Tag Archives: ラーメン

東池大勝軒おはこで豚バラ軟骨ラー麺

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 八千代市
Pocket

 

初中華は松戸のゆうえんでしたが、初ラーメンは「東池大勝軒おはこ八千代店」でした。
このお店、ももちちさんから教えて頂いてからすっかりファンになりまして、「山岸さんっぽい味」として楽しんでおります。

この日は寒かったことも有り、もりそばではなく中華そばの方をチョイス。

東池大勝軒おはこ八千代店

私はワンタン麺 950円。

東池大勝軒おはこ八千代店

嫁は豚バラ軟骨ラー麺 950円。

久しぶりなので、忘れておりました。
このお店は、普通でお願いすると麺320g有り、私は半分の160gでお願いしないといけないのでした(^^;

「うわ~、失敗した~、食べられるかなぁ」
なんて言いながら、結局完食。
美味しいものは食べられるんですよねぇ(o^_^o)

軟骨は、我が家の軟骨煮同様、トロットロのウマウマでございました♪

初ラーメンに相応しいこの一杯!

ご馳走様でございましたm(__)m

【東池大勝軒おはこ八千代店】
住所 千葉県八千代市大和田新田63-1
電話 047-458-1884
時間 11時~15時・18時~21時(金・土は22時~24時も営業)
定休日 月曜日
駐車場 建物に向かって右脇のコインパーキングで90分まで無料

≫東池大勝軒おはこ八千代店のデータはこちら

Pocket

松戸南部市場にキリンキッチンオープン

0
Filed under お気に入り, カレー, ラーメン, 松戸市
Pocket

 

Humtonに行った時に「あ、ここに何か出来るんだね」なんて話をしていたら、もう開店していました(^^;

キリンキッチン

何とも清潔感溢れる外観ではありませんか。
ここの店主さんは家に小物を置いたりせず、テーブルの上にも何も置かずに、さっぱりと整理された部屋が好きな人なんでしょうね、きっと。
私もそういう部屋が好きです(^^)

想像はこの辺にしておいて。

このお店が開店していたのは、友達ののぶちゃんからメールで聞いたのですが、のぶちゃんがどこから情報を得たかというと、ゼータシゲッチさんのページだそうで。
ゼータシゲッチさん、情報早いなぁ(^-^;
考えたら私がHumtonに行ったのって、8月初旬だったんですねぇ。
もう2ヶ月以上前です。
時の経つのが早いわぁ(+_+)

ゼータシゲッチさんのページによりますと、こちらの店主は東池袋大勝軒系のお店に在籍していらっしゃったようで、そう聞くと今となってはお腹一杯に感じてしまうのですが、スープに海老や蟹を使っているとのこと。
それに、ミートソースまぜそばや、カレーやハヤシライスも有るようで、東池袋大勝軒から私の好きな方向に流れて行っているような気がして、早速家族3人で行ってみました。

キリンキッチン

まずはチャーシュー丼が到着。
こりゃ旨い!(≧∇≦)/
味の作り込み方が上手いと言いますか、こちらの店主さん、ちゃんと味見していらっしゃると思いました。
「何をバカなことを言ってるんだ、味見するのは当たり前だろう?」
そう仰る方が居るかも知れません。
いえいえ。
新メニューを出す時、ちゃんとした完成品を作って食べない人なんてザラに居ますし、日に1度もスープ味見をしないなんていう人も普通に居ます。
こちらの店主さん、きっちりした仕事をする人のようで、ラーメンにも期待が高まります(^^)

キリンキッチン

お次はカレーライス。
うわぁ~、こちらも凄く丁寧に仕込まれています。
自家製の漬物もシャレていますし、カレーも甘口に作られていますので、女性にも人気が出そうですね。

さて、最後はラーメンです。

キリンキッチン

東池と言われれば「あっ、なるほど」という味なんですが、言われなければ「お?」という感じ(良い意味です)。
これ、「東池系に居た」って言わない方が評価高くなるかも?(^-^;
実に完成度が高いスープで、ゼータシゲッチさんが仰るように、ちゃんと甲殻類の味が残っているところが凄いです。
チャーシューも丁寧に作られていますし、麺がまたスープにベストマッチですねぇ。
美味しい!

どれもこれもが良い材料を使って作られている為か、お値段としては高め。
ただ、「この値段を出してもいいからこの店のラーメンが食べたい」と思わせるだけのパワーは有ると、私は思います。
「○○○系」というよりは、このお店のオリジナルでいいと思いますねぇ。
なんかそういう流れみたいなものって、こちらのラーメンには要らない気がします。

唯一思ったのは、全体的に味が濃いことでしょうか。
特にチャーシュー丼は途中でしつこくなってくるので、ご飯の白い部分がもう少し残っていた方が好みだったかな~と思いました。
あっ、もうひとつ有りました(笑)
麺を持ち上げる時に、時々引っ掛かるんですね。
これは多分、麺の長さと、縦長の丼が関係しているんじゃないかな~と。
それか、麺をスープに入れた後で一度持ち上げると解消するんでしょうかね。
とってもオシャレな丼なので、私は好きなんですけど♪

豚軟骨のトッピングが有ったり、私の好きなものがたくさん有るお店なので、全種類制覇したいです。
残るは、ハヤシとミートソースまぜそば…
いや、私はそういう変化球よりも、このスープで塩ラーメンを頂きたいなぁ~なんていう期待をしていまして、「塩ラーメン出ました」なんて聞いたら、仕事放ったらかして行くと思います(マテ
そういうラーメン系の主力メンバーの充実に期待したいです。

こういう何かを期待させるようなお店、久しぶりではないでしょうか。
フロアのお父様も気さくで楽しいし、店内も非情に居心地が良い雰囲気ですので、繁盛間違いなしですね。
つけめんも出るようですが、次あたりに塩を…(しつこい)。

ご馳走様でございましたm(__)m

【キリンキッチン】
住所 千葉県松戸市松戸新田30 松戸南部市場内
電話 …
時間 9時~16時
定休日 水曜日
駐車場 松戸南部市場駐車場を使用

≫キリンキッチンのデータはこちら

 

Pocket

麺屋花形で新メニュー♪

0
Filed under お気に入り, ランチ・定食, ラーメン, 柏市
Pocket

「うちのお店、定食屋になるんですよ」
そんなジョークがご夫婦の口から出たのは、先月。
実はジョークじゃなくて、本当らしい。
いや、定食屋になるというのはジョークで、「定食を出す」というのが本当らしいのです。

これは問題発言かも知れないんですけど…
50歳を過ぎた頃から、「ラーメンを食べよう♪」という意欲が少しずつ減って来た自分に気付いたんですね。
ラーメンを食べると、どうも胃が重くなる。
背脂こってりのラーメンを想像すると、目がハートになるのは今でも変わりません。
ですが、その想像が実際に食べる所まで行くと、「その後の体調」が気になってお店に足が向きません。
「それが歳っていうことだよ」と皆に言われても、この悲しさたるや…(T_T)

でもですね、同じボリュームの定食ならばOKなんですよ。
何がどう違うのか、もしかしたらスープに入っている化学調味料のせいなのか、もしくは麺に入っているかん水等添加物のせいかも知れません。
そういうものに体が負けてしまうというのが、悲しいのですよ、オジサンは…

ということで、最近の食べ歩きは定食が多くなって来ました。
そこへ来て麺屋花形店主池澤さんの「定食屋」発言。
思わず「( ̄ー ̄)ニヤリ」としましたねぇ。
言わずとも解っていらっしゃる(いや、単なる偶然だと思いますよ)。

LINEで「出ました?」と送ると、「出てます」とのこと。
早速行って来ました。

麺屋花形

嫁はお気に入りの「ごまそば+味玉」。
私は勿論新メニューの「辛もつ煮込み」なんですけど、それがまた、「辛もつ煮込み」を使ったメニューがたくさん有るんです。

1.辛もつ煮単品(小)
2.辛もつ煮単品(大)
3.辛もつ煮定食
4.辛もつ味噌らぁ麺
5.辛もつのあいがけカレー

ざっと入口のメニューを拝見しただけで、5種類有ります。
実はホームページを見ると「らぁ麺辛モツ煮セット」なんていうのも有ったりして、何と6種類の選択肢が有るではござらぬか。
おっと、興奮して侍時代の言葉遣いになってしまいました(嘘)

どれにしようかな…

「らぁ麺辛モツ煮セット」というのも気になりますが、辛もつ煮単品・カレーにラーメンまで付きますから、食べきれるかどうか心配です。
やはりここは定食の王道を行く形を取り、「辛もつ煮定食800円」をお願いすることにしました。

麺屋花形

辛もつの上に、山に盛られた長ネギが美しいです。
隣のご飯の盛りが力強く、サブとして醤油味のワカメスープと大振りの沢庵が陣取り、素晴らしい見栄えではございませぬか(まだ言葉遣いが直っていません)。
余談になりますが、店主池澤さんはラーメンよりもご飯が好きな人です(笑)

そして、それ以上に好きなのがパンです(≧∀≦*)

ご飯好きな人が作る定食って、そうでない人の定食とちょっと違うんですよ。
これはお弁当にも言えることです。
ほら、ご飯好きな人はここで頷きましたでしょう?
見て解るし、食べたらもっと解る。

ご飯好きではない人が作った(考えた)定食って、ご飯が進まないんですよ。
例えば先日唐揚げ定食を食べたんですが、下味はちゃんと付いていないし、そうやって揚げた唐揚げに後で何かするわけでもない。
その何の味気も無い唐揚げを皿に盛って、マヨネーズ等のフォローも無し。
「このおかずで、どうやってこの量のご飯を食べたら良いのですか?」と聞きたくなってしまいます。

逆に、ご飯好きな人が作る定食は、食べ手がどういう順序でどうやって食べるかが予想されています。
「まずは汁ものを啜って喉を潤す。次にソースの半分かかったアジフライを一口行ってご飯大を一口。その工程を二度繰り返してから、しば漬けを一口行って、その塩分でご飯小を一口…」というように、作り手は食べ手が取るだろう行動パターンを頭に入れつつ、ご飯やおかずの量や味付けを考え、メニューを作るんですね。
ですから食べ手には、「これ、どうやって食べたらいいの?」という疑問が生じません。
自分の本能に任せて食べれば、気持ちよく箸が進みます。

麺屋花形の定食はどうか。
食べ歩きが好きな方達は、もう写真だけで判断が付いているかと思います。
「『辛もつ』と言うからには中途半端な辛さでは失礼だから、〝ちゃんと辛いけど激辛ではない〟というバランスにしたんですよ」と店主が言うように、ちゃんと辛いです。
一口頂いた時、「私のオコチャマ舌にはちょっと辛過ぎるかな?」と感じましたが、ご飯と一緒に頂くと丁度良い。
というか、ご飯がどんどん進んでしまう辛さなんですよね。
これぞ、ご飯好きの味付け!

サブのスープは「おっと、塩じゃなくて醤油なんですね?」と思ったら、これがまた辛もつに合います。
このスパイシーさに塩では合わないんですね。
沢庵の厚さも丁度良く、サブとして重要な役割を果たしています。

「たいちょ、生ニラ大丈夫ですか?」と池澤さん。
出して頂いたのは、刻んだ生ニラと玉ねぎでした(トッピングとしてメニューに有ります)。
「混ぜて食べるとまた美味しいですよ」
あっ、本当だ。
また違った道が開けた気がします。
「闘魂ダレもいいですよ」
あっ、これまた別の道が…
いったいこの定食、どれだけの楽しみ方が用意されているのでしょうかヾ(≧▽≦)ノ

それに800円というお値段。
このクオリティと量で満足度120%ですから、定食としては安いと言って良いのではないでしょうか。
ご飯は大盛券購入で大盛にも出来ますが、私は普通の量で満足でした。
元々他店の大盛の量有りますのでね(^^)
でも、後で思ったんですが、辛もつ煮の汁が少し残りますので、ご飯を大盛にして最後に…
もうここまで言ったら、ご飯好きの皆様はお解りでしょう。
そこに闘魂ダレを一杯追加して…
あ、ヤバい。
書いていて、ヨダレが出て来ました(笑)

辛もつのあいがけカレーもヤバいなぁ。
辛もつ味噌らぁ麺なんて、美味しくないはずが無いし。
「チャーシューカツ定食」なんて出来ちゃったら、毎週通っちゃうと思うなぁ(マテ

美味しゅうございましたm(__)m

【麺屋花形】
住所 千葉県柏市新柏4-10-5
電話 04-7115-4955
時間 11時~15時・17時30分~22時30分 / 日曜日は昼営業のみ(2016年4月より変更)
定休日 月曜日(祝日の場合は11時~15時まで営業)・日曜日の夜はお休み(2016年4月より変更)
駐車場 有り

Pocket

麺屋花形で冷やし胡麻まぜそば

0
Filed under お気に入り, ラーメン, 柏市
Pocket

母の介護の方で時間を取られ、ちょっとご無沙汰してしまいました。
1年弱?振りの、麺屋花形です。
月日が経つのを早く感じたら、もう歳っていうことですよねぇ(^_^;)

嫁はお気に入りの〝ごまそば〟、私は未食の〝冷やし胡麻まぜそば〟を頂きます。

麺屋花形
冷やし胡麻まぜそば

色々なトッピングがされていまして、これを下の方から混ぜ混ぜして頂くと、実に幸せな気分になりますね。
もっと幸せになりたいという人は、卓上にサービスで置いて有ります〝闘魂ダレ〟をかけると、数倍増しの幸せが得られると思います。
私は闘魂ダレ付属のスプーン(現在は昔よりも小さくなっています)で8杯ほど入れまして、目がハートになりました(笑)

このお店は、メニューが定期的に進化していく「進化系グルメラーメン店」で、この〝冷やし胡麻まぜそば〟も新メニューとして登場したわけですが、今月中にまた新メニューが登場するらしく、それも、今までの新メニューとはちょっと違った方向のメニューらしいんです。
また出ましたよ、店主池澤さんの気まぐれが(笑)
気まぐれで美味しいメニューが追加されるならば我々は大歓迎ですから、もっと気まぐれパワーを発揮して頂きたいところです(^^)

新メニューのヒントを少し。
この話を聞いた時に「そっちに行きますか~」と思い、「そっちに行くならば凄く嬉しいし、これで選択肢が広がって通いやすくなりますね」と感じました。
このヒントで、お解りになりましたでしょうか(これじゃ解りませんね)。

新メニューが出たら、早速行きたいと思います。
私が大好物な、あれです(o^_^o)

今日も、美味しゅうございましたm(__)m

【麺屋花形】 2016年4月より、時間と定休日が変更となっています。
住所 千葉県柏市新柏4-10-5
電話 04-7115-4955
時間 11時~15時・17時30分~22時30分 / 日曜日は昼営業のみ(2016年4月より変更)
定休日 月曜日(祝日の場合は11時~15時まで営業)・日曜日の夜はお休み(2016年4月より変更)
駐車場 有り

≫麺屋花形のデータはこちら

 

Read More »

Pocket

背脂らーめん宮本南柏店で背脂醤油らーめんとチャーシュー丼

0
Filed under ラーメン, 柏市
Pocket

最近、川口さんがよく行っているお店〝背脂らーめん宮本南柏店〟に行ってみました。
「ここを通る度に気になっていたんですよ~」っていう方も多いようです。
私もそうでした(^-^;

背脂らーめん宮本南柏店

チェーンっぽい造りだと思ったら、やっぱりチェーンだったようです。
成田が本店だそうで。

敷地内に車を停めてお店に入り、券売機で食券を購入します。
初回なので醤油、そして丼物の中からチャーシュー丼を選択しました。
この「らーめん以外のメニュー」を食べるのは、その作り手が今までどんな料理に携わっていたのか、どういうスタンスで料理に関わって来たのかが解るので、とても勉強になるからです(^^)

背脂らーめん宮本南柏店
背脂醤油らーめん  750円

味玉を選択制にして頂き、700円だと嬉しいかなぁ~(;^_^A
ラーメンに750円は、まだちょっと抵抗が有ったりする世代ですm(__)m

トッピングひとつひとつがちゃんと作られていて、盛り付けも美しく、ヴィジュアル的には文句の付け所がございません。
背脂がびっちり浮いているスープを見ると、それだけで何だかワクワクしますよね(o^_^o)麺はどちらのものを使用しているのでしょうか、昔ながらの麺というよりは、今の麺という感じです。
流行りにもちゃんと乗っかっていて、勉強熱心な印象を持ちました。

背脂らーめん宮本南柏店
チャーシュー丼・炙り  320円

チャーシュー丼は、炙りと煮込みが選択出来まして、醤油の香ばしい香りが好きな私は炙りをチョイス。
うわ~、このタレが濃くてバクバク食べてしまう丼ですね。
それだけに、チャーシューが炙り過ぎていてモーレツに固く、噛むのに苦労する仕上がりだったのが残念でした。

ラーメンも丼も、濃い味で持って行くタイプのお店という印象でした。
私が20歳若かったら、確実に通っているお店だと思います。
50を過ぎた今となっては、この背脂の強さと味の濃さに体が追い付かず、何とも悔しいです。
しかしチャーシュー丼の味付けはとても好きなので、炙る際に火加減を気を付けて頂ければ、また是非食べてみたい丼でした。

ご馳走様でしたm(__)m

【背脂らーめん宮本南柏店】
住所 千葉県流山市向小金1-453-13
電話 04-7138-5334
時間 11時~翌3時
定休日 無休
駐車場 有り

≫背脂らーめん宮本南柏店のデータはこちら

Pocket

天下一らーめんゆうえん二十世紀が丘店&中華料理大学

0
Filed under ランチ・定食, ラーメン, 市川市, 松戸市
Pocket

母の介護が終盤を迎えましたが、まだまだ落ち着かない状況です。
何年も前から予想していたこととは言え、ここまで大変だとは思っていませんでした。
全国の同じ境遇の方、頑張り過ぎない程度に頑張りましょうm(__)m

さて、最近はどう過ごしているか。

家庭菜園

朝は嫁のお弁当作りをしております。
手前のハムカツサンドは朝食用、卵焼きとピーマンの肉詰めはお弁当用。
このピーマンは家庭菜園で収穫したものです。

家庭菜園

千春さんから頂いたアスパラは、全部私の栄養になりました(≧∇≦)/
写真のアスパラは福島から送って頂いたものです。
こちらは細身ですけど、甘みが有ってこりゃまた美味しい♪

家庭菜園

毎朝、少しずつ収穫という感じ。

家庭菜園

キュウリは粗方収穫した後、さっさと撤収しました。
初めて家庭菜園をやってみて思ったのは、ほぼ毎日害虫との戦いで、時間の無い私のような人間が出来るジャンルじゃないということです(^^;
我が家で一番害虫にやられたのはキュウリで、もう二度とやる気は無くなりましたね(笑)
でも面白いほど収穫出来るし、成長がとっても早くてやり甲斐は有ります♪
ですから、いつか土地を借りてやる機会が有りましたら、その時は再挑戦してみようかと思います。

朝採りキュウリはパリパリして美味しかったです~(o^_^o)

家庭菜園

こちらはプランターで作っているバジルを使用してのピザ。
あ、ナスもそうです。
特にバジルは香りが高くて良かったですよぉ~(≧∇≦)b

バジルが増えたら、ジェノベーゼ作ろうっと♪

家庭菜園

今季の「のぶちゃん宅急便」は凄いです。
スイカ三昧ですよ、セニョール♪
それも、16個!!!!!!!!!!!!!!!!
子供達の所に持って行ってスイカ割りをさせたら、喜んだこと、喜んだことヾ(≧▽≦)ノ
君達、幸せだなぁ~、のぶちゃんにお礼を言うんだよぉ~!

話は変わりまして、ランチのお話。
ラーメン専門店の分野も、今回(というか、前回?)のブームで色々な変化が有りまして、もう「出尽くした感」が有りますね。
新しいお店は出来るんだけどほとんどチェーンは家系だし、そうでなくても「また豚骨魚介かぁ…」という感じで、どのお店に行ってもあまり代わり映えしないという現状。
「どんなラーメンなのかな~(o(^ー^)o)」というドキドキ感が薄いと、わざわざ新しいお店に行こうという気持ちも湧いて来なくなります。

天下一らーめん雄園(ゆうえん)二十世紀が丘店

そうなると…
私位のジジイ加減(年代)ですと、「ラーメンといえば、あぁいう感じ」というある程度の定義みたいなものが有りまして、例えばこのお店のラーメン。

天下一らーめん雄園(ゆうえん)二十世紀が丘店
唐揚げセット 647円(税込)

そうです、こういうラーメンです。
とはいっても、こちらのラーメンも若干あの頃のラーメンとは違うんですけどね。
麺は昔ほどクセ(香り的な個性)が無いし、チャーシューは昔のパサパサな豚もも肉ではなくて肩ロースを使用しています。
醤油ダレ(かえし)も昔のままではないでしょう。
でも食べてみると昔のラーメンを思い出させるので、これを「正統派ラーメン」というか「基本のラーメン」という位置付けにするわけなんです、我々世代は。

「善し悪し」の話ではなく、世代の違いなんですよね。
我々はこういう感じのラーメンを長きに亘って食べて来たので、最終的に(というか、たま~に)こういうラーメンに帰ってくる。
世間の荒波(今の流行りのラーメン)にもまれ、傷付き、疲れ果てた時、その羽根を安める為に食べるのはこういうラーメンだと。

なんと言いましょうか、こういうのって、「美味しいかどうか」という「味」の部分を超越した感覚だと思うんですよね。
正直「美味しいなぁ~」って思いながら食べるというよりは、「懐かしいなぁ~」とか「癒されるなぁ~」っていう感覚の方が近いんですよ。

【天下一らーめん雄園(ゆうえん)二十世紀が丘店】
住所 千葉県松戸市二十世紀が丘萩町10-4
電話 047-363-1786
時間 11時~24時
定休日 無休
駐車場 有り

中華料理大学

このお店のラーメンも同様に、癒し系です。

中華料理大学

「そんなことを言ったら、このお店の近くに有る〝中華料理栄楽〟もそうでしょ~」という声が聞こえて来そうですけど、こういう系のラーメンを出し始めたらキリがないので、この辺りでご勘弁を(^^;
というか、ちょっと前に栄楽の前を通ったら店内改装していたようですけど、どなたか詳細をご存じの方はいらっしゃいますか?
ご高齢で、ご夫婦だけで切り盛りされていたので、ずっと気になってはいたのですが…
また行きますので、解った時点で追記します。

【中華料理大学】
住所 千葉県市川市曽谷5-15-8
電話 047-372-5588
時間 11時~14時30分・17時~21時
定休日 木曜日
駐車場 有り(道路の向側)

【中華料理 栄楽】
住所 千葉県市川市曽谷5-5-14
電話 047-371-9591
時間 11時30分~
定休日 水曜日
駐車場 有り

帰るべきラーメンが有る我々世代は、幸せなのかも知れませんですね。

昭和ラーメンここに有り!(`・ω・´)

ご馳走様でございましたm(__)m

Read More »

Pocket

らーめん山びこで塩とチャーシュー丼

0
Filed under ラーメン, 茨城県
Pocket

 

「チャーハンが美味しいお店といえば?」
「まるき」
我が家ですと、こうなります。他店でも美味しいチャーハンを頂けるんですけど、それは「普通に美味しい」であって、「特別に美味しい」ではないんですね。
はい、我が家限定のお話になりますm(__)m

でも、普通以上に美味しいお店がまだまだ有るはずです。
食べていないだけで、絶対に有ると思うんですよ。
そこで今回はネット検索をし、一店見付けました。

らーめん山びこ

このお店のチャーハン、大絶賛なんですよ。
ここまでチャーハンが美味しいと言われるお店は無いんじゃないかと思えるほど、誰もが「チャーハンが美味しい」と書くわけです。
もう「食べなきゃダメでしょ」レベルですから(^-^;

店主さんは高校球児らしく、店内にはそういったポスター(みたいなもの)が貼って有ります。
入ってすぐの券売機で食券を購入するわけですが…
あれ?
チャーハンは「5時から」と書かれています。
(゚◇゚)~ガーン
今回はチャーハン狙いで来たのに、チャーハンが無いなんて…(涙)
いきなりテンションが下がりましたが、せっかく千葉から茨城まで来たので、何か食べて行かないと悲しい。
そこで、検索した時に気になっていた鮪出汁の塩と、店内に貼られていた担々麺をお願いすることにしました。

らーめん山びこ
みそ担々麺 780円

どこか創作料理的な雰囲気の担々麺で、味噌ベースで作ってあるせいか、適度なコクが有って美味しいスープです。
このバランスは好きですね。
ちょっとしょっぱい感じはしますけど(^-^;
体育会系のバランスという印象です(私は体育会系なので無問題♪)。

太麺か細麺か聞かれたので、担々麺には細麺を合わせたんですが、これは失敗でした。
こちらの細麺は足が早く、半分程度食べた時点でコシが無くなり、持ち上げると麺が切れてしまいます(この日だけなのかも?)。
かといってこちらの太麺だと太すぎてしまうので、担々麺用の麺を別に用意して頂けたら美味しく頂けたのかも知れません。

らーめん山びこ
Aセットで塩+チャーシュー丼 900円

チャーハンを食べようということで既にお腹がお米モード。
何かご飯物を頂こうと、900円のAセットにしてみました。
チャーシュー丼とラーメンを合わせるセットて、ラーメンの方は塩をチョイス。
このお店の塩は鮪出汁なんだそうで、気になっていました。

ちょっとトッピングが体育会系という感じでしょうか(笑)
何度も言いますように私は無問題なんですけど、もう少し整頓されていると万人受けするのかも知れませんね(^^)
やはりこのお店は創作料理というか、独自の感覚で作られているようで、担々麺のトッピングといい、塩白湯(鮪を使用していなければ塩白湯)のトッピングにナルトを使ったり、和風白湯系なのかな?と思うと、若干動物感の強いチャーシューを合わせたりという、非常に個性的なバランスだと思いました。

塩には太麺を合わせまして、これがまた結構な太さです。
しかしどちらかというとうどんに近いコシと食感で、私のストライクゾーンにドンピシャ。
今流行りの低加水ポソポソ麺でなくてラッキーでした♪
麺とのバランスもまた、他では味わえないバランスですね。

らーめん山びこ

こちらはAセットのチャーシュー丼。
ラーメンとは別の方が作ったのか、ワリと美しいヴィジュアルとなっています。
タレもかかっていて、手間が掛かっているのに安いという、非常にお得感の有る丼だと思います。
これ、儲かっていないと思いますよ(^^;

ラーメンの作りも面白ければ、値段設定も面白いという、結果的に親しみやすくてまた来たくなっちゃうラーメン店でした。
美味しさはどうかと聞かれれば、外食らしく濃い目の味付けで、それでも後で喉が渇いてしょうがないかと言われるとそういうことも無いし、高校球児的な生真面目さと、(多分)修業先が無い為の個性が上手く調和した仕上がりで、またこの界隈に来たら寄りたいなと思わせるお店でした。
他のお店には感じない、新鮮さを感じましたですねぇ。
実に面白いお店でした。

フラれたチャーハンですが、もしかすると、もしかしますね。
とんでもなく面白くて、「こりゃいい!」っていうチャーハンが出て来るのでは?という期待が持てます。
何と言っても、お値段が530円ですから。
チャーシュー丼が安すぎるので、その勢いでチャーハンも期待しちゃう自分が居ます。

チャーハンが17時からという事を、誰も書いていないんですね(私の拝見した限りでは)。
もしかするとですね、ちょっと前までは時間限定では無かったのかも知れません。
でなければ、「時間限定」という情報を誰も書かないというのはおかしいんですよ。
昼はお客さんが多いので、人通りが寂しくなった夜の部に人気のチャーハンを持って来ようと、それで変更になったのかも知れませんね。

どうしてもチャーハンが食べたいので、何とかしないといけないという使命感が芽生えた昼食でございました。

ご馳走様でしたm(__)m

【らーめん山びこ】
住所 茨城県取手市小浮気179-1
電話 0297-82-3593
時間 11時~15時・17時~21時(土日祝は通し営業)
定休日 火曜日・第二月曜日
駐車場 有り

≫らーめん山びこのデータはこちら

Pocket