Tag Archives: 横手やきそば

シラタキで横手風やきそば

4
Filed under ダイエット, 焼そば
Pocket

私、そんなにいい写真撮りませんよ、shoooojiさん(^^;
最初は「さすが一眼、どう撮ってもいいなぁ」と思ったんですが、段々とカメラに自分の腕が追い付いてない事に気付きまして、半年前から悩んでいます(>_<)

諸先輩方より「食べなきゃイカン!」とご指導頂き、本日はまたもやシラタキ。
薄味のコンニャクは涙が出て来るので、焼そばにしてみました。
昨夜嫁が「明日は帰りが遅いから焼そばね」と言った時に「あ、シラタキ焼そばならイケるかも」と思い、シラタキで横手風焼そばを作ろうと決めていたんだが、しかし「焼そばね」と言うのはいいけど、作るのは私だろうが(爆)

まず嫁の焼そばを作成。

嫁用焼そば

嫁用焼そば

嫁は玉子星人なんだが、目玉焼きの半熟が嫌いという面倒なヤツ。
なので横手風やきそばを作る時は黄身を潰さなければなりません。
あと、紅生姜抜き。
ヴィジュアル的に最悪(^◇^;)

焼そばを食べながらテレビを見て大笑いしている嫁を「ニャロメ」と思いつつ、次に自分の『シラタキ横手風やきそば』を作成。

横手風やきそばシラタキバージョン

横手風やきそばシラタキバージョン

シューテンさんのコメントからヒントを得て、焼そばの麺を少々混ぜました。
うん、こーなら美味しく食べられる!(「、」が無いとヤバイな)

シラタキ焼そばを美味しく頂き、鯛わたの塩辛でホッピーをグビグビ。
これでヤセれば何のストレスも無し(ヤセればね)。

シューテンさんは昨年からダイエットを始め、あと少しで目標のマイナス10キロになります。
「炭水化物を減らして、肉を魚にするだけでヤセますよ」とのこと。
シューテンさんは私よりもちょっと年上だから、「歳をとるとヤセにくい」という言い方は出来ますが、「だからヤセられない」という言い訳は誰も出来ません。
私も頑張らないと(`・ω・´)

娘が帰宅して焼そばを作って食べさせ、本日の夕食完了。
お腹一杯だ(o^_^o)

Read More »

Pocket

椅子に座る暇がない

5
Filed under 我が家の食卓・レシピ
Pocket

「お父上!天ぷらが美味しゅうございます!」
「うむ」

という会話が有ったかどうか本人も知りませんが、父がようやくこういうものを作ろうという気持ちになったそうで、嬉しくてバクバク食べてしまいました。
少しずつ良くなっているのかな。

父が作った天ぷら

父が作った天ぷら

田舎っぽい天ぷらです。
サクサクというよりシットリした感じ。
母の田舎(信州)では魚肉ソーセージ使用の頻度が高く、天ぷらでも煮物でも炒め物でも、とにかく何にでも魚肉ソーセージが入っておりました(笑)
農家だったせいか、いつも大量の天ぷらが食器棚兼食べ物置き場に有ったんですねぇ。

この食器棚兼食べ物置き場というのがメチャメチャデカく、横幅2メートルくらいは有ったように思います。
その棚が2段になっていて、上の段にいつも食べ物が入っているんですね。
村には買い物が出来るお店というものが無い為(何せ山の頂上付近ですから)、おやつは天ぷらで、食事も天ぷら(笑)

たまに実家のお兄さんがおやつに「棒ラーメン」を作っていて、それがまた美味しそうでね。
でも絶対に他の人には作ってくれない。
いつも自分だけ食べてる。
ちょっとくれるかなと思って話し掛けても、1本もくれない。
偏差値2の私でも、こういう事はよく覚えています(爆)

ホッピーをしこたま飲んだら急に焼そばが食べたくなり…

またもや横手風やきそば

またもや横手風やきそば

ここんトコ、毎日焼そば食べています( ´ー`)フゥー
本日は、最近お気に入りのソースで味付け。
ブルドックソースで出している『おうちで本格お好み屋さん』というものです。
リンゴとパインの甘味が出ていて、後口がスッキリ(o^_^o)

この後、腹ぺこの娘が帰って来たのでハンバーグを作成。

ハンバーグ - ホタテ付

ハンバーグ - ホタテ付

特製ガーリックソースで味濃いめ。

っていうか、私はお母さんか?(笑)

Pocket

富士宮やきそばvs横手やきそば

5
Filed under 焼そば
Pocket

モツ村さんより「土日にマルエツで富士宮やきそばと横手やきそばを販売するそうですよ!」とメールを頂きまして、早速土曜日に行って来ました。

富士宮やきそば・横手やきそば - マルエツ

富士宮やきそば・横手やきそば - マルエツ

まずは富士宮やきそばから。

富士宮やきそば - シマダヤ株式会社

富士宮やきそば - シマダヤ株式会社

単純に麺とソースを比較したいので、具材は同じにしました。
液体ソース・肉天かす(乾燥もの)・だし粉が付属されています。

次は横手やきそば。

横手やきそば - 日清食品チルド株式会社

横手やきそば - 日清食品チルド株式会社

液体ソース・福神漬・青のりが付属。
横手やきそばは目玉焼きがトッピングされているので、焼いてのせました。

公平を期する為、横手やきそばの目玉焼きは卵星人の嫁に食べさせました。
ソースはどちらも美味しい。
となれば、後は麺の違いです。
おそらくどちらの商品も「販売者」と記載されている企業が作っていると思われ、そうなると富士宮やきそばはシマダヤ、横手やきそばは日清食品が製造しているという事になります。

シマダヤが製造した富士宮やきそばの麺は、角切りの平打ち麺。
よく炒めないと麺にソースが馴染まないという印象で、これは平打ち麺が関係していると思われますが、マルモ食品のようなモチっと感が薄れ、プチプチと千切れます(写真で何となく解りますよね)。
それに対して日清食品が製造した横手やきそばの麺は、しっとり系の太麺で、ソースの絡みが良く、モチモチ感が抜群でした(本場横手やきそばもしっとり系で、これは蒸し麺ではなく茹で麺だからだと思います)。

個人的好みでは、横手やきそば圧勝。

今月松戸伊勢丹地下に出店した『叶屋』は、『富士宮やきそば学会』により「実演販売のみで生麺の販売はダメ」と決められていて悲しかったわけですが、今回は「なんとなく」ですけれど食べ比べが出来て良かったです。

何故「なんとなく」かというと、横手やきそばは「麺をどこで発注しても良し、自家製麺OK」となっていますが、富士宮やきそばは『富士宮やきそば学会』が「富士宮の製麺会社(マルモ食品、曽我めん、叶屋)と仕入れ契約をかわす」と謳っていて、規定が厳しい。
それを今回はシマダヤが作っている為、「なんとなく」という表現をしました。

【富士宮やきそばの名称を使用して商売する為の手続き】
1. 富士宮の製麺会社(マルモ食品、曽我めん、叶屋)と仕入れ契約をかわす。
2. 店名(会社名)住所等を富士宮やきそば学会に登録する。
登録することにより富士宮やきそばの織旗を購入することができます。
3. 降旗1枚4500円 (ポール別)
4. 富士宮やきそばの焼き方、富士宮の文化、歴史、観光などを勉強する「富士宮アカデミー」に参加し、受講する(毎年11月開催)
※「富士宮やきそば学会」はまちおこし団体です。富士宮のことを知っていただき富士宮のPR活動もしていただきます。
5. 登録商標使用料(ロイヤリティー)の契約を締結する。
(富士宮やきそば学会ホームページより)

となればこの商品、「富士宮やきそば」と表記されているので、シマダヤは研修費を支払って「富士宮アカデミー」に参加したんでしょうか(^^;
しかしそうなると、「マルモ食品、曽我めん、叶屋と仕入れ契約をかわす」という部分はどうなったんでしょう。
横手やきそばは規定が優しいのに、今回の商品は「横手やきそば」と表記している。
逆に規定の厳しい富士宮やきそばは言い切っています。
どうやって承認されたんでしょ(;^_^A

ま、小難しい話は抜きにして、今回の食べ比べは楽しめました。
モツ村さん、有難うございました(^^)

≫富士宮やきそば-シマダヤのデータ
≫横手風焼そば-日清食品チルド株式会社のデータ

Pocket

横手風やきそばとロゼ

0
Filed under ホッピー, 我が家の食卓・レシピ, 焼そば
Pocket

仕事が終わった頃、シ○○○ラから電話。
「今度会った時は覚えていなさいねー!ヽ(`Д´)ノプンプン」
いや、やましい事は何も有りません(^^;

昨夜は冷蔵庫に焼そばが有ったので、またもや横手風やきそば。
とりがみの兄貴さんに「ロゼは何にでも合うよ」と教えて頂いたので、この日はロゼにしてみました。

横手やきそばとロゼ

横手やきそばとロゼ

あ、ロゼは飲みやすいです。
今回は安い甘めのものをチョイスしましたが、非常にスッキリしています。
ワインが苦手な私でも、半分くらいは飲めますねぇ。
これは良い事を教わりました。
ワインしか選択出来ない場所に行った時は、ロゼにしよっと♪

本物の横手やきそばを体験するまでに気分を盛り上げておこうと、お弁当にまで持って行っている私は、一度病院に行った方が良いでしょうか(爆)

横手やきそば弁当

横手やきそば弁当

傷むとヤバイので、リャンメン焼いた目玉焼きがヴィジュアル的に問題アリですみません(笑)

10/20までマルエツで安売りしていたホッピーを3ケースゲットしました。
予約していたんです(;^_^A

マルエツの88円ホッピー

マルエツの88円ホッピー

車に積み込んだところを携帯で激写。
夕方で暗かったからこんなモンかな。

これで暫くは安心だ(何が?)。

しかし、「ホッピー」というカテゴリが有るブログはここくらいかな(爆)

Pocket

横手やきそばの雰囲気を味わう

6
Filed under 我が家の食卓・レシピ, 焼そば
Pocket

ちょっと前に『枝むら』で10品以上食べた人が居るらしい(>_<)
とてもとても恐ろしくて、私の懐具合ではご一緒出来ません(^^;

先日のコメントにも書きました通り、最近は『横手やきそば』に注目しています。
今年のB-1グランプリにて見事ゴールドグランプリを獲得しました。
いえ、「だから」という事では有りません。
単純に焼そば好きだからです(^^)

お取り寄せをする前に、何とか横手やきそばの雰囲気だけでも味わいたくて、市販の焼そばで作ってみました。
作り方はこちらのページに詳しく載っています。
昔は「挽肉焼そば」にハマっていた時期が有りまして、そこに目玉焼きをトッピングしたら横手のやきそばになったんですねぇ。
もう一歩だったのか(笑)

まずキャベツと挽肉を塩コショウで炒め、別皿にします。
そして麺を炒めるわけですが、市販の焼そば麺は固まっていて、そのまま炒めると千切れてしまいますよね。
そこを改善する方法は皆さんもご存じだと思いますが、知らない人の為に簡単な方法を書いておきます。
「チンするだけ」
麺を袋から出して皿に盛り、レンジでチンします。
すると、こうなります。

硬い焼そば麺をほぐす方法

硬い焼そば麺をほぐす方法

チンしただけで何も触っていません。
よく「水を入れろ」と書かれていますが、この状態で作ると余計な水分でベチャベチャにならずに済みます。

フライパンに少量の油とチンした麺、そして横手はお酒かビールを入れるそうなので、今回はお酒を少量振りました。
チンしてありますからすぐに火が通ります。
そこに先程のキャベツ・挽肉を入れて、ソースを少しずつ入れて味見をします。
今回は横手のソースが無いので、3種類のソースをブレンドしました。

横手やきそば完成前

横手やきそば完成前

麺が千切れていないのが写真で解りますでしょうか(これ、3玉105円の麺です)。
う~ん、これだけで美味しそうです。
横手やきそばは福神漬けを使うそうですが、無いので紅生姜で代用しました。
ここに半熟の目玉焼きをトッピングすれば完成。

雰囲気だけ横手やきそばの完成

雰囲気だけ横手やきそばの完成

玉子、2個で良かったかな?(^^;
とりあえず半熟の目玉焼きをトッピングしましたので、完成と致します。

どうせ3玉食べちゃうんだから皿ごと食べればいいのに、わざわざ別皿に分けた失敗例はこちら。

別皿に取り分けた失敗例(ノд`)

別皿に取り分けた失敗例(ノд`)

せっかくの半熟が割れました(涙)
まぁ、どっちみち割って食べるんだから一緒か(^^;

結果は、美味しい(o^_^o)
半熟の黄身がイイ味出しています。
これ、本当の横手やきそばは麺が美味しいんでしょうね。
太麺らしいのでモチモチしているんだと思います。

富士宮やきそばと違って、横手のやきそばは「ここの麺じゃなきゃダメ、ここのソースじゃなきゃダメ」等の規定は無いようですから、これはこれで横手やきそばと言ってもあながち間違っていないのかも知れません。
やっぱり焼そばに挽肉は合うわ~♪

もう取り寄せる気満々(*^-^)b

≫やきそばの街横手ホームページ

Read More »

Pocket