司はもう卒業したし…」
「うどんでもなければ、蕎麦でもないような気がする…」
「あっ、ここ良さそう!でも、右側に有るからこちらからは曲がれないのか…(車を利用する方は解りますよね)」
「ここの定食屋さんにしようかな… あっ、閉店か…」

こうやって迷っているうちに、段々と「これだけ迷ったんだから、ちょっとやそっとじゃ妥協出来ないぞ!」っていう気持ちになって来るんですよ。
選択肢が狭まってくるから、いつまで経ってもお店が決まりません。
タチが悪いったらしょうがない(;^_^A

でも、この日は「あっという間」に決まりました。
この佇まいですよ、セニョーラ♪

中国家庭料理聚

なんか、いいでしょ?
「中国料理!」っていうと敷居が高いような感じがしますよね。
でもここは「中国家庭料理」なんですよ。
この「家庭」が付くか付かないかで、印象が大きく変化します。
「居心地良さそうだなぁ~(^^)」って思いますよね♪

さて、初入店です。
車を隣の駐車場に停めて入口に向かうと、家族連れが出て来ました。
皆さん満足げで、実にいい顔をしています。
この時点で、今回の勝負は私の頂きです(笑)

中国家庭料理聚

このお店には「定食メニュー」というサービスセットが有り、嫁はそこから「担担麺+半炒飯730円(税抜)」を。

中国家庭料理聚

チャーハン、香ばしくて美味しいです。
ちゃんとした中華系のチャーハンって、どこにでも有りそうで、中々無いんですよね。

担担麺は、初めはそれほど濃くなく・辛くなくという感じでしたが、トッピングの味噌が溶け出すと果然旨味とコクを主張して来まして、この変化(進化?)は中々面白かったです。
こちらも、ちゃんと中華していました(o^_^o)

中国家庭料理聚

優柔不断な私は、同じく定食メニューを見ながら鼻息を荒くしていたんですけど、結局メニューに乗っていないんだけどお店の壁に写真入りで掲示されている「麻婆麺760円(税抜)」に落ち着きました
「冷やしジャジャ麺」も気になったんですよね~でも麻婆麺のメニューに書かれている「辛い!うまい!」という文字に目がハートになり、「もう、これしか無かんべ!」と机を叩いて決定したわけです。
これがまた、大当りだったんですよねぇ。

まず、麻婆豆腐が本格的。
麺の茹で方は、イマドキのラーメン店の「生ゆで」ではなくちゃんと茹でてある。
味に奥行きが有る。
辛さが丁度いい。
いやはやなんとも、この日の昼食に欲しかった味として、ドンピシャでございました。

特別な愛想も接客も無いんですが、それがまた良い方向に作用していて、実に居心地の良い空間になっています。
お店の近くに駐車場が有り、気軽に入れて、ゆったりとした気持ちで美味しく頂ける。
それ以外、ランチに何を望みましょうか。
必要十分条件、揃っていますよ、ここのお店(^^)v

次は「冷やしジャジャ麺」か、もしくは定食メニューから酢豚、いや、回鍋肉、いやいや、チンジャオロースにしようか、エビチリにしてみようか…
次回来た時に食べたいと思うメニューがこんなに有るお店も、最近では珍しいです。

美味しゅうございましたm(__)m

【中国家庭料理 聚(SYU)】
住所 千葉県流山市西平井2-15
電話 04-7151-5753
時間 11時~22時(土曜日は23時まで)
定休日 火曜日
駐車場 有り(向かって右隣)

≫中国家庭料理聚のデータはこちら

Pocket

紅龍閣でニラモツ味噌ラーメンとマーボー豆腐丼セット

0
Filed under 中華・中国料理, 柏市
Pocket

とりがみの兄貴さんご紹介の、紅龍閣に再訪です。

紅龍閣

嫁はタンタン麺セットで、セットは半チャーハンをチョイス。

紅龍閣

美味しいチャーハンでした(^^)
担々麺は、胡麻感は少なめで、あっさりとしたスープです。
そんなに辛くなく、サッパリと頂けました。

紅龍閣

ニラモツ味噌ラーメンセット(マーボー豆腐丼)です。

ここは、「ライス・スープ・サラダ・漬物はおかわり自由」という素晴らしいお店で、本当はランチの定食メニューの中から選択して「ライスおかわりお願いします♪」と言うつもりで来たのですが、メニューの中の「ニラモツ味噌ラーメン」という文字を発見してしまい、急遽変更してしまったというわけです。
なんという、優柔不断な性格なのでしょうか。
元々メニューを見出すと長くて、注文がなかなか決まらない人なんですね、私(^-^;
だから「定食にしよう」と決めて来たのに、急に「ニラモツ味噌ラーメン」にしちゃったもんだから、今度はそこに合わせるセットを何にしようか考えなければいけません。

この性格、どうにかならんのか(+_+)

チャーハンのチョイスを嫁に取られた為(「別に同じくチャーハンセットでいいじゃんか」と言われるでしょうけど、どうせならば違う味を試してみたいというのが食いしん坊万歳でしょ?→意味不明)、結局私はマーボー豆腐丼をお願いしました。
セットの丼だからといって、ナメてはいけません。
ボリューミーですから(o^_^o)

このお店のラーメン系はわりとシンプルな味付けで、誰もが食べやすい作りになっています。
ここ、大事ですよね。
お店は表通りからちょっと入った道に有り、決して立地条件が良いとは言えない場所ですから、「お客を選ばない」ということが重要になってきます。
そして、コスパもいいのが特徴ですね(^^)

まーたお腹一杯食べちゃった(^-^;

ご馳走様でしたm(__)m

【紅龍閣】
住所 千葉県柏市中央2-8-1
電話 04-7166-8878
時間 11時30分~15時・17時~翌2時
定休日 …
駐車場 有り(隣)

≫紅龍閣のデータはこちら

Pocket

武夷菜館千葉支店で魯肉飯

0
Filed under 中華・中国料理, 千葉市
Pocket

 

昨年のお話になりますが、美味しかったので書いておきますね。

千葉市に有りますワンズモールには以前、「ラーメン劇場」というラーメン店の集合施設が有りまして、各地から色々なお店が出店し、一箇所でたくさんのラーメンが楽しめるという、ラーメン好きには貴重な場所でした。
と同時に、「ラーメン」と「劇場」という言葉のマッチングがいまいちピンッと来なかったのも記憶しておりまして(笑)
ま、どんな名前にしろ、ずっと続いて欲しかったなぁという場所でしたね。

青山さんと山西さんのコラボ店はとても勉強になりましたし、ひがしが再開した時は懐かしくて懐かしくて。
Bee Hiveで初めて食べた時は、それはそれは感動しました。
モーレツに美味しくて、あのラーメンが食べられるならば2000円出してもいいと思いましたもの。

そんな楽しい施設が有ったワンズモールのあの場所が、今はどうなっているのだろうかと。
そんな事がちょっと気になりまして、訪問してみたんです。
「丼劇場(丼物の集合施設)みたいな、食べ物の集合体になっていないかな~」なんてことを期待しましたが、あっさりと裏切られました(笑)
ラーメンは、もうブームが過ぎたということなんでじょうかねぇ。

それはさておき、昼になって「何か食べなきゃ」ってことになり、探してみるも、イオンなんかもそうですけど、こういうお店の集合施設ってあまり飲食店が入っていないんですよね。
有るには有りますが、思ったほど店舗数が有りません。
特に、我が家が入ってみたいと思うお店って無いんですよねぇ(+_+)
スパゲッティやハンバーガーは食べませんし、ラーメンもチェーン店しか無く、定食屋もたこやきも我が家の範囲外。

唯一中国料理のお店が有りまして、そこには「魯肉飯」の文字が…

武夷菜館千葉支店

魯肉飯、私は大好物ですよ、大滝さん(^^)

吸い寄せられるように入店(笑)
意外にも、混んでいないんですよ。
席もゆったりしていて、良い感じにリラックスして食事が出来そうです。

武夷菜館千葉支店
エビチャーハン 800円(全て税別)

嫁はこういう中華・中国料理系に連れて行くと、迷い過ぎて困るんだそうです。
「あれも食いたい これも食いたい」と、東海林さだおさんみたいになっちゃうらしい。
解りますねぇ。
チャーハンにすれば「ラーメンも良かった」と思うし、ラーメンにすれば「かたやきそばも良かった」と思う。
結局、食い意地が張っているだけなんですけどね(^-^;

武夷菜館千葉支店
魯肉飯 650円(1日20食限定)

このメニューを発見した時、まず値段に痺れてしまったんです。
800円~900円のメニューが並ぶ中、この魯肉飯だけが700円以下。
それも、20食限定だと言うじゃありませんか。
迷うこと無く、これに決定です。

武夷菜館千葉支店

一見乱雑な盛り付けにも見えるんですけど、私的には此の位の方がいいんですよ。
台湾屋台で食べているような、ちょっと素朴で家庭的な感じがいいです。

食べ方としましては、もうお肉(ホロホロ)も何もかもスプーンで砕き、ごちゃ混ぜにして食べます。
あ、食べ方は自由ですが、それが私流。
育ちが悪いのも正解だけど、それが一番美味しい食べ方だと思っているからです。

味付けが丁度いい(o^_^o)
五香粉の香りがスーッと鼻から抜けて行き、これがまた食欲をそそりますね。
あっという間に完食。
また家でも作りたくなりました。
このお店を選択して良かった~(≧∀≦*)

食べ終わったかそうでないかというタイミングでお盆を下げに来るのは、どのお店も同じでした(笑)

ご馳走様でしたm(__)m

【武夷菜館千葉支店(ぶいさいかん)】
住所 千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50 ワンズモール1F
電話 043-239-9868
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 ワンズモール駐車場を使用

≫武夷菜館千葉支店のデータはこちら

Pocket

中国料理薫風飯店で酸辣湯麺

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 中華・中国料理, 茨城県
Pocket

最近週末は嫁の仕事の用事に付き合うというのがほとんどでございまして。
この日も同様で、守谷のジョイフル本田へ。
そういえば前回守谷に来た時は、ラーメン屋さんで恩師と会ったのでした。
あ、先生、もう少し先生が忙しく無くなった頃に連絡致しますので(こんな所で業務連絡)。

お寿司は昨日の昼食に食べてしまったので、今日は別のものを考えなければなりません。
毎日お寿司を食べていると、私の場合、また痛風発作が出てしまいますから(^-^;
お寿司以外ということになりますと…
好物はラーメン系(中華料理)ということになりますが、そろそろ多汗症の私が気を付けなければならない季節になって来ましたので、アツアツのラーメンだけは避けなければいけません。
汗が出すぎて、命に関わりますのでね(;^_^A

一応あちらこちら探しながら車を走らせたのですが、入りたいお店がなかなか見付かりません。
「もう少し遠くまで行かないとダメかなぁ」と思ったその時、フッと視界に入って来たのがこのお店。

中国料理薫風飯店

「くんぷうはんてん」と読みます。
パッと見、ここ何年か前からモーレツな勢いでお店が増えた「中国の人(またはそれ以外の外国の人)がやっている中華料理店」と同じ系列なのかな?と思ってしまうような出で立ちですよね。
でも入ってみるとスタッフは日本の方で、内装もその系列店とは違います。
テーブルの周りには色々な気遣いがされていますし、トイレも清潔で使いやすく配慮されています。
他のお客さんに運ばれる食器を見ても、ちゃんとしたレベルの食器を使用している様子。
急激に増えた中華料理店とは、全ての面において違うようです。

メニューを見ると、値段設定は若干高め。
我々日本人が思い描く「本格中華のお値段」そのままです。
あっ!
メニューに酸辣湯麺が有りました(^^)
もう私、酸辣湯麺がモーレツに好きで、自宅でも作って食べるほど好きなものですから、迷わず酸辣湯麺に決定です。
嫁は、嫁が大好物な担々麺をチョイス。

中国料理薫風飯店
酸辣湯麺(酸コショウ入り辛味そば) 970円

具の切り方が丁寧で、全体的な食感がとっても良いですね。
味付けも酸っぱすぎず、辛すぎず、誰が食べても美味しいと思えるバランスです。
麺は細縮れで、茹で具合が良く、麺自体の味も好みでした♪(^^)

中国料理薫風飯店
担々麺(ゴマ味噌入り辛味そば) 970円

この担々麺がまた美味しい!(^^)
辛さも丁度良く、胡麻の使い方も好み♪
どちらの麺料理も絶妙なバランスで、他の料理も味わってみたくなるほど素晴らしいです。

これを書いている時にネット検索して解ったんですが、なんとこのお店のシェフは、料理の鉄人に出演していた陳建一さんのお弟子さんだったんですねぇ。
なるほど、美味しいわけです(o^_^o)
陳建一さんの愛弟子といえば、梨花も大好き♪
両店共に、美味しくて接客が良くて、陳建一さんはテレビでしか拝見したことが無いのですが、きっと人柄が良いんでしょうね。

次回守谷に来て中華料理が食べたくなったら、またこのお店に入ろうと思います。

ちなみに、「多汗症なのでアツアツのラーメンは避けなければ…」と思っていたのに、結局辛熱のラーメンをスープまで全部飲んでしまい、いつも通りビショビショになってしまったという、学習能力が低いワタクシでございました。
でも、モーレツに美味しかったので幸せ♪ (≧∇≦)

ご馳走様でしたm(__)m

≫中国料理薫風飯店のデータはこちら

Pocket