Category Archives: お寿司屋さん

よこ田で激安満腹ランチ!

0
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 八千代市, 寿司・回転寿司
Pocket

 

いきなりで恐縮ですが、最近回転寿司に足が向かなくなっておりまして…
あれだけの回数・年数通えば、確かに飽きてしまってもおかしくはないんですけど、そこは「課題として行かなければならない」と言い聞かせてこの歳まで食べ歩いて来たわけですから、持ち前のガッツで何とか乗り切れるはずなんですよね。
でも最近の気持ちの折れ方があまりにも強すぎて、「持ち前のガッツ」が負けてしまっている今日この頃なのでございますm(__)m

百円寿司はさることながら、ここんトコ、回転グルメ寿司の方も何となく行く気が無くなってしまったと言いますか、やっぱりチェーン店を避けてチョイスするのは相当難しく、たまに行きたいと思えるのは「うおまる」か、チェーンでは「もりいち松戸東口店」くらいでしょうか。
理由は色々有るんですけれど、やはりチェーンは店舗やスタッフによって仕上がりに違いが大きいのが一番の理由ですね。
引き金になったのは、お気に入りのチェーンに行った後に体調を悪くしたことなんですけど、そんなことが有るんだったら、いっそのことチェーンは我が家の選択肢から外してしまい、お寿司屋さんでお得なお店を探した方が良いと思ったんです。
さほど安くないお金を払って食べて体調を崩すなんて、おバカさんですもんね(^-^;

ということで今回行きましたのは、八千代。
八千代市というと、大きな道路が通っていて、大きな病院も有ったり、どちらかというと交通量が多い地域と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、このお店が有る場所は、とっても長閑な地域です。

よこ田

お店の前が駐車場なので、外観がちゃんと撮れずにすみませんm(__)m

写真を見て頂ければお解りの通り、良い意味で、飾り気の無いお店です。
入りやすい。
お寿司屋さんって、緊張しますでしょ?
私のような貧乏人は、メチャメチャ緊張するんですよ。
何かしらのルールみたいなものが有って、それ通りにしなければ叱られるんじゃないかとか。
ちょっと食べただけで全財産持って行かれるんじゃないかとか(笑)
そんなお店は実際に有りませんけど、そういう類の印象が有るじゃないですか。
だから「入りやすい」というのは、我が家のような者にとって、とっても重要だったりするんですよね。

実際に、入りました。
「こっちのカウンターにどうぞ」って言われました。
「いきなりお寿司屋さんのカウンターに?!」とビビるなかれ、こちらのカウンターがまた、座りやすい(笑)
椅子に良い材質を使っているとか、そういう意味の「座りやすい」じゃなくって、「入りやすい」と同じ方向性の「座れやすい」です。

初めてのお客でも、丁寧に接客してくれましてね。
大将も女将さんも、本当に良い人です。

我々はジムの帰りで腹ぺこだったので、今回は1.5人前のランチを頂くことにしました。

よこ田
ランチ1.5人前  800円(税込)

ランチの握りは、以下のような値段になっています。
1人前  500円
1.5人前  800円
2人前  1000円
全て税込価格です。

海老の良い香りがするお味噌汁が付いて、このお値段ですよ。
「B食価格」とでも言いましょうか、なんともステキなランチではございませんか(o^_^o)
それに、12貫とも、1握りがデカい!
ネタ(タネ)も美味しくて、厚切り!!

お隣に座っていらした常連さんにお話を伺いましたら、その方はバスで来ているそうで、ご近所さんではありませんでした。
その他の常連さん達も、全員遠くから来ているようなんですね。
そして隣の常連さんが、焼酎を飲みながら食べているのが「のうてん」でした。
脂乗りまくりで、テッカテカしています。
それに、盛りが良くて厚切り!!!
お値段も1000円と書いて有りました。
安すぎる~~~(≧∇≦)/

勿論毎日同じネタが有るわけではありませんが、機会が有ったら是非夜に来たいお店ですね。
ホワイトボードに書かれたメニューが美味しそうで、美味しそうで…
それも、こんなに安くて…
良いお店を見付けると毎回思うんですけど、近所に引っ越したいです(笑)

シャリの量も多いので、お腹パンパン(≧∀≦*)
1人前でもいい感じですね。
と言いつつ、また次も1.5人前お願いしちゃうんでしょうけど(意志が弱い)。

八千代に行ったら、また食べようっと♪

美味しゅうございましたm(__)m

【よこ田】
住所 千葉県八千代市保品1915-116
電話 047-488-3438
時間 11時30分~22時
定休日 月曜日
駐車場 有り

≫よこ田のデータはこちら

 

Pocket

すし酒場海ぼうずで三色丼

0
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, お酒を楽しむお店, ランチ・定食, 寿司・回転寿司, 柏市
Pocket

すし酒場海ぼうず

嫁の飲み会の時、柏をフラフラしていて気になったお店。
何だかランチがお得みたい。
それも、嫁の好きな海鮮系ランチである。
これはゴマすりに丁度良いでは有りませんか(爆)

お店に入ると、店内で数名待っている。
美しい女性2人客、お兄さん1人、また別のお兄さん1人、その次が我が家。
時間的に良いタイミングだったのか、サクサクと呼ばれます。
そして〝別のお兄さん(以下「別兄」)〟の番になった時に… 空いたのがテーブル席。
接客の丁寧なスタッフの男性から「相席はダメですよね~?(^-^;」って言われるんだけど、相席はトップクラスで苦手な食事方法なので、「アハハハ~」と笑って誤魔化したりして(^^;

その時!!
別兄が、「2人の方、先にどうぞ」って言ってくれたんですねぇ。
いや~、申し訳ないです(+_+)
「すみません、有難うございますm(__)m」と別兄に頭を下げ、テーブル席に座ります。

すし酒場海ぼうず

嫁はこちらの、〝大漁丼1000円(全て税込)〟を。
丼だけアップにしてみますね。

すし酒場海ぼうず

「これでもかっ!」っていうくらいトッピングされた、お刺身の数々!
1000円のランチでは有り得ない量です。
そして、シャリが我が家好み!
グルメな人だと「こんなシャリじゃダメだ」なんて言いそうですが、我が家の好きなシャリは、この程度の温もりが有って、パサパサしていないのが好みなんです。
このシャリ、ドンピシャです(o^_^o)

すし酒場海ぼうず

私は〝本日の三色丼700円〟をお願いしました。
この日は、ワラサ・カツオ・イワシの三色でございますよ、セニョール♪
イワシ、美味しぃ~(^^)
嫁の方にも多めに入っていたカツオも、トロッとしていて美味。
ワラサは若干若々しくて、これもまた良い♪
アラ汁がまた、よく出汁が出ていて美味しいわぁ~(≧∇≦)/

すし酒場海ぼうず

こちらもアップで。
シャリの量もボリューミーですから、「大盛で♪」とお願いしなくてもお腹一杯になります。
嫁が「食べきれない」とネタをこっちによこすもんで、もっとお腹が一杯に…

すし酒場海ぼうず

ここで、〝プラスうどん150円〟を注文したことを思い出します。
「プラス」というのは、うどん単品注文は不可で、必ずメインを注文して下さいね~ということです。
うどん自体は若干ツルツル感に欠け、私の好みでは有りませんでしたが、さっぱりとした汁に浸かったうどんは「もうちょっと、もうちょっと」と食べているうちに、完食(爆)
150円で食べられるうどんとしては、充分だと思いました。

夜は常連さんが多いような感じでしたので、次回もまたランチにお邪魔するようになるかも知れません。
全体的なバランスが我が家好みですから、再訪間違い無しです(≧∇≦)b

ご馳走様でしたm(__)m

そして席を譲ってくれたお兄さん、本当に有難うございました。
最後にもう一度お礼を言おうと思っていたのですが、先に食べ終わって帰られたようで、すみませんでした。
歳のせいか、こういう親切をされると感動するんですよね(T_T)

親切なお兄さんと、美味しい丼のおかげで、素敵な一日となりました(^^)

≫すし酒場海ぼうずのデータはこちら

Pocket

鉄火巻きが美味しかったのは覚えている

4
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 松戸市
Pocket

駒寿司は正月休みというものがなく、普段通り水曜日しか休まない。

駒寿司 - ヒズ

駒寿司

「休んだってしょうがないですから」
これが大将の言い分だ。
素晴らしい。

駒寿司

駒寿司

ここで日本酒をグッと我慢する。

駒寿司

駒寿司

まだ我慢出来る。
生ビールからサワーへ移行。

駒寿司

駒寿司

ちょっと待て、こりゃヤバいだろ。
我慢出来ず、ぬる燗をお願いした。

駒寿司

駒寿司

好物のイカワタが出て来た時には、既にお銚子3本目を飲み干し、4本目を追加。

家族飲みというのは気が楽だ。
酔って何を言ったところで翌日まで持ち越さない。
何か忘れても、後でフォローしてくれる。
緊張しないから、変な酔い方はしない。
たくさん飲んでも気持ちが悪くなったりしない。

飲兵衛は、飲み会の席での事を、後であれこれ言われるのが嫌いだ。
それを気にして飲んでいるとつまらない。
悪酔いする。
だから飲兵衛は、お互いに細かい事を気にせず酔っぱらえる人と飲みたい。
そういう人を選ぶ。

お互いに好きなだけ酔っぱらい、好きな事を喋って盛り上がる。
翌日には何の話で盛り上がったのか、すっかり忘れている。
「どうしようもねぇな」
なんと言われようが、それが飲兵衛なんだから仕方がない。

駒寿司 - 鉄火巻

駒寿司

「楽しかったのは覚えているが、何を喋ったのか覚えていない」
飲兵衛は、そういう時がよく有る。

何も覚えていないのは問題だけど、
楽しかった事を覚えているんだから、それでいいじゃないか。

Pocket

金太楼鮨で蛸の吸盤

2
Filed under お寿司屋さん, 寿司・回転寿司, 松戸市
Pocket

昨日の夕方の話。
私「さてと、今日は疲れたんで飲みにでも行くか?」
嫁「あっ、いけない!今日忘年会に誘われていたんだ!」
私「はぁ?ま、いいよ。私は何か作って食べるから行ってくればいいじゃん」
とは言ったものの、最初っから解っていれば北千住か駒込に1人で行けたのになぁ~と、腹の中では思ったりして。
仕方ないから私は1人で天ぷら揚げて、豚足茹でて、映画観ながらチビチビ飲む。

「その時間からでも行けばいーじゃん」
それが、ダメなんでございますよ。
私の場合、飲み会でも何でも前々から計画していなければならず、夕食ギリギリの時間になってから「急遽行ってみる」という行動は苦手なんです。
というのも、1日の食事の計画というのがある程度出来ていまして、それは前日だったり当日の朝だったり、あるいは当日の昼食後に夕食の計画が出来上がるという事も有るわけですが、その日の夕食の行動・計画を1~2時間前に決まるor変更になるということは、ほとんどの場合無いわけでございます。

この理由をお話すると長くなりますので簡単に説明しますと、元々私は胃腸があまり丈夫ではなく、「今日はガッツリ飲むぞ!」という時は、最低でもその日の昼食、出来れば前日の夕食時の飲酒量から気を付けておくというのが日常になっているからです。
「めんどくせぇ~」
そう、面倒臭い体なんですよ(>_<)
だけどこんな体に生まれた私が一番苦労しているわけなんで、そこは見逃して下さいm(__)m
「前置きなげぇ~」
前置きが長いのも私の特徴というか性癖(?)なんで、これも勘弁して下さい。

ってか、好きにさせとけ(爆)

というわけで、今夜は金太楼鮨。

金太楼鮨小金原店 - お通しの蛸の吸盤

金太楼鮨小金原店 - お通しの蛸の吸盤

金太楼で蛸の吸盤ですよ、laylaさん!(≧∀≦*)

とりあえず穴子が食べたいという嫁のリクエストで、穴子つまみを。

金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ

金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ

ま、今日を我が家の忘年会にしてもいいかなと思い、奮発しておまかせの刺し盛りを注文。

金太楼鮨小金原店 - 刺し盛り

金太楼鮨小金原店 - 刺し盛り

やっぱお寿司屋さんの生ものは違うなぁ。
ねくさんじゃないけど、スーパーのとは全然違うし(笑)

赤貝、んめぇ~ヾ(≧▽≦)ノ

金太楼鮨小金原店 - 穴子の骨

金太楼鮨小金原店 - 穴子の骨

マスターにこんな素晴らしいものをご馳走になってしまいました。
揚げ具合も塩加減も絶妙で旨い!
職人技というのはこのことですねぇ。
実に素晴らしい。

金太楼鮨小金原店 - 寿司折り

金太楼鮨小金原店 - 寿司折り

娘が家で待っているということで、寿司折りをお願いしました。
持って帰ると、娘はあっという間に完食。
お店で刺し盛りを「おまかせで」とお願いしちゃったもので、その勢いで寿司折りも「おまかせで」なんて言ってしまい、娘には勿体ないくらいの寿司折りでございました。

≫金太楼鮨小金原店のデータ

帰宅して蕎麦を2人前完食> 自分
これじゃ~太って当たり前ですよね(^^;

Pocket

駒寿司で穴子潮煮

0
Filed under お寿司屋さん, 松戸市
Pocket

昨日はあまりにも疲れてしまったので、買い物に行く元気も無し。
気分的に刺身系で、その場合どっちに行こうかで悩む。
「先日駒でランチしたんだから、今日は金太楼にすっか?」
「どっちでもいいや」

この「どっちでもいいや」は困るんだ、私的に。
私もどっちでもいいんだから(笑)
いや、どっちでもいいんじゃなくて「どっちもいい」が正解。
「じゃ、金太楼にするかな」
そう言ってシャワーを浴びて出掛ける用意をし、いざ家を出たら「やっぱり駒にすっか」。
外に出たら、いきなり駒寿司の穴子が食べたくなってしまったのだ。
こういう悪い癖が私には有るなぁ、うん。

お店に入ると、駒寿司のマスターはボトルを探してくれた。
多分「B食隊」と書いたり名前を書いたりしているから解らないんだ、きっと。
「無いと思うので1本入れて下さ~い」
有ったとしても、そんな細かい事は気にしない。
いつも安くて美味しいものを食べさせて頂いているからいいんです。

お店もマスターも好きだからそれでいいんです♪

駒寿司 - 氷

駒寿司 - 氷

この店は、氷からして好きだもの(笑)
こんな立派な氷は滅多に見られませんよ、ホント。

私は最初生を頂き、次から焼酎のお茶割り。

駒寿司 - 穴子潮煮600円

駒寿司 - 穴子潮煮

前回昼飲みで煮詰めをお願いしたので、この日は白焼きにしたかった。
しかしメニューに「潮煮」というものが有り、とても気になったのでお願いしてみました。
塩で煮てあるという事ですが、白焼きも美味しいけれど、これも素晴らしく美味しい。

ここで嫁がカマ焼を注文。

駒寿司 - カマ塩焼き600円

駒寿司 - カマ塩焼き

カマ焼きというと変に脂っこいものも有りますが、これは丁度良い感じ。
日本酒に移行したかった気持ちを何とか抑える。
明日は仕事で早く出るんだ。

と、ここで目に止まったのが『いかわたたまり漬け』の文字。
なんと400円だ。
いや~、私のモーレツに好きなものが有る。
これをお願いしちゃうと、絶対に日本酒いっちゃうなぁ~。

駒寿司 - いかわたたまり漬け400円

駒寿司 - いかわた たまり漬け

6割ほどのソルベ状で出て来ます。
さて、お味は…

美味し~~~~ぃ! ヾ(≧▽≦)ノ

口中でトロ~っと溶けまして、その濃厚なお味といったら、もう…
「マスター、ぬる燗をお願いします!」
やっぱりいっちゃいました。
これいっちゃったら止まりません。
いかわたを食べ、ぬる燗をグビッと飲み、またいかわたを食べ、ぬる燗をグビッと飲み。

嫁にはこちらを。

駒寿司 - かに酢600円

駒寿司 - かに酢600円

嫁を黙らせる一番手っ取り早い方法。
会社の愚痴が長くなったら、これを食べさせるようにしています(笑)

本日もご馳走様でしたm(__)m

※駒寿司のランチ600円はとてもお得なので、是非一度♪

≫駒寿司のデータ

たまに「寿司屋で飲むなんていいね~」と言われたりするのですが、私も嫁も高いものをバカみたいに(大量にという意味)注文しませんので、とても安いんです。
前回金太楼鮨さんで飲んだ時も、メチャメチャ飲んで1人3000円行きませんでしたから。
じゃないと、中々行けませんので(^^;

歳のせいも有りますが、最近は食べられなくなりました。
夕食も、枝豆と、他に何か1品有ればいいって感じ。
アルコールでお腹一杯(笑)

Pocket

駒寿司で昼飲み

6
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 昼飲み, 松戸市
Pocket

この日は午前中の仕事が午後まで掛かってしまい、昼食を取らない状態で2時。
お腹ペコペコ。
そして、汗だく。
仕事が終わったことだし、喉がカラカラなので一杯飲るか。
どうにしても言い訳を付けて飲みたがるのが呑兵衛の性であって、呑兵衛の神様には逆らわずに1杯飲ろうかと駒寿司へ。

目的は駒寿司のランチ握り600円。
お寿司屋さんの握りが600円で食べられるのはお得です(近所の金太楼鮨も同額)。
それをお願いして生をキュ~っと飲ろうかという計画。
こういう計画をしている時が一番楽しい(笑)

駒寿司 - 生ビール

駒寿司 - 生ビール

キュ~っといかせて頂きました。
その後、自分でも信じられない注文をすることに…

「ヒカリモノを、おまかせでお願いします」

ランチ握りで生じゃ~なかったのか?> 自分
どうも駒寿司のマスターの顔を見たら、刺身で一杯飲りたくなってしまった。
はい、これも言い訳です。

駒寿司 - 光り物

駒寿司 - 光り物をおまかせで

アジ・イワシ・サンマ。
今年は不漁だと言われていたサンマが出て来たのは驚いた。
「もしかして、このおまかせはメッチャ高いんじゃないのかな?」と思ったが、そうでないのが駒寿司。
安心して頂くと、脂がのっていて美味しい(^^)

イワシは普通の切り身と梅肉のせの2種類。
どちらも特製ポン酢を付けて頂くが、実に旨い。
アジも歯応えが有り、鮮度が良かった。
生を追加。

と、ここで考えた。
ランチ握りをお願いして昼食を終えようか、他の選択にしようか。
入り口が開き、ランチのお客さんが1名入店。
ランチ握りを美味しそうに頬張っているお客さんを見て思った。
あのお客さんがランチ握りを食べているから、私は穴子をお願いしよう(笑)

駒寿司 - 穴子と酒

駒寿司 - 穴子と酒

箸で持つと崩れてしまうほど繊細な穴子に、山葵をのせて頂く。
穴子と煮詰め、そして山葵が口中に行き渡った所で日本酒をグビッと1口。
幸せだ。

勢いが付いて、他に行きたくなってしまった。
もうすぐ駒寿司も中休みに入る頃だろう。
どこか無いだろうか。
そこでこの界隈に詳しい昼飲みの先輩『laylaさん』にメール。

「駒の近くで昼飲み出来るお店、ご存じですか?」
「同系列になりますが、扇寿司ですか。或いは大福元ですかね」
「あれ?laylaさんも既にお呑みになっているとか?」
「今日は手始めに『たきおか』、その後日暮里の蕎麦屋『川むら』で日本酒を飲りました」
「さすが大先輩だぁ~。私も今は日本酒です。こいつをやっつけたら大人しく帰りたいと思います。有難うございました!」

穴子を速攻で食べ終えてしまった為、laylaさんの好きな蛸の吸盤を。

駒寿司 - 蛸の吸盤

駒寿司 - 蛸の吸盤

このコリコリクニュクニュがたまりません。
日本酒が無くなったので、玉露ハイを追加。
laylaさんに「蛸の吸盤さいこぉ~」とメール(笑)
よし、これを頂いたら帰ろう。

≫駒寿司のデータ

Read More »

Pocket

金太楼鮨で穴子

0
Filed under お寿司屋さん, お気に入り, 寿司・回転寿司, 松戸市
Pocket

先日しいの実さんから写メを頂いた。
そこにはとても美味しそうな穴子の写真が貼り付けられていて、もうその時点で「穴子が食べたひ…」という全開モードに突入。
しいの実さん家は、毎週ご主人が美味しい魚を釣って来てくれるという誠に羨ましいお家で、前に頂いたイサキの写真も実に美味しそうでした。
写真が送られて来ると、その都度「食べたひ…」と思う私なのです(笑)

穴子が手っ取り早く食べられるお店といえば、お寿司屋さん。
朝から「今日は駒寿司か金太楼鮨!」と決めていました。
どちらにしようか直前まで悩んだ末、ちょっと前に金太楼鮨のマスターからカマ焼をサービスして頂いた事を思い出し、この日は金太楼鮨に決定。

カウンターに「どうぞ」と言われ、恐縮しながら着席。
寿司屋のカウンターは、私の身分ではまだまだだと思うのです。
じゃあどの位の身分が相応かと言われると困るけど、とにかくまだまだ(笑)

焼酎を1本入れて頂き、今日は玉露割りに。

金太楼鮨小金原店 - お通し

金太楼鮨小金原店 - お通し

単にマヨネーズで和えただけでなく、若干スパイシーさも兼ね備えたお通し。
こういう素晴らしいお通しを出されると、「やられた」と思い、その時点でノックダウン。
お通しだけで玉露割りを1杯半頂きました(≧∀≦*)

さて、お目当ての穴子を。

金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ

金太楼鮨小金原店 - 穴子つまみ

「穴子つまみ」と黒板に書かれていたので、そのまんま書きます。
白焼も気になったけれど、今日は煮詰めで。
幾分表面がカリッとしていて、中はトロトロフカフカ。
下に敷いてあるキュウリと煮詰めが非常に良く合い、それがまたつまみになる。
旨い!

金太楼鮨小金原店 - ウニつまみ

金太楼鮨小金原店 - ウニつまみ

このウニも絶品でした。
粒がシッカリしていて、口に入れるとウニの甘さと潮の香りがフワ~っと広がります。
実に旨い!

マスターが海鮮サラダを作るのを拝見すると、「え?まだのっけるんですか?」というほど生ものがのっけられていました。
エビ・カニどっさりの『ろばた焼弥生』の海鮮サラダも有り得ないけれど、こちらの海鮮サラダも有り得ない。

「マスター、のせすぎじゃないです?」
「いや~作ってるとね、どんどんのっけたくなっちゃうんですよ」
「贅沢な海鮮サラダですねぇ」
「これ、700円」
「ななひゃくえん~~~~??( ̄▽ ̄;)」

我々は穴子とウニでお腹一杯になってしまったので注文しませんでしたが、3~4人で来ることが有れば、是非お願いしてみようと思います。
あれが700円って…

ちなみに金太楼鮨小金原店の夏休みは、8/23~8/27まで。
マスターは沖縄に行かれるようです(^^)

≫金太楼鮨小金原店のデータ

Read More »

Pocket