Tag Archives: デカ盛

ほっかほっか弁当かまど小金原店で唐揚弁当大盛

0
Filed under お弁当, お気に入り, 唐揚, 大盛・デカ盛, 松戸市
Pocket

 

こんなに唐揚ばっかり食べているから太っちゃうんでしょうねぇ(笑)
外食ばかりでなく、家でも作って食べますので。
カラアゲニストということでご勘弁をm(__)m

前回、「おかあさんの詩の唐揚弁当がちょっと変わって来た」的なお話をしました。
若干ボリュームが寂しくなったと、その程度なんですけどね。
この日は同じく盛りの良いお店〝ほっかほっか弁当かまど小金原店〟で唐揚をお願いしてみました。

ほっかほっか弁当かまど小金原店

まずは嫁の〝エビフライ弁当 690円(税抜)〟から。
こちらは何年も前から変わりません。
ボリュームも味も、以前のまま。

さて、唐揚弁当の方はいかがでしょうか。

ほっかほっか弁当かまど小金原店
びっくり唐揚げ弁当大盛   540円+60円(税抜)

このお店のご飯は普通盛で充分な量なのに、それを解っていて、どうしていつも「大盛♪(o^_^o)」と言ってしまうんでしょうか。
「大盛病」と言っても間違い無いかも知れません。

盛りの方はと言いますと、ご飯の盛りはこんな感じ。

ほっかほっか弁当かまど小金原店

ステキです。
日によっては、もっと膨らんでいる時が有りますが、それは大当りです(^^)

唐揚はというと、ちょっとこの日は「当たりでないけどハズレとは違う」という微妙な感じだったでしょうか。
この大きさの唐揚(この日は小さめでした)は、手前に3個の唐揚が入っているのが相場なんですけど、今日は少しだけボリュームダウンという印象でした。
これは「ブログに載せた時の圧倒的迫力」を期待しているからであって、実際に私が食べる量を考えると、唐揚は余ってしまうからこれでいいんですけどね(^-^;

「目先を追うな!いい加減気がつけ!耐えることなくして勝利はないんだっ!」(カイジ)

当たりを引くまで耐えるのが一番です、はいm(__)m

ほっかほっか弁当かまど小金原店

何故これが〝びっくり唐揚〟なのかというと、唐揚が多いっていう理由も有るんですが…

ほっかほっか弁当かまど小金原店

唐揚を移動させるとおかずが出て来ちゃったりして、「他のおかずの上にまで唐揚が乗っちゃってますよぉ~」という〝二重構造〟がまたビックリと、そういう解釈を自分勝手にしております。
これは実際に聞いたわけではないので、全く信用は出来ませんけども(笑)

相変わらずビックリする弁当で、大満足でございました。
今日はまだ入ったばかりでアタフタしているお母さんがレジをやっていまして、あまり早口で注文すると書くのが追い付かなくて気の毒なので、少しの間は注文をゆっくり伝えてあげて下さいませ。
多分私だけなんでしょうけど、おつりを間違えるほどアタフタしておりましたので(;^_^A
頑張れ、お母さん!ヾ(≧▽≦)ノ

本日も満腹でございます。

ご馳走様でしたm(__)m

【ほっかほっか弁当かまど小金原店】
住所 千葉県松戸市小金原5-29-9
電話 047-345-1228
時間 9時30分~20時
定休日 無休

≫ほっかほっか弁当かまど小金原店のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

割烹一の矢でよくばり定食

0
Filed under うどん・そば, お気に入り, ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 寿司・回転寿司, 茨城県
Pocket

 

遅くなりましたが、昨年秋のお話です。

茨城県でお気に入りのお店といえば〝煮干中華ソバイチカワ〟ですが、今では超人気店になっておりまして、なかなか入れないのが悲しくも有り嬉しくも有るわけですが(お気に入りのお店が繁盛して嬉しいという意)。
煮干中華ソバイチカワの行列が長かった場合、次の選択肢として出て来るのが、〝割烹一の矢〟です。

「割烹」と名が付いておりますが、そんなにビクビクすることは有りません。
気軽に入って、落ち着いて食事を楽しむことが出来るお店です。
お値段は1000円前後の定食で充分満足しますが、1500円まで広げますと、一段階突っ込んだチョイスが出来るかも知れません。

私は今まで、ほとんど1000円以内で楽しませて頂いております(^^)

割烹一の矢
おまかせ定食 1000円(全て税別)

おまかせ定食は、1000円・1300円・1500円から選択出来ます。
出て来るものは、フロアスタッフに聞くと教えてくれますよ♪
この日は特に南蛮漬けが美味しかった~(o^_^o)

割烹一の矢
秋入荷(4)定食 1300円

「秋入荷(4)」というのは、「秋定食の四番目」という意味で、2015年秋はこういうラインナップでした。

(1)秋・松茸-松茸どびんむし+おまかせ 1500円
(2)秋・もどり鰹-かつお刺身・かつおたたき・かつお生姜煮・小鉢付 1300円
(3)秋・松茸-松茸どびんむし+刺身盛合せ 1700円
(4)秋入荷-秋さんま刺身・秋さんま塩焼・小鉢付 1300円
(5)秋入荷-秋さんま塩焼2本付 1100円、小鉢付は1200円

割烹一の矢
よくばり定食 1280円

これは名前の通り、よくばりですねぇ(^-^;
ご飯ものが二種類付いて、おかずが二種類にお新香付です。
うちの嫁の為に有るようなメニューです(笑)

このお店の料理って、美味しさの中に、良い意味での素朴さというか、どこか懐かしい感じのする味付けなんですね。
我が家からつくば市まではかなり遠い道のりなんですけど、こちらのお店に入ると、ホッとすると言いますか、癒されると言いますか。
何故そうなのか、最初は解らなかったんです。
でも、多分ですけれど、女将さんの人柄が出ているお店なんじゃないかと思うんですね。
何度か会計の時にお話をしまして、おそらくそうかなと。

もうひとつ、男性フロアスタッフの方がいらっしゃいまして、この方の雰囲気がいいんです。
清潔感が有り、にこやかで、丁寧でいて堅苦しく無く、もう何と言いますか、「元祖丁度良い接客」とでも言いましょうか、本当に「丁度良い」んですよ。
この説明では不十分ですね、まったく(;^_^A

私は某理容室の〝木村さん〟の大ファンなんですが、この男性フロアスタッフが木村さんに似ているんですよ。
そこもまた得点高いんですよねぇ(話がコア)。
もしかしたら、ご兄弟とか??
ということを聞かずに予想するのが、私の楽しみ方でも有るわけですけど(笑)

機会が有りましたら是非行って、「一の矢の木村さん(私はそう呼んでいます)」に会って下さい。
丁度良いんです、ホントに。
接客されると、心が「ホワ~ン」とします。
微笑まれると、幸せな気分になれます。
そして、木村さんに似ています(誰も知らないってば)。

デカ盛メニューも有りますので、デカ盛ファンの皆様も行ってみて下さいね~(≧∀≦*)

【割烹 一の矢(いちのや)】
住所 茨城県つくば市栗原4095-1
電話 029-864-2310
時間 11時~21時30分
定休日 無休
駐車場 有

≫割烹一の矢のデータはこちら

Pocket

伊澤家で豪華海鮮丼巨大ドーム盛りに挑戦

0
Filed under お気に入り, ランチ・定食, 寿司・回転寿司, 野田市
Pocket

人間誰しも、「あのお付き合いだけは記憶から消したい」という男女交際が有りますよね。
皆さん同様に、私にもございまして(^-^;
「どうしているかなぁ」と、いつまでも気になっている人には会えないのに(いや、会えても会いませんけど)、そういう相手に限っていつでも会える環境に有ると(笑)

ま、とにかく、失敗は誰にでも有りますよね~というお話です。

何かを食べた後でも、「この食事は無しにしたい」ということが有ったりします。
「何故こんなものでお腹を一杯にしてしまったんだろう」と、完食してから悔やむ。
食べている途中、いつでも止めるタイミングが有ったのに、朝から何も食べていないというモーレツな食欲に身を任せてしまい、大盛一杯食べてしまう。
B食隊ではこれを、「無駄に太る」と言っております、はい。

逆に、食事を終えた後、モーレツに満足感が有り、出来ることならば倍額払いたい、感謝してもしきれない、毎朝そのお店の方に向かって拝んでしまう、というような場合も有りますよね。
本当に美味しかった。
量も充分過ぎるほど満足した。
そういう「コリャケッコー!」なお店が、野田にございました。

伊澤家

デカ盛としては、さほど有名ではないんじゃないでしょうか。
場所も、メイン通りからちょっと入っておりまして、知る人ぞ知る、知らない人は説明しても解らないというような場所に有ります。

お店に入りますと、皆さん感じると思います。
「家庭的なお店だなぁ」
えぇ、行って頂ければ解って頂けるはずです。
敷居の高いお寿司屋さんではなく、良い意味でアットホーム(^^)

私はお願いするメニューを決めて行きましたので、任務を全うすべく、そのメニューをお願いします。

伊澤家

こちらは、嫁がお願いした〝豪華海鮮丼 1480円〟です。
普通盛ですが、これでも結構な盛りだと思います。
一般人には充分過ぎる量ですね。

さて、次は私の任務(笑)

伊澤家

このお店のウリにもなっている〝豪華海鮮丼巨大ドーム盛り 1680円〟です。
嫁の〝豪華海鮮丼〟と200円しか違わないんです。
でも酢飯は「倍近いのでは?!」と感じるほど多いし、その酢飯の中にまでとびっこが入ってるし、トッピングされているお刺身の量も半端無いし、イクラなんか「これでもかっ!」っていう位にのっかっているしで、もの凄い迫力!

まず、どこから食べていいのか解りません。
私はおかずとご飯の分量配分や順番を頭に描き、それをきっちり守る食べ方をして生きています(生きていますって…)。
よって、「最初にお刺身だけ3切れ食べて~」というのは無理なんですね。
「ご飯がこの量だから、ご飯の一口サイズは127粒だな。まずはイカを一切れ頂いてからご飯127粒を食べて…」というふうに、毎食計算しながら食べていますから、まずはご飯に「こんにちは」をしないと落ち着きません。

「ホタテ・マグロ地域」にお住いの方々に移動して頂き、めでたく酢飯とご対面。
この酢飯、私好みの温もりが有り、酢の加減も素晴らしく良いです。
ホタテを一枚頂いて、酢飯を口中に運びますと、酢飯の美味しさが一杯に広がります。

実に美味しい!(o^_^o)

伊澤家

若干アップにしてみました。
こうやって見ると、ご飯の量がそれほど多いとは思いませんでしょう?
でも、実際に酢飯とご対面すると、その量にたじろぐわけです。
後退りして、後ろのお客様に迷惑を掛けたりするわけですね(そんなに下がらないですか)。
最低、二合は有るんじゃね??
という勢いです。

さて、最近はラーメン普通盛でお腹が一杯になってしまう老いぼれの私に、この巨大海鮮丼は完食出来るのでしょうか。
数年前と比べると、髪の毛の量が半分以下になって、いわゆるハゲ散らかしてしまった私に、完食出来るのですか?(無関係)

酢飯も美味しいけれど、お刺身も美味しいですねぇ。
「寿司屋なんだから当たり前でしょ」と言いますか?
いえいえ、お寿司屋さんだって色々です。
特にデカ盛で美味しいお店は少ないと感じています。

回転寿司を加えますと、我が家はお刺身を頂く回数が多いわけですが、ネタの香りがほとんどしないお店って有りますよね。
あれ、変に思えるんですよ。
生ものだからって、香りが無いっていうのはおかしいですもんね。
その魚には、その魚独特のの香りというものがちゃんと有る。
海老ならば、海老特有の香りが有ります。
それがしないのは、おかしいと思うだけでなく、私には美味しいと思えないんですよね。

伊澤家さんのお刺身は、ちゃんと香りがしますし、噛めばその魚の美味しい味がします。
美味しいお刺身を一切れ頂いて、酢飯を大量に口中へ。
それを繰り返して、丼の半分ほど食べた時に気付きました。
胃に「ドスーン!」と来ないんですよ。
この丼、普通は半分でお腹一杯になる量です。
その量を頂いたのに、胃が重くなりません。
何故でしょうか。
私の体に合わない、添加物や化学調味料を使用していないせいでしょうか。
何れにしても、体に優しい作りなのは間違い無いと思います。

心配していた任務ですが、問題なく完了しました。
食べ切れたんですよ、老いぼれの私が。
昔は「ランチに1680円?そんなのは私の辞書にございません」というスタンスでした。
いやいやいやいや、この1680円はアリだと思いますよ。
「お得だ!」とさえ感じます。

一見がんこ風なお店の大将は、話を伺うと全然違って優しい物腰の方でした。
女将さんも、色々と気遣ってくれて、とっても優しい。
なるほど、お店に入った時のあの感じは、お二人の人柄から来ていたんですね。
納得しました(^^)

アットホームな雰囲気の中、とても素晴らしいランチとなりました。
定食系のメニューも有りますので、近くに来たら、また是非寄らせて頂きたいと思います。

ご馳走様でしたm(__)m

≫伊澤家のデータはこちら

Pocket

福徳食堂でカキフライ定食と福徳丼

2
Filed under お気に入り, ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 松戸市
Pocket

介護真っ直中の、たいちょでございます。
毎日しんどい…(;^_^A

家族が介護する場合、良い部分と悪い部分が有りますねぇ。
確かに他人よりも身内が世話をする方が本人も良いとは思うのですが、想像以上に甘えられてしまうと、こちらがヘトヘトになってしまいます。
特にうちの母は元々、全ての面でやる気が薄く、歩くことすら面倒くさがる人。
そういう人には、ヘルパーさん等の他人が入った方がスムーズに行きますし、本人もある程度の緊張を持って生活してくれますから非常に助かるんですが、本人が嫌がる(+_+)

毎日家族の介護をしている皆さん、本当にお疲れ様ですm(__)m
まぁ、私の場合はまだ父が居ますから、楽な方かも知れないんですけどね。
その父も80歳になりますので、全て任せることは出来ません。

福徳食堂

そんなこんなで、たまには外に出ないと私の方が参ってしまいますから、気晴らし出来る時はするようにしています。
気晴らしといっても、ランチに出掛ける程度なんですけどね(^^;
最近は、回転寿司と並行して海鮮丼系も責めておりまして、盛りが良くてリーズナブル、そして味もそこそこ良いというお店を探しております。

松戸の南部市場には、その手のお店が二店列んでいて、一方は若干愛想という点でゴニョゴニョらしいという評判なので、今回はもう一方のお店をチョイスすることにしました。
デカ盛では知る人ぞ知るお店で、メガ盛りチキンカツ定食はチキンカツが5枚ドカーンと盛り付けてあるらしい。
昔ならば挑戦したんですけどね。
もう挑戦するまでもなく無理です(^-^;

福徳食堂

嫁は〝福徳丼 1000円〟を。
色々なネタがトッピングされていて、海鮮丼好きにはたまりません(^^)

豆腐が付いているのを見ると、以前有りました光が丘の蕎麦屋さんを思い出しますねぇ。
あの蕎麦屋さん、全てのメニューに豆腐が一丁付いていて、我々肉体労働者でも食べきれなかったんですよね。
あまりお客さんが残すもので、豆腐を半丁に変えたところ、まだ残す。
そして最後には四分の一丁になったんですが、蕎麦食べに来ている人に豆腐一丁って、そりゃ残して当たり前ですよねぇ(笑)
例えば、カツ丼に豆腐一丁付いて来るんですから。
いくら豆腐好きだとしても、半丁が精一杯でしょ(^^;

福徳食堂

ネタはこういう感じです。
どれも鮮度が良く、嫁も満足していました。
ご飯の盛りも良いですよぉ~(^^)

福徳食堂

私は〝カキフライ定食 930円〟にしました。
嫁が「カキフライも食べたい」って言うもので(^-^;

これ、ご飯普通盛です。
結構有りましたよ。
いつも大盛でお願いする私が、普通で丁度良かった感じです。
大振りなカキフライが五つ。
マヨネーズが付いて来るのが嬉しいです(o^_^o)
揚げ具合も丁度良かったですよ♪

定食にも豆腐が付きますが、それ以外にも〝納豆か生卵〟がサービスされます。
納豆は大好きなんですけど、異臭騒ぎになってしまうと申し訳無いので、この日は生卵を。
私、ご覧頂いている定食でも、ご飯が足りないんですよ。
いや、間違えました、おかずが多いんです。
カキフライを一個嫁にあげても、まだおかずが多い。
そこへきて豆腐と生卵ですから、更にバランス的におかずが多い。
なので、生卵はそのまま飲ませて頂きました。

え?
卵を飲むのは変??
「おまえは、蛇かっ!」ですって???(笑)
私、日常的に卵は飲むので、特別な事じゃないんです。
最近では少なくなったものの、昔は飲みましたねぇ。
特に、飲んで朝帰りした時なんかによく飲んでいました。
5、6個。
ドリンクなんかよりずっと体に良さそうだったのと、何となく元気になるような気がしたからです。
えぇ、医学的な根拠はまるでございませんので、真似しないで下さいm(__)m

久しぶりに卵を飲んだら、凄く元気になりました!(気のせいでしょうね)

お味噌汁も美味しく頂き、お腹一杯(^^)
切り盛りは女性スタッフ二人でされていて、接客がとても気持ちが良いですね。
実家に帰省したかのような居心地の良さを感じます。
そう言えば、料理もどこかお袋の味を感じさせるものでした。
毎日来てもいいなぁ~こういう雰囲気の良いお店♪

メガ盛りチキンカツ定食(チキンカツ5枚)
特盛り鶏の唐揚げ定食(唐揚げ500g)
トンカツ定食(ロース100g×3枚)
餃子20個定食
このような楽しいデカ盛メニューも有りますので、胃袋に自信の有る方はいかがでしょうか(≧∇≦)b

素晴らしいランチを頂きました。
ご馳走様でしたm(__)m

≫福徳食堂のデータはこちら

Pocket

割烹一の矢でデカ盛ご飯

0
Filed under ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 寿司・回転寿司, 茨城県
Pocket

この日は仕事の買い物で、茨城のリユースショップ回りへ。
娘が一緒の時はいつも回転寿司に決まっているわけですが、今回は急遽娘が新宿へ行くと言い出したので、たまにはデカ盛にでも挑戦してみようかという気になり、検索するとこういうお店が見付かりました。

割烹一の矢

割烹ですよ、割烹。
割烹といえば、我が家には縁のないジャンルです。
予算が合わない(悲)

しかし!

この『割烹一の矢』はですね、さほど高いお店ではないらしいんですよ。
そしてデカ盛も有るらしいんです。
となれば、もう「気分は一の矢」ということになりますよねぇ(^^)

狙ったのはこちら。

割烹一の矢

びっくり丼です。
こうやって写真を見ただけでは実感が湧きませんね。
でも、直径30センチなんですよ。
力士がテレビでお酒を飲む時に使う特大お猪口というかお椀というか…あれはいったい何て言うんでしょうか。
とにかくあの容器と同様のインパクトが有ります。

「びっくり丼大盛」をお願いすると、その直径30センチの器に3合飯が盛られ、その上にご飯が見えなくなるくらいのトッピングが…
考えただけでもワクワクしますねぇ。
しかしもう若くありません。
大盛はさすがに無理でしょう。
ということで今回狙って行ったのは、「かつ丼と牛肉スタミナ焼の2色丼普通盛1728円」です。

気さくな男性定員さんがいらっしゃって、ジョークを飛ばしてくれます。
思わず笑ってしまい、初回の訪問でしたがリラックス出来ました。
接客って大切ですねぇ(o^_^o)

私の注文する品は既に決まっているので、嫁が決めるまで待ちます。
メニューを見たり、壁に貼られているメニューにない品を見たりしているうちに嫁が一言。

「豚の生姜焼と唐揚げの定食が850円(税抜)だって、安いねぇ」

唐揚…
せっかく前日から「びっくり丼」と決めて来たのに、唐揚って…
皆様ご存じの通り、私は無類の唐揚好き。
カラアゲニストでも有りますが、それ以前に唐揚大王(自称)。
日本唐揚協会会長が子供の頃には、私は既に厨房で唐揚作ってお客さんに出していましたからね(それがどうした?)。
唐揚と聞けば、そりゃもう、何が有ってもそっちに行っちゃうでしょうが(爆)

まったくうちの嫁は… 要らんことを言ってくれたもんだ(でも唐揚は嬉しい)

ネタの一環として「びっくり丼」と決めて来たのに、ここで全ての計画を無駄にしてはいけません。
それでは『B食魂』に傷が付くっていうもんです(自分でも良く解らないけど)。
だから私は言いました。

「豚肉生姜焼+若鶏唐揚げ定食を大盛でっ!(`・ω・´)」

慣れたものです。
従業員さんはビクともしません。
「大盛」なんていう言葉は「普通」なんです。
だってこのお店、『びっくり丼』の他にも『デカネタにぎり』が有ったり、『あなご丼』の穴子なんて丼の直径の2倍も有ったりするんですから。
炊き込みご飯の注文の仕方も半端無く、「2合」とか「4合」とかいう合数でお願いするわけで、炊飯器のまんまテーブルに来ます。
どうりで入ってすぐの所に炊飯器がたくさん置いてあったわけだ…(^^;

嫁の注文が先に到着。

割烹一の矢
海鮮重 1350円

上から見ても解りませんけど、酢飯は結構な量だったそうです。
どのお刺身も鮮度が良くて美味しい♪
小鉢の胡麻和えがまた良かったです(o^_^o)

次に私の定食が到着しました。

割烹一の矢
豚肉生姜焼+若鶏唐揚げ定食(大盛) 1026円

こっ、これは…
くさかべさんからTwitterでコメント頂きました「のっかってないだけ、ですか(^^;」というのは、まさに言い得て妙。
直径30センチのお椀にこのご飯を入れ、上におかずをトッピングすれば「びっくり丼」ではござらぬか(びっくりし過ぎて言葉が変わってしまいました)。

食べました。
顎をこれでもかっ!というくらい使い、咀嚼しては飲み込み、咀嚼しては飲み込み…
半分食べたところで顎が疲れて参りました(>_<)
別に硬いものを食べているわけではないのに、何故だろうか。
考えたら、いつもより咀嚼回数が多いからのようです。
いつもの食事ならば、もうとっくに食べ終えていますからね。
1回の食事で、こんなに顎は使わないんです。

「お腹一杯なのではなく、先に顎が疲れた」
こんなことが有って良いのでしょうか(^^;
健康診断を控えている人間のする食事ではありません(爆)

割烹一の矢

もうね、食べていて2合以上有る気がしましたもの。
結構ご飯の密度が濃いんですよ。
きっと従業員の方が私の体を見て「おっと、この人食べそうだわ」なんて思ったんでしょう。
モーレツに詰まっています。

私はガテン系なので濃い味を好みますが、このお店はわりと薄味に仕上げています。
お味噌汁も薄口で、唐揚の下味も生姜焼きの味付けも、足りなくはない程度に薄味。
でも、そのわりに胡麻和えの味はしっかりしています(笑)
これが一番おかずになる感じ。
普段はこのくらいの薄味が丁度良いのかも知れませんですねぇ。
そろそろ血圧に気を使わないといけません。

他の方はあまり書いていらっしゃらないんですけど、全体的に味は美味しいです。
一般的に考えて、美味しい。
特別に美味しいということではなく(お刺身ではなく味付けです)、勿論不味いなんてことは有りません。
普通に美味しいです。
お肉の選択も、出来るだけ安く提供する為の工夫がされています。
調理法も同様に。

割烹一の矢

コーヒーまで付けて頂いちゃいました。
私は飲めないので、嫁の分のみ。
お茶を勧められましたが、私のお腹はもう何も入らないほどパンパンでしたので(^-^;

いや~、魅力一杯のお店でした。
メニューが豊富で、次に来た時には何を食べようか考えるだけでワクワクします。
「本日のサービス定食」から、Bの「いわし刺身・小鯛塩焼・豆鯵唐揚・蛤のお吸い物」の定食1300円にしようか、蕎麦も食べてみたいからうな玉丼1200円にざる蕎麦が付いたセット1450円にしてみようか、地鶏唐揚定食っていうのも気になるし(今回のは若鶏の唐揚)、直径38センチのお椀が素晴らしく見栄えが良い『大名膳2980円』も一度チャレンジしたいし、いやいや『板長さんおまかせ定食1000円・1300円・1500円』なんていうのもお得感が有って良さそうだとか、もう考え出したら止まりません。

大満足の昼食となりました。

ご馳走様でしたm(__)m

【割烹 一の矢(いちのや)】
住所 茨城県つくば市栗原4095-1
電話 029-864-2310
時間 11時~21時30分
定休日 無休
駐車場 有

≫割烹一の矢のデータはこちら

Read More »

Pocket

食事処平成魚松で豪海天丼

0
Filed under ランチ・定食, 大盛・デカ盛, 茨城県
Pocket

先月は豪快な丼を頂きに、茨城まで遠征して来ました。
仕事柄、「夏なのに何も楽しいことが無い」と嘆いていた娘の為になんですけどね(^^;

久しぶりに高速道路を使い、向かったのはこちらです。

食事処平成魚松で豪海天丼

この『さかなや隠居』という割烹旅館が、1階でランチのみやっているお店が有るらしいのです。

食事処平成魚松で豪海天丼

『食事処平成魚松』という名前で、豪快な天丼がウリのお店らしい。
ネットで写真を拝見すると、あらあら、穴子天が丼からはみ出しているではありませんか(笑)

「こりゃ、頂きに行かないと!(`・ω・´)」

当然シャッターでございます。
有名なお店で、しかも強烈なウリが有るお店の場合、行列で入れないという可能性も有ります。
ですから当然シャッター。
開店前から列びました。
でも、先客がいらっしゃいました(;^_^A

その方は初めてではないようで、常連さんなんでしょうか、開店すると私達家族を先に入れてくれる、とっても優しい方でした。
有難うございましたm(__)m

割烹ということで、格式高い雰囲気です。
しかし敷居が高いということではなく、女性店員さんも非常ににこやかで、良い意味で「茨城に来たんだなぁ〜」という居心地の良さを感じます。
私のような田舎者でも、気楽に入れましたので大丈夫(^^)

嫁は「ダブル丼(ウニ・いくら) 1800円」を、娘は「海鮮丼 2000円」を、私は勿論「豪海天丼 1250円」をお願いしました。

食事処平成魚松で豪海天丼

ジャ〜ン!
これが豪海天丼でございます〜♪

食事処平成魚松で豪海天丼

アップで載せてみましたけど、このボリューム感は圧巻ですよね。
快にの幸を使った天丼なので『豪海天丼』(多分そうかと…)。
とにかくビックリしたのは、穴子天。
肉厚でメチャメチャ美味しいです。
こんな肉厚な穴子、我が家の近所で見たこと有りません。

ご飯を大盛でお願いしたわけですが、それでも足りず、他に丼飯をお願いすれば良かったと今更ながら思っています。
私の食べるバランスですと、この大盛ご飯は穴子天1本で丁度良い感じでした。
穴子天、デカッ(≧∀≦*)

小鉢の胡麻豆腐が面白い造りでした。
きめ細やかな食感で、これはもはや豆腐ではなく、おかずにもなり、デザートにもなるという逸品!
素晴らしい滑らかさに感動致しましたm(__)m

世の中には素敵な食べ物がたくさん有るものですねぇ(o^_^o)

ご馳走様でしたm(__)m

≫食事処平成魚松のデータはこちら

Pocket

ぎょうざやさんがテイクアウト専門店に

8
Filed under お気に入り, ラーメン, 中華・中国料理, 大盛・デカ盛, 流山市
Pocket

サトパパさんからの情報で、ぎょうざやさんは今年からテイクアウト専門店になったようです。

ぎょうざやさん

ぎょうざやさん

≫ぎょうざやさんのデータ

Pocket